クリスマスは子供にとってサンタクロースから、親から、はたまた両方からプレゼントをもらえる、今年最後のビッグイベントです。

真剣な顔でおもちゃのチラシなどを見て、何をプレゼントしてもらおうかと迷っている無邪気な子供の夢を壊さないよう親も必死になりますよね。

しかし、サンタさんと親とクリスマスプレゼントは2つあげるべきなのか悩む親も少なくありません。

また、サンタクロースからのプレゼントの渡し方やいつまで続けるものなのか悩む親も多いのです。

そこで、親にとっては悩み多きクリスマスプレゼントについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

クリスマスプレゼントはサンタから?親から?両方から?

クリスマスは子供にとってサンタクロースから、親から、はたまた両方からプレゼントをもらえる、今年最後のビッグイベントですよね。
随分と前から子供たちは品定めしています。

無邪気な子供の夢を壊さないようにしてあげたいと思わない親はいないでしょう。
しかし、子供にとってはサンタさんと親は別ですが、実際のところ資金の出どころは一緒なので、親にとってはキツイ時期ですね。

 

子供が楽しみにしているクリスマスプレゼントは皆さんどのようにしているのかとっても気になっているのではないでしょうか。

サンタさんからとから、プレゼントは2個用意している。

サンタさんからだけ、プレゼントは1個にしている。

この他には、おじいちゃんやおばあちゃんからももらっているパターンもありまが、ほとんどの家庭がこの2つの意見にわかれます。

 

それぞれの家庭の考え方や事情もあるでしょうから、「サンタさんと親と、2個用意した方がいい。」いやいや、「サンタだけ、1個の方がいい。」と一概には言えません。

 

サンタさんと親と、2個プレゼントしてもらえたら、子供はそれはそれは嬉しいでしょう。
でも、最初にサンタさんと親から2個のプレゼントをしていたら、これから数年間はこの形を続けることになります。
途中からプレゼントを減らすことは難しいと言うより、そんなことはできないでしょう。

それこそ、無邪気な子供の夢はぶち壊しです。
サンタさんからと親から、2個もらっていたプレゼントが1個に減るだけの問題ではありません。

「今年サンタが来なかった」なんてこんなショックなことはありません。
毎年もらっていた親からのプレゼントがないなんてこれもまた大きなショックでしょう。

 

でもそれが、初めからサンタさんから1個だけのプレゼントだったら、いづれ子供がサンタさんの存在を疑い出したり信じなくなる年齢になった時、今度は親から希望通りのものをプレゼントすれば良いことで、今まで通りプレゼントは1個で変わりありません。

 

また親としては、子供の希望するものをプレゼントしてあげたいと思いますよね。

しかし子供の要求は遠慮がなので、親の懐は相当厳しくなります。
兄弟がいれば ×2、×3になることを覚悟しましょう。

それでも、サンタさんからと親から2個プレゼントをもらえるはずだという子供の思いを叶えてあげたい気持ちが強く、プレゼントを2個用意してあげたい場合と、やはりサンタさんからだけプレゼントは1個にする場合のおすすめの方法を紹介します。

クリスマスプレゼントを2個用意してあげたい場合

サンタまたは親が選んでプレゼントしてくれたものを「嬉しい」「ありがとう」と感じられる子供になってくれるよう期待して、2個とも子供が希望したものを用意しない次の2つの方法をおすすめします。

サンタさんからのプレゼントは子供の希望通りのものを用意して、親からのプレゼントは親が選んだものを用意する。

サンタさんからプレゼントはクリスマス用に可愛くラッピングしたお菓子などを用意して、親からのプレゼントは子供の希望通りのものを用意する。

クリスマスプレゼントを1個にする場合

クリスマスプレゼントを1個の場合は、サンタさんからプレゼントを用意しましょう。

サンタさんからプレゼントを1個にする場合、子供の希望通りのものを用意し、「クリスマスケーキやフライドチキン、手巻きずしがお父さんお母さんからのプレゼントよ!」と子供に伝えましょう。

クリスマスプレゼント サンタさんからの渡し方は?

「サンタさんからのプレゼントを渡すタイミングはクリスマスイブ?それともクリスマス?」いつにしようとこれまたお母さんは迷っていませんか?

