赤と緑のコントラストがクリスマスのピッタリなポインセチアを、クリスマスだけで終わらせてしまうのは残念です。

ポインセチアを越冬(冬越し)させて上手に育てることができたら楽しですよね。
でも、剪定の仕方や葉を赤くするにはどうすれば良いのでしょう。

そこで、ポインセチアの育て方で越冬(冬越し)方法や切り戻し剪定の仕方、植え替えと葉を赤くするために行う短日処理を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ポインセチアの育て方 越冬(冬越し)の方法

ポインセチアは、寒い冬に店頭に出回るので寒さに強いと思われがちですが、メキシコ原産の木で温室内では多年生ですが、通常は寒さに弱く霜に当たると枯死してしまう植物なんです。

そんなデリケートなポインセチアの越冬(冬越し)のコツを紹介しますね。

越冬(冬越し)のコツは2つ、温度管理と水やりです。

ポインセチアの温度管理

ポインセチアは、昼間と夜間の温度差が10℃以上になると、枯死する可能性が高くなります。
だからといって温度が高すぎても良くありません。

暖房がポインセチアに直接当たらない場所に置きましょう。
暖房が直接当たってしまうと、乾燥しまい1日で枯れてしまう事があるので注意が必要です。

夜は10度以下にならない場所で、昼間は20度くらい、昼と夜の温度差は10度以内がベストな環境です。

このようなポインセチアを越冬(冬越し)するには、冷たい風の当たる戸外は絶対に避けます。
ガラス越しの日光が当たる室内に置いて、時々鉢の向きを変えながら株全体に光が当たるようにしましょう。

ポインセチアは熱帯性の植物なので、真夏以外は直射日光でも大丈夫です。

落葉しても枝が緑であれば、春には芽吹きます。

ポインセチアの水やり

冬の寒いときのポインセチアの水やりは、控えめに土が乾いてきたら少量与えるのがポイントです。

水を与え過ぎてしまうと枯れてしまうこともあるので、乾燥気味に育てるのがコツです。

ただ水やりを乾燥気味にしていると、時々葉がねじれてくることがありますが心配はいりません。
そんなときは、シュシュと霧吹きで葉だけに水分を与えればOKです。

肥料も与えません。
冬はポインセチアを休ませる時期です。

これで、ポインセチアの越冬(冬越し)は大丈夫です。

ポインセチアの育て方 切り戻し剪定と植え替え方法

ポインセチアの越冬(冬越し)ができてもそのままにしておくと、上の方の枝から芽が出てバランスが悪くなり根も育ちません。
そこで、切り戻し剪定と植え替えをします。

この切り戻し剪定と植え替えがとても重要です。

切り戻し剪定を上手にするコツ

3月~4月の桜が終わるくらいの時期に、下から2~3節を残して剪定します。
剪定って慣れていないとちょっとビビッてしまいがちですが、かなり思い切ってやって大丈夫です。

ポインセチアの全体を眺めバランスを見て、どの枝が出過ぎているのかを観察し、他よりも伸びている枝は深めに切り取ります。
葉が無くても大丈夫ですから安心して切り取りましょう。

枝の切り取りの時、枝から白い樹液出てきます。
樹液に触れると、皮膚の弱い人や過敏な人はかぶれることがあるので十分注意しましょう。
軍手などをして作業するのがいいでしょう。

植え替えを上手にするコツ

切り戻し剪定が終わったら、ポインセチアを植え替えしましょう。

株が生育を始める頃の4月の中旬頃が植え替えのベストな時期です。

鉢からポインセチアを出し、古い土を半分くらい落とします。

一回り大きな鉢を用意し、足りない分の土は新しい土で補い植え替えをします。

足りない分を補う新しい土は、鹿沼土、バーミキュライト、ピートモスがおすすめです。

植え替え後の水やり

植え替え後の水やりは、越冬(冬越し)の時とは異なります。
土の表面が乾きはじめて葉が少したれてきたら、鉢底から水があふれるくらいたっぷりと与えます。

基本的に、冬以外は水はたっぷりと与えましょう。

暖かくなったら、外に出して日光をたっぷり浴びさせましょう。
ただし、気温が28度を超えてきたら、涼しい場所に移動させます。

猛暑の時期は蒸し暑いので、朝の涼しい時間にあげるようにします。

夏の剪定を上手にするコツ

ポインセチアの夏の剪定は混みすぎた枝を観察して、弱そうな枝形の乱れた枝を間引く感じで、葉を3~5枚くらい残して切り戻してあげると、冬のシーズンに間に合うように枝が茂ります。

ポインセチアの育て方 葉を赤くするには?

ポインセチアを育てる際、日照時間が重要なポイントになります。

そして葉を赤くするためにはとても大切な作業があります。
大切な作業とは、9月に行う短日処理です。

短日処理のポイント

日中は普通にをたっぷり与え、日光をたっぷり浴びさせます。

夕方5時頃になったらポインセチアにダンボール箱をかぶせて暗い中で育てます。

朝8時頃になったら段ボール箱からポインセチアを取りだします。

この一連の作業を50日間毎日欠かさず続けます。
赤くキレイに色付いたポインセチアを作るには、人工的に夜の時間(12時間以上)を長くすることが必要なのです。

※夜の蛍光灯の光なども当てないように気をつけましょう。

ちょっと手間はかかりますが、一日も欠かさずこの作業を行うと、11月頃には赤い苞葉とともに黄色い小さなつぶつぶの花がつきはじめます。

まとめ

クリスマスを華やかに彩ってくれたポインセチアを、そのまま終わらせてしまうのは何ともしのびないですよね。

少し手間はかかりますが、来年のクリスマスに向けて育ててみましょう。

愛情をこめたポインセチアが元気に鮮やかな赤色育ち、クリスマスを迎えることを想像したらワクワクしちゃいますよね。

⇒ ポインセチアが赤い理由とクリスマスに使われる理由 花言葉は?

参考にしてください。