大晦日の夜中12時が近づくと、静かな気配が訪れ聞こえてくるのは「ゴーン」という独特の音色の「除夜の鐘」が聞こえてきます。

新しい年がやってくる期待感と心洗わられるような神聖な気持ちになりますよね。

しかし、この除夜の鐘とはなんなのでしょう。

また、煩悩とはどんなものなのでしょう。

108回と言う数にどのような意味があるのでしょうか?

そこで、除夜の鐘の意味、108の煩悩や鐘を突く回数の意味について紹介します。

今年は除夜の鐘のことをわからないまま「ゴーン」という音色聞くことはもうありませんんね。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

除夜の鐘とは?

除夜の鐘とは、12月31日の大晦日の深夜につく鐘のことです。

除夜の鐘の「ゴーン」という独特の音色が鳴り響くのは、だいたい12月31日の深夜から日付の変わる深夜0時、新しい年を迎えた1月1日の元旦にかけてです。

一年の締めくくりの大晦日の深夜に107回までついて、最後の1打となる108回目の鐘は新年を迎えた1月1日の元旦に突かれるのです。
このような決まり事があることを知っている方は少ないのではないでしょうか。

除夜の鐘の意味

大晦日には、「除日(じょじつ)」、「除夜(じょや)」などの呼び方があります。
この呼び方もあまり聞きなれないですよね。

大晦日の夜につく鐘なので、「除夜の鐘」という呼び名なのです。

 

そもそもこの「除」という字には、古いものを捨て去って新しいものを迎えるという意味があります。

この「除」という字のいもからもわかるように、「除夜の鐘」とは、12月31日の大晦日の深夜につく鐘で、旧年のいろんな煩悩や悩みを捨て去り、新年には煩悩に煩わされず良い年がおくれるようにと願いが込められたものです。

除夜の鐘の意味がわかると「ゴーン」という音色を聴くだけではなく、除夜の鐘を自身でついてみたくなってきますね。

除夜の鐘を108回突いて捨て去る煩悩とは?

人には108つ煩悩があるといわれています。
この108つという数は除夜の鐘を突く回数と同じですね。

 

煩悩とは、字の如くです。
私達を煩わせ、悩ませるもの

分かりやすく言うと愛着や執着のことで、自分にとって離しがたい捨てがたい感情や感覚のことです。
欲望や怒りや恨み妬みの心」などですね。

 

実際には、私たちが「辛いな」、「嫌だな」と思う時、この煩悩が必ず関係しています。

欲しいと思ったものが手に入らない時や、自分が思い描いていたことが突然の横槍でぶち壊された時、自分と同じような人が突然出世したり、評価されたりしているのを見て嫌な感情が出る時、これらことはまさに煩悩に煩わされている時なのです。

常に自分を困らせる心が煩悩なんですね。

108つ煩悩

人間の感覚は下記の6つで構成されています。

◇人間の感覚を司る「六根」

・眼(げん)見る
・耳(じ) 聞く
・鼻(び) 嗅ぐ
・舌(ぜつ)味わう
・身(しん)感じる
・意(い) 思う

 

六根のそれぞれに3種類の煩悩が存在します。

・好  気持ちがい
・悪  不快
・平  どちらでもない

ここまでで、6 × 3 = 18の煩悩です。

 

この18の煩悩はそれぞれ下記の2つにわかれます

・淨  きれい
・染  きたない

ここまでで、18 × 2 = 36の煩悩です。

 

さらに、この36の煩悩には下記の3つのことも関係してきます。

・過去
・現在
・未来

ここまでで、36 × 3 = 108の煩悩です。

 

このように、「108の煩悩」は生まれていたのですね。

六大煩悩

108の煩悩中でも特に大きいものが六大煩悩と言われています。

・貪(むさぼり)
・瞋(いかり)
・痴(おろかさ)
・慢(あなどり)
・疑(うたがい)
・見(悪い考え)

 

◇貪(むさぼり)
分不相応な処遇や努力以上の成果を求めたりすること。

 

◇瞋(いかり)
短気ですぐにカッとなったり、些細なことで怒り出したりすること。

 

◇痴(おろかさ)
愚かであるがゆえに、物事の正しい判断が出来ずに失敗をしてしまう。

 

◇慢(あなどり)
他との比較で、自己に優越感を持つ思い上がりのこと。

 

◇疑(うたがい)
疑う心がすぐに起こってしまい、信じる事を妨げてしまう傾向性を持つこと。
用心深いというと聞こえはいいけれど、排他性が強いと幸運の女神にも気付かずに排してしまうので、結果的に疑のスパイラルに陥ってしまうこともある。

 

◇見(悪い考え)
間違ったものの見方や考え方を持つこと。

 

しかし、昔から日本では、この六大煩悩は「除夜の鐘」の音によって浄められると考えられてきたのです。
除夜の鐘を聞くことで、一年間の間に生まれた罪を懺悔して、罪を生む心そのものも同じように懺悔するのです。

 

「除夜の鐘」でこのよう煩悩を取り除き、清らかな心で新しい年を迎えられるということですね。

除夜の鐘を108回突くのにはどんな意味があるの?

除夜の鐘は108回突きますが、それにはどんな意味があるのか紹介しますね。

108回突く意味にはついては次のような複数の説があります。

人間の煩悩の数という説

1つ目は、人間の煩悩の数という説です。

前述していますが、仏教では、煩悩の根本には「六煩悩」があり、それが「六識」という基本的な感覚のそれぞれにあるといわれています。
またそれらが、過去、現在、未来におよぶのです。

6(六煩悩)× 6(六識)× 3(過去、現在、未来)= 108になります。

1年をあらわす数という説

2つ目は1年をあらわす数という説です。

旧暦に関する数(十二ヶ月、二十四節気、七十二候)をたして108つになるという説です。

12(月)+ 24(節気)+ 72(候)= 108になります。

来る年が楽な年であるようにとの説

3つ目は、来る年が楽な年であるようにとの説です。

これはダジャレのような説です。

四苦八苦を取り除くということなんです。

(4 × 9 + 8 × 9)= 108になります。

 

一般的には、除夜の鐘はお寺にある鐘を叩くことから1つ目の「煩悩の数の説」が主流です。
やはり一番おごそかで大晦日にふさわしい気がしますよね。

まとめ

除夜の鐘とは、人間のこころにある煩悩をすべてとりのぞき、真っさらな新しい清らかな心で新年を迎えるという意味があるんですね。

だから、除夜の鐘が突く回数は煩悩の数と同じ108回なのでしょう。

今年の大晦日は、テレビからではない生の除夜の鐘を自分の耳で聞いて、清々しい気持ちで新年を迎えてみましょう。