一般的には、24日の夜中に準備をして25日の朝に子供たちの手元にプレゼントを渡すという人が多いですね。

渡し方として多いのは次の3つです。

・子供の枕元にプレゼントを置く
クリスマスツリーの下にプレゼントを置く
・「サンタさんから預かったよ。」とプレゼントを子供に手渡す

 

子供の枕元に置くのは寝像の悪いと、寝がえりなどをして体にぶつけてしまうかもしれませんね。

 

「サンタさんから預かったよ。」というのは、子供から質問攻めにあってしまうのでおすすめできません。
「いつきたの?」
「どこからどうやって入ってきたの?」
「なんて言ってた?」
それはそれはしつこく聞いてきますよ。

 

その他にも、デパートで「サンタさんがプレゼントを配達してくれる。」という企画がある場合もあります。

 

ちなみに、
むかーし昔、我が家はこの企画に申し込んだことがありましたが、子供たちはまだ小さ過ぎて大泣きされてしまいました。
プレゼントを届けにきてくれたサンタさんもどうしたらいいのか困ってしまい「ごめんね、ごめんね・・・」と言って帰って行きました。
サンタさんを落ち込ませてしまった息子2人でした。

 

なので、平凡かもしれませんがクリスマスツリーの下に置くのが一番いいのではないでしょうか。

こちらの記事も参考にしてください。
クリスマスツリー家庭での飾り付け時期と飾り方のコツや順番 後片づけ時期は?

クリスマスツリーの下に置く場合、少しでも平凡にしないためのおすすめを紹介しますね。

 

それは、夜寝る前に子供と一緒にテーブルにお菓子などの夜食を置いておいて、夜中サンタさんに食べてもらおうというものです。

「サンタさんは一晩中、子供たちのおうちにプレゼントを届けるからきっとお腹を空かしているよ!」と言って、子供と一緒にクリスマスツリーの近くミニテーブルを置いてサンタさんの夜食を用意するのです。

これはアメリカで行われているようです。

飲み物とクッキーでもいいし、ドーナッツでもいいし、子供に考えさせるのもいいでしょう。
また、子供が「サンタさん、夜食をどうぞ!」など、紙に書いてテーブルにメッセージを置いておきましょう。
翌朝には、お皿の上の夜食が無くなり、メッセージを書いた紙にサンタさんから「Thank you!」とメッセージが書かれていたら、もうプレゼント以上に興奮しちゃうかもしれません。

クリスマスをプレゼントをもらうだけて終わらせずに、人への気遣いも教えられるいい機会にもなりますね。
子供にとっても、クリスマスのいい思い出になること間違いないでしょう。

サンタさんからのクリスマスプレゼントはいつまで続けるの?

では、サンタさんからのプレゼントはいつまで続けたらいいのか、親としては悩みどころですがこれってなかなか難しいですね。

子供って小さい頃は本当に純粋にサンタクロースを信じているんですよね。

しかしです。
小学校に上がる頃になると段々と疑い始める子供も出てきます。
子供によってもまちまちで、高学年になっても信じている子供もいます。

 

一般的には、小学校の3~4年くらいからです。

・サンタさんの存在を純粋に信じている子供
・サンタさんの存在をちょっと疑っている子供
・サンタさんの存在はまるっきり信じていない子供

 

サンタさんからのプレゼントをやめるタイミングは、子供の様子を観察して「本当はサンタさんからのプレゼントではないのかも・・・」と疑い始めた翌年のクリスマスがいいのではないでしょうか。

 

子供は疑いを持ち始めると「サンタクロースは本当にいるの?」、「このプレゼントは本当にサンタさんから?」などと必ず親に聞いてきます。

その時、「サンタさんを信じている子にはサンタさんはくるんだよ。 でもね、信じられなくなってきたら、それはもう大人の仲間入りになるのでサンタさんはこなくなるみたいよ。」
と優しく静かに答えてあげましょう。

そして、「でも心配しなくていいよ。サンタさんの代わりにこれからはパパとママからプレゼントをあげるから!」と伝えましょう。

 

これで、我が家はスムーズに男の子2人納得してくれました。

ただ一言、「僕たちまだ小学生なのに、なんで大人なんだろう??」と首をかしげていたので、母である私は「ほんとよね、おかしいね~、なんでかな?」と一緒に不思議がりごまかしちゃいました。

まとめ

いつの日か、「サンタさんって本当いるのかな?」と疑いを持ち始める時がきます。

だから、サンタさんがクリスマスにプレゼントを持ってきてくれると本当に信じて、ワクワクしながら待っている子供の純粋な気持ちは大切にしたいですね。

我が家のクリスマスプレゼントはサンタさんから1個でした。
小学校6年、4年のクリスマスからは親からのプレゼントに変わりました。

1個だからと不満を言うこともありませんでした。

最初が肝心ですよ。

それでは、良い思い出となるよう子供と一緒に楽しくクリスマスをお過ごし下さい。