歳神様迎えるために「正月飾り」は欠かせないものです。
きれいに飾られたお正月飾りを見ると清々しい気持ちになってきますよね。

この正月飾りを飾る日や飾る場所、片付ける時期や処分方法に決まりはあるのでしょうか?

また、今年使ったお正月飾りを来年また使ってもいいのでしょうか?

そこで、正月飾り飾る日や飾る場所、片付ける時期や処分方法、処分せずに来年また使ってもいいものなのかを紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

正月飾りを飾る日と飾る場所に決まりはあるの?

正月飾りを飾る日

正月飾りを飾る日は、「年末でないとダメでしょ。」「年末に飾るものでしょ。」と思っている人が多いようです。

実は、もっと早くの12月13日から飾ってOKなのです。

江戸時代の昔から、師走の12月13日は「事始め」と呼ばれています。
テレビでも12月13日には、神社やお寺のすす払いの様子が映像で流れます。
皆さん目にしたことがあるのではないでしょうか。

この「事始め」にすす払いをしお正月の準備に取りかかるのです。

 

しかし一般的にほとんどのご家庭で、クリスマスが終わってから正月飾りを飾る方がほとんどです。
クリスマスイベントが終わる前に正月飾りを飾る気持ちにはならないですよね。
家の中が和洋折衷になるのも何だか落ち着きません。

このようなことをひっくるめて、正月飾りを飾る日はクリスマスイベントが終わり、大掃除を済ませた後の、12月26日~30日頃までに飾るのが良いでしょう。

 

ただし29日は、「二重苦」という語呂合わせがあるように、9が「苦」に通じ縁起が悪いとされているのでこの日に飾るのは避けましょう。

また、大晦日31日に飾ることは「一夜飾り」といわれ、新年においでいただく歳神様に対して礼に欠ける行為とされているので、この日も避けてくださいね。

正月飾りを飾る場所

初めて正月飾りを飾る場合、どの場所に飾ったら良いのか悩んじゃいますよね。

それでは、一つ一つ紹介していきますね。

しめ飾り・しめ縄(注連飾り)、輪飾り(リース)など

しめ飾り・しめ縄(注連飾り)、輪飾り(リース)などは玄関ドアの上部に飾ります。

ここから先は神様のために清めてあるので、「不浄なものは入らないように」という意味が込められています。

玄関ドアの正面に吊るすのが習わしなので必ず玄関には飾っておきましょう。

 

※神様のいらっしゃる神棚、台所、トイレなどに略式の輪飾りなどを飾るのもOKです。

鏡餅

鏡餅は神様への最高のお供え物とされているので、家で一番格式の高い床の間に飾ります。

しかし最近では、床の間がない場合も少なくありません。
床の間がない場合は、家族が集まる居間などに飾るのが良いでしょう。

 

※神様のいらっしゃる神棚、台所、トイレなどに鏡餅を飾るのもOKです。

破魔矢

破魔矢は、神棚のようにできるだけ高い所が良いのですが、床の間と同様に現在の住宅事情は神棚がないご家庭が多いでしょう。

神棚がない場合は目線より上になるよう、できるだけ高い位置に飾るようにしましょう。

正月飾りを片付ける時期と処分方法

正月飾りを飾ったのはいいけれど、いつまで飾っておいたらいいか気になりますよね。
また、縁起物の正月飾りをどのように処分したらものか不安にもなるでしょう。

それでは、正月飾りを片付ける時期と処分方法を紹介していきます。

正月飾りを片付ける時期

1月1日の元旦から1月7日までは「松の内」と呼ばれ、歳神様がいる期間とされています。
歳神様がいらっしゃるこの大切な一週間(1月1日~7日)は正月飾りを片付けてはいけません。

