大掃除が終わると玄関先や玄関ドア、家の中などに正月飾りや正月花を飾ります。

この正月飾りや正月花を飾るだけで、家じゅうが一気に新年を迎えるムードに変わり、なんだか気分も引き締まりますよね。

でもこの正月飾りや正月花にはどんな種類があってどんな意味を持ってるのかわかっていないと言う方が多いようです。

また、喪中や忌中の時はどうしたらいいのかわからないと悩む方も少なくないようです。

そこで、正月飾りや正月花の種類や意味、喪中や忌中の時はどのようにしたら良いのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

正月飾りの種類とそれぞれの意味

日本ではお正月を迎えるにあたって、我が家に様々な縁起のいいものを飾り歳神様を迎える風習があります。
この縁起のいい飾りものが「正月飾り」です。

正月飾りの種類

歳神様を迎えるための主な正月飾りの種類は次の通りです。

・家の門や玄関前に飾る門松(松飾り)

・玄関のドアなどに飾るしめ飾り

・神様にお供えする鏡餅

門松の飾る意味

門松は家の門や玄関前に飾る正月飾りです。

門松を飾ることで、「神様を迎い入れる準備が整っています。」と歳神様に教えていたといわれています。
このことからわかるように、歳神様は門松を目印にやってくるのですね。

 

では、どうして門松に「松」を使うのか知りたいですよね。
お正月というお祝い事なのに、華やかとは言い難い緑色の松をどうして飾るのでしょう。

松を使うのには次のような意味があったのです。

 

「松」は常磐木(ときわぎ)といわれています。
常盤木(ときわぎ)には、神様が宿るとされ崇められてきました。

また松には「祀る」という意味があり、そして神様を「待つ」という語呂合わせもあって、門松に松を飾るようになったのです。

しめ飾りの飾る意味

しめ飾りは、神社やご神木などにしめ縄をするのと同じように、歳神様を迎え入れる我が家が神聖で清らかな場所であることを示すために飾るようになったといわれています。

玄関のドアにしめ飾りを飾ることで、災いが外から入る事を防ぐともいわれています。

 

また、このしめ飾りには神話が関係しているようです。

◇しめ飾りの元になったとされる神話とは

悪さばかりする弟に怒った天照大神が、岩屋へ閉じこもってしまった事が発端とされる神話です。

天照大神は太陽の神様であるために、隠れてしまうと世の中が真っ暗になってしまい数多くの神様が困り果てたそうです。
そこで天照大神を外に出すために、多くの神様たちが岩屋の前で宴会を行い、天照大神の気を引く作戦を企てます。
見事その作戦に天照大神は引っ掛ります。
外の様子が気になった天照大神が、岩屋の戸から身を乗り出したところを引っ張りだされ、もう二度と閉じこもれないようにと岩戸にしめ縄を巻いて開けられないようにしたというのがしめ縄の由来です。

 

◇しめ飾りとは

しめ縄(新しい藁)に裏白(うらじろ)、ゆずり葉、橙(だいだい)などの縁起物を飾りつけたものです。
縁起物にも次のような意味が込められています。

・新しい藁(古い年の不浄を払う

・裏白(長寿

・ゆずり葉(子孫の繁栄

・橙(家系の繁栄

改めてこのような意味を知ると、しめ飾りはお正月には外す事のできないアイテムになりますね。

鏡餅を飾る意味

昔から神事には、神様が宿ると言われている「鏡」を欠かす事の出来ない道具として大切に使われてきました。

この「鏡」が鏡餅の由来です。

 

太古の時代の鏡は青銅で出来ていて、鏡餅のように厚く丸い形をしていました。

「鏡」と「鏡餅」は形が似ている事から、お正月にやってきた歳神様の居場所として、鏡の代わりに鏡餅を用いるようになりました。
鏡餅の2段は太陽と月を表し、また円満に年を重ねるという意味があります。

このように鏡餅は歳神様へのお供え物として飾るものなのです。

正月花の種類とそれぞれの意味

お正月には正月飾りと一緒に縁起のいい正月花も生けて家の中を雅な印象するご家庭が多いですね。

お正月にふさわしい縁起のいい花とはどんな種類の花なのでしょう。

縁起のいい代表的なお花とそれぞれに込められている意味を紹介します。

主な正月花の種類

松、竹、梅

南天、千両

葉牡丹

椿

水仙

薔薇

松、竹、梅を飾る意味

松、竹、梅はお正月の基本の花です。

◇松

松は一年中葉が落ちないことから、永遠繁栄を意味します。

松が手に入らない場合は代わりに、蘭や菊などを飾ることも多いようです。

ただしここで注意がひつようです。
菊を使う場合には、仏様のお供えに使うような「輪菊」や「小菊」は避けましょう

 

◇竹

竹は花ではないのですが、まっすぐに伸びることや生命力が強いことから繁栄を意味しています。

 

◇梅

2月ごろから花を咲かせるため、春を告げる花といわれています。

しかしお正月の時期に梅の切り花は希少で手に入りにくいので、南天や千両を飾ることが多いです。

南天、千両を飾る意味

南天も千両も寒い時期に赤い実がなり、彩りを華やかにする植物です。

◇南天

南天は「難を転ずる」という意味があります。

 

◇千両

千両もおめでたい名前で「景気がよくなる」という意味があります。

葉牡丹を飾る意味

葉牡丹には紅白の2種類があり縁起が良いとされています。

椿、水仙を飾る意味

真冬に美しい花を咲かせることから、「最初の芽吹き」という意味もあり、正月花に適しています。

薔薇を飾る意味

見た目の美しさもさることながら、「長春花」とも呼ばれ花が咲いている時期が長いのでおめでたい花とされています。
なんと、「長生き」という意味もあるようです。

 

このように冬の寒い時期でも、縁起がいいお花はたくさんあります。
松竹梅をベースに見た目やその花の持つ意味を考えながら、あなたのお好みの花で華やかに飾ってみましょう。

正月飾りや正月花は喪中や忌中の時にはどうしたらいいの?

正月飾りや正月花は歳神様を迎え入れ、旧年を無事に過ごせたことに感謝し、新年をお祝いするためのものです。

 

旧年中に不幸があってお正月が喪中や忌中期間の場合は、門松やしめ飾り、鏡餅など正月飾り正月花飾ることは控えましょう
おせち料理も用意しないのが一般的です。

 

しかし、神様への供物である鏡餅は飾るという地域はあるようです。
ただ、忌中と呼ばれる死後49日間中であるなら、鏡餅も飾るのはやめておいた方が良いでしょう。

といっても、
故人が毎年の正月飾りや正月花を楽しみにしていた。
湿っぽいのが嫌いだった。
こんな場合は、ご仏壇に正月花や好きだったお花をお供えして、お正月の雰囲気を作ってあげてもいいのではないでしょうか。

まとめ

日本の伝統的な風習の正月飾りってとても奥が深いですね。
意味を理解した上で正月飾りを飾る今年は、いつもと違う新年を迎えらるのではないでしょうか。

ぜひ、子供たちにもこの日本ならではの伝統的な風習を伝えていきたいですね。