引っ越しでは荷物の整理や各種手続きに追われ、引っ越したことをお知らせする転居ハガキのことを忘れてしまう人が多いようです。

転居ハガキは誰にいつまでに出せばいいのでしょう。
メールやLINEなどで簡単に済ませても良いものなのか知りたいですよね。

また、引っ越したことをお知らせする文面も気になりますよね。

そこで、引っ越しをお知らせする転居ハガキを出す範囲や時期、文例や書き方のポイントを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

引っ越しをお知らせする転居ハガキは誰にいつまでに出すの?

引っ越しの前後は、準備のための買い物や荷物の片付け、荷造りなどでバタバタしたり、各種手続きに追われなかなか気持ちが落ち着きませんよね。

だから、引っ越しをお知らせする転居ハガキの存在をうっかり忘れていてもおかしくはありません。

転居ハガキって何?

初めて引っ越しをする人、特に若い人の中には転居ハガキの存在すら知らない人がいるかもしれませんね。

 

転居ハガキとは、大学入学や新社会人になって新生活が始まる人や、転勤や新居などに引っ越しすることで、今までと住所が変更になった場合に、引っ越し後に転居したことを知らせるハガキのことを言います。

 

転居していたことをお知らせしていないことで、手紙や贈り物が届かなかった訪ねて行ったら別の人が住んでいたなどのトラブルが起きてしまっては大変ですよね。

そのためにも転居ハガキは忘れずに出す必要があるのです。

メールやLINEなどを利用してもいい?

最近は暑中見舞いや年賀状などもメールやLINEなどで済ませている人は少なくありません。

ならば、引っ越しをお知らせする転居ハガキもメールやLINEを利用しても良いものなのでしょうか。

 

普段から頻繁に連絡を取り合っている親しい関係ならば、メールやLINEなどで引っ越ししたことや新住所を伝えても問題ないでしょう。

 

しかし、転居ハガキを出すことで相手の人を大事に思っているあなたの気持ちがより伝わり、相手からもより喜ばれるのは間違いありませんよ。

 

それでは、転居ハガキは誰にいつまでに出したら良いのか紹介しますね。

引っ越しをお知らせする転居ハガキを出す範囲

引っ越しをお知らせする転居ハガキを出す範囲は、日頃お世話になっている人、親戚、友人などです。

毎年、暑中見舞いや年賀状をやり取りしている人たちということになりますね。

暑中見舞いや年賀状を利用して引っ越しのお知らせをしてもいいの?

春や秋に引っ越しした場合には、暑中見舞いや年賀状を利用して引っ越しのお知らせも兼ねても良いと言われています。

 

また、明らかにタイミングが空き過ぎてすでに数カ月経っている場合や、転居ハガキを出し忘れていた場合は、今さら転居ハガキは出しにくいですよね。
そこでこのような時も、暑中見舞いや年賀状に引っ越しした旨を一言添える形でお知らせしましょう。

 

しかし、やはり年賀状と転居のお知らせハガキの兼用はあまり丁寧ではありません。

引っ越しをお知らせする転居ハガキを出す時期

それでは引っ越しをお知らせする転居ハガキを出す時期について紹介します。

できれば引っ越しから1カ月以内に出すのがベストと言われています。

どんなに遅くても2~3カ月以内には出すようにしましょう。

引っ越し前に転居届の手続きがおすすめ

不都合ことやトラブルが起きないように、引っ越し先の住所がわかった時点で忘れずに郵便局に転居届を出して、郵便物を転送してもらうように手続きしておくと良いでしょう。

 

★転居届とは
届け出から1年間の間、旧住所あての郵便物を新住所あてに無料で転送してくれるサービスです。
運転免許証または健康保険証、印鑑を持参して、郵便局においてある用紙に記入して窓口に提出しましょう。
最近ではスマホからも転居届が申し込めます。

引っ越しをお知らせする転居ハガキの文例

初めて転居ハガキを作成する場合、どんな文面にしたらいいのか悩んでしまいますよね。

それでは、転居ハガキの文例を紹介します。

文面は送る相手(目上の人、職場の人、親しい友人、知人、その他の人)やあなたの状況(結婚、新居を建てて、暑中見舞いや年賀状を兼ねる)によって違ってくるので気をつけましょうね。

目上の人、職場の人の場合

拝啓
皆様にはお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
このたび下記の住所へ転居いたしましたのでお知らせ申し上げます。
お近くにお越しの節にはぜひお立ち寄り下さいますようお待ち申し上げます。
今後も変わらぬご指導のほど、よろしくお願いいたします。
まずはご挨拶かたがたお知らせまで
敬具

親しい友人、知人の場合

このたび新しい住所に転居しました。
慣れないところでの生活ですが楽しい生活を送っています。
ぜひ近くに来たら遊びに来てくださいね。
まずはご挨拶かたがたお知らせまで

その他の人の場合

このたび下記の住所へ引っ越しいたしました。
お近くにお越しの時にはどうぞお気軽にお立ち寄りください。
今後とも変わらぬお付き合いをいただけますよう、お願いいたします。

結婚で引越しの場合

この度 私たちは結婚いたしまして、ささやかながら下記にて新たな生活を始めました。
未熟な二人ですが、これからの人生をともに歩んでいきたいと思っております。
お近くにお越しの際は、ぜひともお立ち寄りください。
今後とも、変わらぬご指導を心よりお願い申し上げます。

 

★親しい友人や身内に対しては、もっと柔らかい内容でOKです。
近況と住所を記載するだけで十分です。

新居を建てて引越しの場合

拝啓
早春の季節となりましたが皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
子どもが小学生になるのを機会に、住居を新築し下記に引っ越しました。
こちらへお出かけの折は、ぜひお立ち寄りください。
これからも変わらぬお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。
敬具

暑中見舞いや年賀状で引越しのお知らせを兼ねる場合

暑中見舞いや年賀状を書き上げた最後に次のように一筆添えましょう。

なお、
昨年〇〇月に下記の住所に引っ越しいたしました。
こちらへお出かけの折は、ぜひお立ち寄りください。

引っ越しをお知らせする転居ハガキの書き方のポイント

引っ越しをお知らせする転居ハガキは、通常「ハガキ」に書いて出します。

 

内容としては、新住所と連絡先をしっかりと記載しましょう。

新住所や連絡先と合わせて文例を参考にして、引越しの理由(新築、結婚、転勤、同居、子供の成長に合わせてなど)を簡単に添えて、さらに近況や近隣の様子などを少し書き添えるとより丁寧で、受け取った相手には嬉しい転居のお知らせとなるでしょう。

 

ただ引越しの理由が退職や離婚など場合は、無理して書く必要はありません
引越し先をお知らせするだけでOKです。

 

どんな場合でも、引越しの挨拶状のハガキを出すときには、引越し前にいただいた厚情に感謝し、今後も引き続いて親交をいただきたいという気持ちを込めて書くことが大切です。

 

こちらの記事も参考にしてください。
新居での引っ越し挨拶回りはどこまで?挨拶の仕方や手土産の品物とのしの書き方
大学生一人暮らしの引っ越し挨拶 女性の場合は?大家さんにはどうする?

まとめ

引っ越しをお知らせする転居ハガキに記載する要素はほぼ定まっています。

送る相手にとって気配りすることは大切ですが、転居の理由などありのままを書き、基本的な文例を参考にあてはめて書いていけば、意外と簡単に書けます。

大切な方々に、感謝の気持ちやあなたの近況などをしっかり伝えるためにも、引っ越しから1カ月以内に出すようにしましょう。