年賀状をやめたいと思うきっかけはどのようなことからなのでしょう。

以前は年賀状が届く1月1日がとても楽しみだったのに、それがいつしか「年賀状をやめたいな。」と思う方は少なくないようです。

また、年賀状のやり取りを全てやめたいとは思わないけど、減らしたい。」と思っている方も結構多いのではないでしょうか。

そこで、年賀状をやめたいと思うきっかけはどんなことなのか、年賀状の枚数を減らす方法や年賀状をやめるタイミングなどについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

年賀状をやめたいと思うきっかけ

本来年賀状とは、何らかの理由で直接新年の挨拶ができない場合に、その代わりとして書面でご挨拶するものです。
だから、やはりそこには想いや気持ちが入っていないと意味がないですよね。

年賀状をやめたいと思うきっかけはどのようなことからなのでしょう。

年賀状が年末年始に義務のように感じ苦痛

まだ今年も終わっていない11月、これから大忙しの年末に突入という頃から年賀はがきは発売になります。
大掃除や忘年会、クリスマス会、やることは盛りだくさんですよね。

そんな中、何かやり残している事があるようなどんよりした気持ちにさせてくれるのが年賀状です。

 

忘れずに年賀状は買ってはあるけれど、いいアイデアが浮かばずになかなか先に進まないのが現実ではないですか?

始めから絵柄の入った市販のやつにすればよかったかな?
郵便局で年賀スタンプを押しちゃおうかな?
なーんて思いながらも、プリンターで作成したり印刷をお願いしたり、受付期間ギリギリで出し終える年末だったりします。

 

また、年始はのんびりとしようと思った矢先、年賀状を出し忘れている人から年賀状が届いたりしたらもう大変です。
「ガーン! 年賀状を急いで今から作らなきゃ!」ですよね。

出さなかったらどう思われるんだろう?
常識のない人間だなんて思われたら大変、嫌われたくないから出さなくちゃ。

 

こんな気持ちで、義務で出すようなことをしていたらとってもつらいですね。

年賀状は、受け取る方の事を思い浮かべて楽しく書くようでなけれ意味が無いように思うのです。
年賀状だけのつながりが嬉しいと言う方もいる一方ようですが、このように年賀状だけでつながっているような関係が義務に感じてしまうこともあります。

はがき代、印刷代、インク代の負担が大きい

「年に一度の新年の挨拶に何言ってるの?」って怒られそうですが、でも年賀状代って相当な金額がかかりますよね。

年賀はがき代、印刷代、インク代の負担が大きいというのもやめたいと思うきっかけになるのです。

年賀状の枚数を減らす方法

年賀状を楽しみながら作り、年賀状の交換を楽しんでいる人は枚数を減らす必要はありませんよね。

しかし下記のように感じている場合は、年賀状を出す枚数を減らしてみてはいかがでしょう。
年賀状の枚数を減らすだけで、ぐっと気持ちが楽になりますよ。

義務感のみで毎年出している。
・年賀状だけのやり取りが何年も続いているが、今の相手のことはよくわからない
・毎年印刷した年賀状に、一言添えるのも苦痛に感じる。
しょっちゅう会っているのに、年賀状で近況を知らせることに疑問を感じる。
・年賀はがき代、印刷代、インク代などを金銭的負担が大きい
・「年賀状を出す習慣なんて、なければいいのに!」といつもひそかに思いながら書いている。

では、具体的に年賀状を減らす方法を紹介します。

年賀状を出す人と出さない人に分ける

これからも年賀状のやりとりを続ける人と、来年からは出さない人とに分けます。

◇年賀状を出す人
自分から年賀状を出したい、近況を知らせたい人
遠くてなかなか会えない両親、義両親、親戚 など
仕事関係
社交辞令だとわかっていても、相手の方から「虚礼廃止」とかでやめてくれない限り、仕事をしている以上続けるしかありませんよね。

 

◇年賀状を出さない人
しょっちゅう会っている知人や友人
・何年も会うことなく、惰性でやりとりしている人
・年賀状が表も裏も印刷で一文、一言も書いてない人
・返事がかなり遅れて来る

このように出す人、出さない人を分けることで年賀状を出す枚数は激減します。

 

ちなみに、
数年前、実際にやってみました。
随分と枚数が少なくなったことで、落ち着いて差し出す相手のことを考えながら楽しんで年賀状を書くことが出来ています。

また、金額的な負担も気にならなくなりました。

そして一番気になっていた友人や知人との関係もおかしなことになっていません。
特に年賀状について聞かれることもなかったです。
きっと相手の方も、やめどきを探っていたのかもしれませんね。

年賀状をやめるタイミング

年賀状を出す人と出さない人に分けることで出す枚数が激減することはわかっても、「自分のほうから断ち切るのは勇気がいる。」って方は多いかもしれませんね。

そんな時は、あなたの身の回りで変化があった時をやめるタイミングにするといいかもしれません。

喪中

喪中をきっかけに年賀状をやめたという人は多いようです。
きっと、喪があけた翌年以降も新年を祝う気になれないのが理由かもしれません。

年賀状を出す側が喪中になった場合は、「来年以降の年始のご挨拶は控えさせていただきます」という一文を書き添えて、喪中はがきを出すと翌年からは来なくなるでしょう。

また、先方から喪中はがきが届いた場合は、その年、翌年、2年連続で出さないと自然消滅する可能性が高くなるでしょう。

引越し

新しい土地では新たな出会いやお付き合いが必ず始まるものです。
引っ越しをきっかけにして、現在の付き合いを整理してみましょう。

郵便局に転居・転送サービスを提出することで新住所に年賀状は転送されますが、翌年以降は宛先不明で相手に送り返されてしまうので、年賀状のやりとりをやめるきっかけになるでしょう。

メールに変更

年賀状をやめたいけれど踏ん切りが付かない、完全に接点を無くしたくないという場合は、年賀状をメールに変更してみるのも手かもしれません。

「メールなんて味気ないし、気持ちがこもってないわ!」という意見もあるようですが、最近の年賀状の中には裏も表も印刷されていて、毎年決まった一文が書いてあるだけのものをよく見ますよね。
「お元気ですか?」「また会いたいですね!」「今年もよろしく!」など、これならメールでも変わりありません。

でもきっと、メールもそのうち年賀状と同じように、「やめ時に悩む」時が来るかもしれません。

まとめ

日本の良き習慣の年賀状はしっかり出す相手を厳選すれば、おっくうに感じたり義務に感じたりすることなく、楽しんで作ることができるのではないでしょうか。

年賀状の出す枚数を減らすことは難しいと思われがちですが、やってみると以外と簡単です。
それで相手に嫌われたのならしょうがない、と諦めたらとっても気が楽になりますよ。

また、年賀状ごときで間柄がおかしくなる関係なんてどうなんでしょう?

今年、あなたの出す年賀状の枚数が減りますように。

楽しいすっきりとした年末年始をお過ごし下さい。