街中では早くからクリスマスツリーが飾られますが、家庭での飾り付け時期はいつ頃がいいのでしょう。

飾り付けはどうしたら素敵にカッコ良く飾ることができるのでしょう。

また、後片付けはいつ頃したら良いのでしょう。

そこで、家庭でのクリスマスツリーの飾り付け時期や素敵にカッコ良く飾る飾り方のコツや順番、後片付けの時期について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

クリスマスツリーの家庭での飾り付け時期

クリスマスツリーを家庭で飾り付ける時期をアメリカと日本を比べて紹介しますね。

アメリカでは

アメリカでは、11月の第4木曜日がサンクスビギングデー(感謝祭)です。
この感謝祭が終わったら街はクリスマスの雰囲気に一変します。

クリスチャンが多いこともあり、クリスマス期間が決められているようです。

キリスト教には、11月30日に一番近い日曜日を「待降節(たいこうせつ)」 = アドベントというという聖節があって、クリスマス(生誕祭)に向けた準備をするための期間がこの日からはじまります。

 

ちなみに、アドベントから週を追うごとに、4本のロウソクに1本ずつ火を灯していくという習慣や、アドベントカレンダーというクリスマスまでの日にちを数えながら楽しみに待つ、という習慣もあるようです。

日本では

アメリカと日本とは習慣が全然異なります。

日本ではクリスマスツリーの飾り付け時期は、いつからいつまでと決まっていません

 

一般的には11月の終わり頃からか12月に入って、街がクリスマスの雰囲気になってくるのと同時にクリスマスツリーを飾り付ける家庭が多いようです。

家族が飾り付けを始めたいと思う時期に飾ってOKということですね。

 

でも、せっかく飾り付けをするのですから、クリスマス当日に飾ってすぐに片付けるのは寂しいですよね。
11月30日に一番近い日曜日または12月に入ったら、クリスマスツリーを飾るのが良いのではないでしょうか。

家族みんなで飾り付けたクリスマスツリー見ながら、ワクワク気分でクリスマスを待つなんて毎日が楽しくなっちゃいますね。

クリスマスツリーの飾り方のコツや順番

12月に入ってクリスマスツリーに飾り付けするとしたら、約1ヶ月間は飾ることになるので出来るだけ素敵に飾りたいですよね。
しかし、ただやみくもにクリスマスツリーに飾り付けても、なかなか素敵にカッコ良く飾ることはできません。

そこで、効率的にそして素敵にカッコ良く仕上げるための、クリスマスツリーの飾り方のコツや順番を紹介します。

大まかな手順

大まかな手順は次の通りです。

1.ツリー本体を組み立てます。

2.電飾ライトを取り付けます。

4.オーナメントを飾ります。

5.ツリーにスカートを履かせます。

1.ツリー本体の組み立て

ツリー本体となる部品を箱から出し、足のほうから順に部品を組立て上へと積み上げていきます。

この組み立て式のツリーで以外と見落としがちなのが、一番重要な枝の広げ方です。
枝の広げ方を怠るとそれはそれは貧相なツリーになってしまいます。

枝は幹に対し垂直に近いくらいにしっかりと大胆に広げます。

全ての枝葉が元気よくしっかり広がっているとボリュームが出て、元気いっぱいで自然な木のように見えます。

また他の枝と釣り合うように、枝は上下左右バランスよく間隔を空けます。

勢いのあるツリーに仕上げるために、枝の先はよく伸ばしてやや上向きにしましょう。

電飾ライトの取り付け

ツリーを組み立てが終わったら、ツリーに電飾ライトを巻きつけますが、その前に故障しているライトがないかをチェックします。

ツリーにつける前に電飾ライトにスイッチを入れてみて、点灯、点滅を確認し球切れがないか一つ一つライトを調べます。
故障箇所があったら予備のものと交換しましょう。

 

電飾ライトのチェックが終わったら、いよいよツリーのトップかららせん状に上から下へバランスを見て巻いていきます。
この時ライトをつけた状態で巻くと全体のバランスがとりやすいですよ。

また、電球の先端部分を外側に向けると、ライトの光はより大きく効果的に見えます。

最後に、ライトのコードを中心に戻してまとめましょう。

3.オーナメントの飾り付け

クリスマスツリーを眺めて全体をイメージし、オーナメントをどのように付けるか決めます。

セットのツリーを購入した場合は、完成画像が付いているのでそれを参考にすると良いでしょう。

つける順番は下記通りです。

1.ツリートップ
頂上部の枝を2~3折って、ツリートップをつけます。
ツリートップを差し込んだら、しっかり付属のワイヤーで固定します。

 

2.大きなオーナメント
大きくて目立つオーナメントから飾ると、バランス良くきれいに配置できます。
バランスを見ながらジグザグのライン上に飾っていくのがポイントです。

 

3.巻き物(ガーランドやリボンなど)
ガーランドとは、チェーン、帯、モールのような飾り物のことです。
大きなオーナメントの隙間を埋めるような形で飾ると、バランスよく配置できます。

 

4.小さなオーナメント
最後に、あいた隙間を小さなオーナメントで埋めていきす。

 

5.ツリーの土台をスカートを飾る
土台の足の部分スカートで覆うことで、中心に集めたライトの電線を隠すことができてツリーの足元をキレイに見せることができます。

このツリースカートがあるのとないのでは雲泥の差ですよ。
最後に忘れないで、ツリーの足元まできれいにしてあげてください。

 

6.最後にチェック

まんべんなくキレイに飾り付けができたと思っても、意外に離れてクリスマスツリーを見てみると、「アレ?」という微妙な部分が出てくることがあるので、完成したらまず少し離れたところからチェックしましょう。

ツリーの枝の向き、ライトの向き、オーナメントの位置、ツリースカートはOKですか?
さぁーこれで素敵なクリスマスツリーの完成です!

⇨ ケンタッキーのクリスマス予約期間と予約方法 キャンセルは?当日買える?

わが家では毎年この頃に確認して予約をするようにしています。

クリスマスツリーを家庭で後片付けの時期は?

クリスマスツリーを家庭で後片付けの時期もアメリカと日本を比べて紹介しますね。

アメリカでは

キリスト教では、東の国の三人の博士がキリストに会って礼拝したことを記念する日の「顕現日(けんげんび)」1月6日がクリスマスの最終日とされています。

アメリカの家庭ではこの「顕現日」の翌日、1月7日にクリスマスツリーを片付けるのが一般的のようです。

日本では

日本にはお正月という素晴らしい文化があるので、ツリーを「顕現日」まで飾っておけません。

私たち日本人がクリスマスツリーをしまう時期は、クリスマスが終わって新年の準備を始める12月26日または27日頃がいいでしょう。

まとめ

クリスマスツリーは、11月30日に一番近い日曜日または12月に入ったら飾り付けを始めましょう。

ちょっとした飾り方のコツを覚えて、素敵でカッコいいクリスマスツリーを完成させましょう。

家族で楽しく飾り付けしたクリスマスツリーを眺めながら過ごすクリスマスは格別です。

そしてクリスマスツリーは、12月26日または27日頃、お正月の松飾りを飾る前には片付けましょう。