毎年12月はお歳暮の時期ですが、このお歳暮で頭を悩ませる人も多いようです。

お歳暮を贈っていない方からお歳暮が届いた場合、どのように対応したら良いのでしょう。
お歳暮にお返しは必要なのでしょうか?

お返しする際の金額はいくらくらいで、いつまでに贈るものなのでしょう。

そこで、お歳暮を受け取った際のお返しは必要なのか、お返しの相場や贈る時期について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お歳暮を贈っていない方からのお歳暮にお返しは必要?

お歳暮は、日頃からお世話になっている方へ感謝の気持ちを品物に託し贈るものです。

お祝いではないので、お歳暮を受け取ったあなたは、そのお歳暮に対してお返しをする必要はありません。

一般的には、お礼状を書いて済ませればOKです。

 

ただ現在は、「お世話になっている。」の意味合いがとても広がって多様化しているようです。
以前「お世話になっている。」のは、目上の方というのが大半でした。

今では、「贈る側」と「贈られる側」が友人や同僚からというように同等の場合も少なくありませんよね。
また昔では信じられない、上司などの目上の方からお歳暮をいただく場合などもあるようで、一概に「お歳暮のお返しは必要ない。」とは言い切れない現状もあるようです。

 

あなたはお世話したつもりはなくても、友人や同僚、または目上の方からお歳暮を贈って頂いた場合には、どうしてもお返しをしたくなるのも事実ですね。

このような場合は、あまり悩まずにお歳暮のお返しを贈った方が良いかもしれません。

そして、お歳暮のお返しを贈る贈らないどちらにしても、お歳暮を頂いた時点で必ず「お礼状」は早めに出すようにすることが重要です。

こちらの記事も参考にしてください。
お歳暮にお礼状は必要?いつ出す?書き方のポイントと例文

お歳暮のお返しの相場はどれくらい?

友人や同僚、または目上の方からお歳暮を贈って頂いた場合に、悩まずにお歳暮のお返しを贈ろうと決めたのはいいけれど、お歳暮のお返しの相場はどれくらいなのか悩んでしまいますよね。

そこで、お歳暮のお返しの相場はどれくらいなのか紹介しますね。

 

一般的にお歳暮のお返しの相場は、頂いた品物の半額程度から同等額程度、できれば8割程度に抑えるのが良いとされています。

 

お歳暮は、日頃からお世話になっている方への感謝を込めたお礼として贈られるものなので、本来はお返しの必要はありません。
だから、頂いた品物よりもやや安価な品物を贈ることが相手の方への配慮、マナーになるのです。

 

お歳暮のお返しの相場を間違えてしまうと大変です。
大変というのはどういうことかと言うと、とても失礼なことになるのです。

頂いたお歳暮よりも明らかに高価な品物をお返しするということは、「次からはお歳暮を送らないでください。」という意味になってしまうので十分に注意しましょう。

 

またお歳暮として贈ってはいけない品物や避けたい品物があるので、ここで紹介します。
お返しを贈る際はしっかりチェックしてから購入してください。

お歳暮としてNGな品物

踏みつけるイメージ


靴下
スリッパ など

縁を切るイメージ

はさみ
刃物 など

勤勉さを強いるイメージ

筆記用具 など

お歳暮のお返しはいつまでに贈るのがマナー?

お歳暮のお返しは、「いつまでに贈らなければいけない。」というルールはありません
でもルールがないとまたまた悩んでしまいますよね。

一番悩まなくていいのは、あなたがお歳暮を受け取った時期によって、お歳暮のお返しをする時期決めることです。

お歳暮が一般的なお歳暮の時期(12月上旬~12月20日頃)に届いた場合

一般的なお歳暮の時期にに届いた場合
・「お歳暮」としてお返しの品物は年内に贈りましょう。

お歳暮の時期を過ぎて年末に届いた場合

お歳暮の時期を過ぎて年末に届いた場合はどうしても時間的に年内にお返しすることはできません。
そんな場合
・「お年賀」という形で、年明けから1月7日の松の内までにお返しの品物を贈りましょう。
・「寒中見舞い」という形で、1月8日から2月4日立春までにお返しの品物を贈りましょう。

相手の方が喪中の場合

相手の方が喪中の場合
基本的にお歳暮は祝い事ではないので、相手の方が喪中であっても影響を受けません。

ただし、お歳暮はお返しは忌中(四十九日まで)は避けましょう。
忌明けが松の内であれば、「寒中見舞い」という形で1月8日から2月4日立春までにお返しの品物を贈りましょう。

まとめ

相手の方は、日頃からお世話になっている感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈ってくれているので、その気持ちはありがたく受け取りしましょう。

一般的には、お歳暮のお返しは必要ありません。
しかし最近は、「お世話になっている。」の意味合いがとても広がって多様化しているので、一概に「お歳暮にお返しの必要ない。」とは言い切れない現状でもあります。

お返しを贈る際は、相場や贈る時期をしっかり把握しましょう。

お歳暮のマナーってとても難しいですが、深く考えすぎずお互いに負担にならない心のこもったお歳暮にしましょう。