12月31日の大晦日、一年の締めくくりにほとんどのご家庭で年越しそばを食べているのではないでしょうか。

しかし、なぜ大晦日にそばを食べるのでしょう。

また、食べる時間帯はいつが良いのでしょう。
決まりのようなものはあるのでしょうか?

そして、そばは冷たいものと温かいものとどちら食べるのが本当なのでしょう。

そこで、毎年食べているのに意外と知られていない年越しそばの由来や意味、食べる理由や食べる時間帯、温かい冷たいどっちがいいのか、またおすすめの具材について紹介します。

年越しそばの由来と意味や食べる理由

「年越しそば」とは、大晦日(12月31日)に縁起を担いでそばを食べる習慣のことを言います。
1年の締めくくりである大晦日に、年越しそばを食べる風習は江戸時代の中頃と言われています。

子供のころから毎年当たり前のように食べている大晦日の年越しそばですが、なぜこの時期に「そば」を食べるようになったのでしょう。

これには次のような説あると言われています。

延命や長寿祈願

そばは細く長いことから、そばのように細く長く生きるようにと縁起を担ぎ、「延命長寿」を願って食べられるようになりました。

健康祈願

そばは雨風に傷めつけられても、太陽を浴びると再び元気を取り戻すたくましい丈夫な植物であることから、健康の縁起を担ぐのに良いとされおそばを食べるようになりました。

また、そばの実は五臓の毒を取ると信じられていたのです。

金を集める縁起物

江戸の金細工職人は、仕事納めの時に飛び散らかった金粉や金の破片をそば粉を練った団子(そばがき)でとんとんと叩きながらそば粉を練った団子にくっつかせ拾い集めていました。
水の入ったたらいにそのそば団子を浸けると、そば粉が溶けて金粉がたらいの底にたまるのです。

このようにそば粉で「金が集まる」「金が貯まる」「金運を呼ぶ」と言われ、縁起物として食べられるようになりました。

苦労や災厄を切り捨てる

おそばは、他の麺類に比べて切れやすいですよね。
このことから、一年の苦労や災厄をそばを食べて切り捨てたい、と願って食べられるようになりました。

世直しそば

鎌倉時代、博多の承天時で、年を越せない貧しい人に「世直しそば」として、そば餅を振舞いました。
するとその翌年から、そば餅を食べた皆に運が向いてきたことから年越しそばを食べるようになりました。

 

これらのことから、改めて年越しそばは、縁起担ぎの食べ物だったということがよくわかりますね。

大晦日に年越しそばを食べる時間帯はいつがいいの?

大晦日に、年越しそばを食べる時間帯はいつが良いのでしょう。

・大晦日の昼食に

・大晦日の夕ご飯として

・除夜の鐘を聞きながら食べ始め、年が明ける直前に食べ終わる

・除夜の鐘を聞きながら食べ始め、午前零時をまたぎ年が変わる1日に食べ終わる

⇨ 除夜の鐘をつく時間は何時で誰でもつけるの?関東でつけるところは?

このようにさまざまな意見があるので、どれが正解なのかわからないと悩んでしまう方も少なくありません。

一般的には、12月31日の夕食の時に食べるという人と、12月31日のちょうど年越しの頃、除夜の鐘を聞きながら食べるという人が多いようです。

 

実際には、食べる時間帯やタイミングには明確な決まりはないので、各家庭で好きな時間帯や都合が良いタイミングでそばを食べてOKなのです。

ただ、年越しそばの由来をからすると12月31日の内に食べるようにするのがいいかもしれません。

年内にあった苦労や災厄はその年の内に断ち切り、翌年に持ち越さないように願って食べるということで、年越しそばは12月31日の23時59分59秒までに食べ終えてみませんか。

地方によって異なる年越しそばを食べるタイミング

年越しそばは、大晦日の12月31日に食べるものと思っている方が多い中、地方によっては食べるタイミングや食べるそのものが違うところもあるようです。

・福島県の会津地方では、大晦日でなく元旦にそばを食べる風習がある。

・新潟県では、大晦日でなく1月1日にそばを食べたり、1月14日(小正月の前日)にそばを食べる「十四日(じゅうよっか)そば」という風習がある。

・香川県では、そばでなく地元の讃岐うどんを食べる人も多い。

・沖縄県では、日本そばではなく日常食べる事が多い沖縄そばを食べる人が多い。

年越しそばは温かいの冷たいのどちらをたべるのが本当?

温かいそば = かけそば
冷たいそば = ざるそば

どちらもそれぞれ美味しいですが、大晦日の「年越しそば」に食べるのは、「かけそば? ざるそば? どっちが本当なの?」と疑問に思う方も少なくないようです。

正解は、どちらも本当です。

住んでいる地域の風習や各家庭の好みによって好きな方を選びましょう。

温かい「かけそば」

大晦日、この時期はとても冷えてきます。

寒い季節には、温かい「かけそば」は幸せな気分になれます。

天ぷら、ネギ、卵、山芋など、具だくさんにして楽しむことができるのでとてもリッチなそばを食べれるでしょう。

冷たい「ざるそば」

江戸っ子っぽくて、粋な感じがします。

また家族が多い場合などは、「ざるそば」のほうが断然準備が簡単で楽ですね。

ただ、ざるそばだけではさっぱりし過ぎて口さみしいですよね。

 

そこで、代表的な具材を紹介します。

年越しそばの代表的な具材

一つ一つの意味をかんがえて、今年の年越しそばの参考にしてみましょう。

◇海老天または海老入りのかき揚げ

海老天または海老入りのかき揚げは、代表的というより今では一般的ですね。

・腰が曲がった海老は「長寿」を表しているのでとても縁起がいいです。

 

◇にしん

身欠きにしんの甘露煮です。
主に京都では年越しそばににしんが食されているようです。

・「子宝に恵まれるように」という意味があります。

 

◇ネギ

薬味として旨味のあるネギは年越しそばに欠かせません。

・「労をねぎ(ネギ)らう」という意味もあります。

 

◇油あげ

甘辛く煮た油あげです。
温かいおそばの上にのせて「きつねそば」がおすすめです。

・お稲荷さんの効果を期待して「商売繁盛」を願います。

 

ちなみに、
私の年越しそばの定番は、お昼の近所のおそば屋さんで「もりそばに野菜の天ぷら」と「そばがき」です。

今年は「長寿」を意識して、野菜の天ぷらを海老の天ぷらに変更しようと思います。

 

こちらの記事も参考にしてください。
蕎麦湯(そば湯)の栄養や効能と美味しい飲み方 乾麺のゆで汁にも栄養ある?

まとめ

毎年欠かさずに年越しそばを食べていても知らないことって多いですね。

年越しそばにルールは特にありませんが、年越しそばの由来や意味はたくさんの説があります。
どの説も、旧年よりも更に新年がよくなりますようにと願いを込めているものです。

今年最後のイベントです。
年越しそばで縁起を担ぎ、家族みんなが元気に笑顔で素晴らしい年を迎えるために年越しそばを食べましょう。