お歳暮が配送で贈られてきた時、差出人の方にどのようにお礼を伝えたらいいのか悩む方は多いようです。

電話で済ませてもいいのでしょうか?
やはりお歳暮を頂いた場合には、お礼状は必要なのでしょうか?

また、お礼状はいつ出し、どのような文面にしたら良いのでしょう。

そこで、お歳暮にお礼状は必要なのか、いつ出すのか、書き方のポイントや例文について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お歳暮が配送で贈られてきた時にお礼状は必要?

本来であれば、お歳暮は購入したものを持参して先方にお伺いし、直接手渡しするものなので、お歳暮を贈られる側は頂いたその時に、相手の方に感謝の言葉を添えれば良かったのです。

 

ですが最近では、インターネットで購入し配送をお願いしたり、店舗で購入しても直接手渡しすることはせず、ここでも配送が主流になっています。

なので、この配送でお歳暮が届いた場合、どのように差出人にお礼を伝えたらいいのか悩んでしまいますよね。

 

差出人が親しい関係の場合には、電話のほうがすぐに連絡できて簡単だからと、「電話だけで済ませる」ことも多くなっているようです。

でもどうでしょう、電話の場合は相手の方の様子はわかりませんよね。
相手の方が忙しい時間帯だった場合は迷惑をかけてしまいます。

それとは別に、お礼の電話を受けた場合、差出人はなんと返事をしたらいいのか戸惑う人も少なくありませんよ。

やはり、電話ではなくお礼状が良いでしょう。

 

お礼状を出す事で相手の方に「感謝」の気持ちを伝えることが大切なのです。

 

お礼には感謝の気持ちとともに、お歳暮が「無事に届きました」と、相手の方に報告し安心してもらう意味も含まれているので、お歳暮のお礼は、気持ちが伝わりやすく相手に負担がかからずに済む、正式なやり方の手紙やハガキでのお礼状を書くことをおすすめします。

お歳暮のお礼状はいつ出すの?

感謝の気持ちを伝えるお礼状を出すタイミングはいつが正解なのか紹介します。

お歳暮のお礼状に限らず、お礼状は「すぐに出す」ことがマナーです。

 

お歳暮を贈った側の立場としては、贈られた側から何の返事も連絡もないと、「ちゃんと届いたかしら?」「なにかあったのかな?」「お口にあったかしら?」などと色々と気になるものです。

お歳暮を贈って頂いた方にこのような心配をさせたくないですよね。
感謝の気持ちは、早く知らせましょう。

 

そこで、お歳暮が配送で贈られてきた場合は、2~3日中にはお礼状を書き投函しましょう。

 

またお礼状ですが、最近は何かとパソコンで済ませてしまいがちです。
しかし、手書きで書かれているお礼状のほうが、さらに気持ちのこもったお礼状と感じてもらえますよ。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お歳暮にお返しは必要?お返しの相場やいつまでに贈るのがマナー?

お歳暮のお礼状の書き方のポイントと例文

それでは、お礼状の書き方のポイントと例文を紹介します。

「お礼状なんて書いたことないし難しそうだわ。」なんて、堅苦しく考える必要はありません。
自分の言葉で素直な気持ちを書けばいいのです。

手紙ではハードルが高いと感じたら、ハガキで充分です。
というより、お歳暮のお礼状はハガキでという方の方が圧倒的に多いようです。
実は、私もその一人です。

お歳暮のお礼状の書き方のポイント

お礼の気持ちを述べる。
・自分だけでなく、家族も喜んでいる様子を伝える。
今後のおつきあいをお願いする言葉を入れる。
・一年で最も寒い時期を迎えるにあたり、相手の健康を気づかう言葉を入れる。

 

便箋またはハガキを用意しましょう。
雪景色や椿の花、手袋とマフラーの絵柄など、季節感あふれるイラストが入った便箋やハガキを使うのが良いでしょう。

 

正式なお礼状は、 便箋に縦書きをするのが基本です。
しかし、横書きでもハガキでも問題はありません。

 

一番大切なのは、相手に感謝の気持ちを伝えることなのです。

お歳暮のお礼状の例文

例文を紹介しますので、これを参考にあなたらしい文面を自由にアレンジしてみましょう。
親しい関係ならもっとくだけた言葉づかいでもいいですよね。

例文1

拝啓

師走に入りあわただしい日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?

さて、このたびは大変結構なお品を頂き本当にありがとうございました。
家族全員、大喜びしております。

皆様にもくれぐれも宜しくお伝えください。

まだしばらくは厳しい寒さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

とり急ぎお礼を申し上げたくお便りをいたしました。
ありがとうございました。

敬具

例文2

拝啓

毎日寒い日が続いておりますが、皆様にはいかがお過ごしでいらっしゃいますか。

この度は、大好物のものを送っていただき、大変ありがとうございました。

早速家族でいただきました。
子供達もとても喜んでおりました。

何かとあわただしい季節ですが、くれぐれもお体にお気をつけください。

敬具

まとめ

お歳暮を頂いた時にはまずお礼状を書きましょう。
お礼状はできるだけ早く、2~3日中には出すようにしましょう。

お礼状の文面は難しく考えずに、自分の言葉で素直な気持ちを伝えられればそれでOKです。

お歳暮を贈ってくれた相手の心遣いに感謝し、あなたの気持ちをお礼状を出し伝えることで、これからも良好な関係を続けられることでしょう。