ポインセチアなぜあんなに赤いのでしょう。

緑と赤のコントラストが華やかで美しく、クリスマスにピッタリですよね。

ポインセチアがお部屋に1つあるだけで、一気にクリスマスモードになっちゃうから不思議です。

そこで、ポインセチアが赤い理由とクリスマスに使われる理由、花言葉について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ポインセチアが赤い理由

ポインセチアは赤と緑のあのコントラストが印象的です。

子供の頃に初めてポインセチア見た時、造花だと思いました。
生花だと知り「何だか不思議な花だなぁ~」って思ったことを今でも覚えているほどキョーレツでした。

「何だか不思議な花だなぁ~」と思った私の子供の頃の想いはまんざら外れてはいなかったようです。

なんと、ポインセチアの花だと思われているあの赤い部分は「花ではない」のです。

「えっー! それじゃあ、ポインセチアには花がないの?」って声にでちゃいますよね。
いえいえ、花はちゃんとあります。

よーく見てみましょうね。
中心に小さな黄色いつぶつぶしたところがあるはずです。
その「小さな黄色いつぶつぶ」がポインセチアの花だったのです。

小さな黄色いつぶつぶの花の周りの赤い部分は苞(ほう)と呼ばれ、 葉が変化したものです。

ではなぜこの赤い苞は、花と一緒に生えてくるのかその理由を紹介しますね。

それは、受粉を助けてくれる虫や鳥などを呼び寄せるためです。

ポインセチアは花がとても小さいので、虫や鳥が見過ごしてしまう可能性があります。
そこで苞を赤くすることで、虫や鳥を引き寄せて受粉をしやすくしていたんです。

実際に赤い苞が出てきたポインセチアと、赤い苞を取り外したポインセチアを用意して、そこにちょうちょを放す実験をしたそうです。

その結果、赤い苞がついたポインセチアには次々とちょうちょが寄ってきたそうです。
それに引き換え、赤い苞を取り外したポインセチアには全くチョウが寄ってこなかったことが確認されているようです。

植物ってすごいですね。
やはり華やかさって重要なんですね。

人間も同じでしょうか?
見かけだけではなく、中から溢れ出すものを磨きたいですね。

ポインセチアがクリスマスに使われる理由

赤と緑のコントラストからも、ポインセチアはクリスマスにふさわしくてピッタリなイメージですが、でもどうしてクリスマスに使われるのでしょうね。

クリスマスに使われる、なるほどと思わせる幾つかの理由を紹介します。

ポインセチア原産地メキシコでの別名

ポインセチアの原産地で有名なメキシコでは、ポインセチアは「ノーチェ・ブエナ」と呼ばれています。
ノーチェ・ブエナには「聖夜」という意味があります。
「聖夜」、まさにクリスマスですね。

ポインセチアの葉の形

17世紀にメキシコに住み着きポインセチアと出会ったフランシスコ修道会は、ポインセチアの葉の形からベツレヘムの星(クリスマスの星)を想像し、クリスマスにポインセチアを飾っていたといわれています。

ポインセチアの色

クリスマスカラーと呼ばれる「色」にも大きな理由があります。

クリスマスカラー

クリスマスカラーとは次の3色です。

キリストの流した血の色

もみの木などの常緑樹の色
エバーグリーンが永遠の命や愛をあらわす。

純潔の色

赤と緑の葉で、樹液が白いポインセチアはまさにクリスマスカラーそのものです。

このような理由から、ポインセチアはクリスマスの生誕祭の行列に使われるようになったといわれています。

さらに、ヨーロッパでは、クリスマスに「赤」を飾る習慣があります。
古くから赤い色は魔除けの力があると信じられているので、ポインセチアは魔除けの花とされているのです。

このように、赤いポインセチアがクリスマスに重宝されるのはなるほどと納得できましたね。

ちなみに、
「ポインセチア」という名前は、ポインセチアをアメリカに紹介した『ポインセット氏』に由来しています。

クリスマスに重宝されるポインセチアの花言葉は?

「クリスマスフラワー」とも呼ばれるポインセチアの花言葉、これがまたロマンティックで情熱的なんです。
ぜひ、おぼえておきましょう。

ただ、最近では赤以外のポインセチアも店頭で見るようになり、白やピンクのポインセチアを購入する方も増えてきているようです。

ポインセチアの花言葉は色によって違うので、それぞれの花言葉を紹介します。

赤いポインセチアの花言葉

定番の赤いポインセチアの花言葉は次の通りです。

祝福する

私の心は燃えている

聖なる願い

聖夜

白いポインセチアの花言葉

慕われる

・あなたの祝福を祈る

ピンクのポインセチアの花言葉

おもいやり

純潔

ポインセチアでも色によって花言葉が随分違っています。
今年は花言葉でポインセチアを選んでみるのも楽しいですね。

でもやっぱり、ポインセチアは赤のイメージが強烈です。
私は今年も赤いポインセチアを選びます。

まとめ

ポインセチアはなぜ赤いのか?
クリスマスに使われるようになった理由はなぜ?
花言葉ってなんだろう?

疑問がすべて解決したら、クリスマスケーキやフライドチキンと同じように今年からポインセチアは外せないもの(花)としてプラスされる人は増えるのではないでしょうか。

⇨ クリスマスツリー家庭での飾り付け時期と飾り方のコツや順番 後片づけ時期は?

赤はクリスマスには欠かせないでしょう。

また、ポインセチアと並んでシクラメンもクリスマス時期に好まれるお花です。

⇒ 元気で丈夫なシクラメンの選び方と購入時期や室内での育て方

お好みのお花を飾って素敵なクリスマスをお過ごしください。