「年末の大掃除、今年はいつから始めようかな?」年末が近づく時期になると誰もが毎年思うことです。

今年こそは、普段の掃除では出来ない場所をしっかりキレイにしたいと意気込んではみるものの、年賀状書きやクリスマス準備でそうこうしているとアッという間に年越しの準備が待っている。
どうしたらいいの?と頭を抱える主婦は少なくありません。

効率よく大掃除を進めるコツは計画表と掃除の順番です。

そこで、年末の大掃除はいつから始めたらいいのか、効率よく進めるための計画表と掃除の順番を紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

年末の大掃除はいつから始めたらいい?

玄関、キッチン、浴室、トイレ、各部屋やベランダ、あっ、カーテンもとスッキリとキレイにしたい所は数えたらきりがありませんね。

そんな一年に一度の大掃除は、良い年神様を迎えるためにも避けて通れません。

しかし、今年こそはと意気込んではみるものの、年賀状書きやクリスマス準備などでアッという間に年越しの準備が待っていて、「どうしよう?」と頭を抱える主婦は少なくないようです。

 

実際には、大掃除を早くから始める人大晦日の夕食準備ギリギリまでやっている人年が明けてお正月になっても掃除している人など様々です。

今年こそはスッキリ大掃除を済ませて、余裕のある大晦日を過ごしてみましょう。

そのためには大掃除をいつから始めたらいいのか紹介しますね。

 

一般的には、クリスマスも終わり仕事納めの翌日から大晦日に向けて大掃除を行う人が最も多いそうです。

以前は私もその一人でした。

数日間という短い期間の中で、家中の大掃除を集中して行なうのはとっても大変というより、無理です。
絶対間に合いません。

時間がないので思うように進まないし、進まないとイライラしちゃうし、体力的にもキツく疲れ果ててしまい、大晦日の晩に笑顔で家族団らんなんて夢の世界です。

こんな仕事納めの翌日から大晦日に向けての、短期集中型の大掃除は止めましょう。

 

今年から大掃除は、11月の後半、もしくは12月に入った頃から何日かに分けて済ませるようにしましょう。
このやり方だと気持ちがゆったりとした中で出来るので掃除が苦になりません
苦にならないから疲れません。

⇨ クリスマスツリー家庭での飾り付け時期と飾り方のコツや順番 後片づけ時期は?

キレイになったお部屋にクリスマスクリーを飾りつけるとテンション上がりますよ。

ただ、12月でも初旬と下旬にはかなりの気温差があるので、まずは天候の良い温かい時期や日中に、カーテンの洗濯、網戸、サッシの溝掃除、ベランダの掃除、ガラス拭きなど、寒いと効率の下がる場所から始めましょう。

年末の大掃除を効率よく進める計ために計画表を作ろう

大掃除をさらに効率よく進めるにはどうしたら良いのか紹介しますね。

まず計画を立て、計画表を作ることをおすすめします。

 

「今日はここをやろうかな?」などと、思いつきで大掃除を始めるとすべてが中途半端に終わってしまう可能性があります。
こんな事になったら、何のために例年より早く始めたのか分からなくなっちゃいますよね。

徹底的にやろうと思えば、いくらでも作業が発生するのが大掃除です。

 

無計画に始めるのではなく大まかでもいいので計画表を作り、掃除を済ませた場所を消していくようにすると達成感があってやる気が出てきます。
これってゲーム感覚のようなものかもしれません。

ゲーム感覚で大掃除を楽しんじゃいましょう。

計画の立て方

計画の立て方を紹介します。

1.掃除する場所を決める

大掃除でキレイにしたい場所を紙に書き出しましょう。

・キッチン
冷蔵庫、レンジフード、シンク周り

・リビング
カーテン、AVボードの中

・お風呂
天井、壁

こんな感じに、普段は手が回らない場所やこの機会に掃除したいと思ったところを、具体的にわかりやすく書き出します。

 

2.スケジュールを立てる

1.で書き出した場所をもとに作業量を想定して、1日で出来そうなことを配分するのです。

1日にあれもこれもと欲張ると、通常の家事に支障をきたし気持ちに余裕が無くなってしまいます。
ゆとりを持つことが大事です。

「今日はこことこれだけ!」と決めたら、それ以上は手をつけないくらいの余裕を持ちましょう。

 

3.役割分担を決める

家族で大掃除を分担をすることでさらに効率的に進むでしょう。

子供たちにも、自分の部屋や危なくない拭き掃除などはどんどんやってもらいましょう。
ひとりでは対応が難しい力仕事は、ご主人にお願いしておきましょうね。

また当日になって急に家族に頼むのはNGです。
事前に計画表を見てもらいお願いしましょう。

「えっ! 聞いてないよ!」「俺もやるの?」「予定が入っているから。」などと言われる可能性が大きいです。
こんなこと言われたら悲しくかなしくなっちゃいますもんね。

 

そんなことを言わせないためにも、あらかじめ「誰が、いつ、何をするのか」を計画して表に記載しておくことで、スムーズに大掃除が進められるのです。

年末の大掃除を効率よく進めるコツは作業の順番が重要

年末の大掃除を効率よく進めるコツは、作業の順番がポイントになります。

1.高いところから低いところへ

床の汚れが目につきやすいので床からキレイに掃除したくなりますが、床をきれいにしても、その後に電気の傘や棚の掃除をしたのでは、ほこりがまた床に落ちてしまい2度手間になってしまいます。

ほこりは上から下に落とし、全てを床に落としたところで最後に掃除機をかけしっかり磨きましょう。

 

2.奥から手前へ

「奥」とは、玄関から一番遠い場所からという意味です。

最後に溜まったホコリを全て玄関から掃きだすためです。

 

3.狭い場所から始める

トイレ ⇒ お風呂 ⇒ キッチン ⇒ リビングというように、小さく範囲を決めて進めます。

小さなノルマなら達成感が出てきて、掃除する勢いもつきます。

大掃除をする時間がない場合

「大掃除の時間がない。」そんな年もあります。
このような場合、諦めるのはまだ早いですよ。

ガラスや金属など「磨けば光る」ものを掃除しましょう。

輝きを取り戻すと部屋全体が明るく、清潔感のある印象になり、その場所を掃除したように錯覚してしまいます。

 

◇「磨けば光る」ものと家の清潔感が増すお掃除ポイント

1.照明機器

照明カバーを掃除するだけで、部屋が明るい印象になります。
時間がないときは、一番広いスペースを占めるリビングの照明カバーだけでも掃除すると良いでしょう。

 

2.窓ガラス、鏡

視界に入りやすい窓ガラスや、洗面所やお風呂場などの鏡を磨きましょう。
部屋の中が、明るくすがすがしい空間に生まれ変わります。

 

3.ステンレスなどの金属類

キッチンのシンク水栓各部屋のドアノブなどをさっと拭くだけで手入れが行き届いた印象になります。

 

4.カーテンの洗濯

カーテンがキレイになると部屋の中がさっぱりして、気になっていた部屋のにおいが消えます

 

5.玄関

家の顔でもある玄関を掃除すると気分も一新です。

まとめ

大掃除を効率的に進めるためには計画表や掃除の順番は重要ですが、ある程度は割り切ることも必要です。

汚れが多少気になっても、時間がかかりすぎる時は深追いはしないことも大切です。

今年はぜひ余裕を持って大掃除にチャレンジしてみてくださいね。

こちらの記事も参考にしてください。
蛍光灯からLEDシーリングライトへの交換は工事不要で取り付け簡単!

家族みんなが笑顔で年神様を迎えましょう。