しめ飾り・しめ縄(注連飾り)、輪飾り(リース)などの正月飾りは早くても6日の夜、7日に片付けるようにしましょう。

ただし鏡餅だけは、1月11日の「鏡開き」の日までそのまま飾っておいて、当日にお汁粉などにして美味しく頂きましょう。

正月飾りの処分方法

それでは1月7日に正月飾りを外したら、どのように片付け処分したらいいのでしょう。

正月飾りは「歳神様」が各家に新年の幸せをもたらすためにやってくる時の目印なので、神様が宿った正月飾りは軽視できません。
もういらないからといって、「ポイッ。」っとゴミに捨てるわけにはいきませんよね。

正月飾りの処分方法は一つではありません。
ここでは主な3つの方法を紹介します。

とんど焼き

昔からの風習で日本のお正月の伝統行事である「とんど焼き(どんど焼き)」に出してお焚き上げしていただくのが基本のルールです。

 

◇どんど焼きとは
各地方で毎年1月15日の小正月(こしょうがつ)に行われる火祭り行事でです。
各家からお正月に飾った松飾りやしめ縄などを集めて、一箇所に積み上げて燃やします。
このどんど焼きの火にあたると、1年間健康でいられるとも言われ、無病息災、五穀豊穣を祈る伝承行事です。

東京では台東区の鳥越神社で毎年1月8日に「とんど焼き」が行われています。

神社に持っていく

どんど焼きをやっていない地域では、近所の神社などにお賽銭を納めお焚き上げしてもらう方法があります。

全ての神社でお炊き上げをしていただけるとは限らないので、電話などで確認してみましょう。

ゴミに捨てる

神社でお炊き上げしてもらうのが難しい場合は、お清めをしてからゴミとして捨てましょう。

1.塩で清める

大きな紙(新聞紙)を広げ、その上に正月飾りを並べましょう。
並べた上から左、中、右に塩をふって清めます。
清め終ったら大きな紙(新聞紙)でお正月飾りを包みましょう。

 

2.ゴミ袋に入れる

お清めを終えた正月飾りは、通常の生ゴミや紙類などの生活ゴミと混ざらないように新しい別のゴミ袋に入れます。

 

3.もう一度塩で清める

ゴミ袋に入れたら、最後にもう一度塩をふってお清めしましょう。

 

このとき、歳神様への感謝の気持ちを伝えましょう。

今年飾った正月飾りをまた来年使っていいの?

「今年の正月飾りは高いのを買ったし、1度使って捨てるのはもったいない。」
「頑張って手作りした輪飾り(リース)、愛着がわいちゃって捨てがたい。」

このような気持ちや思いがあると、「来年もこの正月飾りを使っちゃダメなの?」と考える人も少なくないようです。

 

時節のインテリアと考えて値のはるものを購入し飾った場合には、特にこだわらなくてもいいのかもしれません。
しかし縁起物として、歳神様を迎えるという日本の風習本来の使い方をした場合は、来年また使用することはおすすめできません。

しめ飾り・しめ縄(注連飾り)、輪飾り(リース)など、豊作を表す稲ワラで作ったものは色が変わったり、稲ワラが傷んで虫が湧いたりする可能性もあります。

 

歳神様は一年ごとに新しい神様をお迎えする儀式なので、お古を使い回すのはどうでしょうか?
神様のために毎年新調(買い替える)することをおすすめします。

 

こちらの記事も参考にしてください。
正月飾りと正月花の種類と意味 喪中や忌中の時はどうする?

まとめ

正月飾りを飾ることで、「もうすぐ新しい年を迎えるんだな!」という清々しい気持ちになり、今年から来年へと切り替わる良いキッカケになります。

大掃除でキレイになった家に正月飾りを飾ることが出来れば、良い年を迎える準備は万全です。
そして、三が日や松の内の期間が終わり、正月飾りを処分し終えて新しい残りの年がようやくスタートするのです。

こちらの記事も参考にしてください。
どんど焼の意味や由来 何を焼くの?団子の作り方や食べ方

新しい年を気持ちよくスタートさせるためにも、正月飾りの処分は先延ばしにせずに決められた時期にスムーズに処分しましょう。