大学生になって、春から一人暮らしが始まる人は多いでしょう。

新生活が始まる住まいへの引っ越しで気になるのが引っ越し挨拶ですよね。

大学生の一人暮らしの引っ越しでも、隣近所への挨拶回りは必要なのでしょうか?
女性(女子大生)の引っ越し挨拶や防犯対策はどうしたら良いのでしょう。

また、大家さんへの挨拶の手土産の品物や時間など気をつける点も知りたいですよね。

そこで、大学生の一人暮らしの引っ越し挨拶について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

大学生の一人暮らしで引っ越し挨拶は必要?

一般的には、引っ越し挨拶はするのが当たり前と思われていますが、大学生の一人暮らしの引っ越しの場合は、隣近所への挨拶回りは必要なのか悩んでいる人も多いようです。

確かに以前は、引っ越しの挨拶は「礼儀」と考える人が多かったですね。

 

しかし結論から言ってしまうと、現在は大学生が一人暮らしで新生活を始める場合、引っ越しの挨拶回りは「どちらでもいい。」なんです。

「挨拶をしてもいい、しなくてもいい、どちらでもいい。」なんて、ちょっと適当過ぎるんじゃないかと思われる両親世代はきっと多いですよね。

でも時代の流れとともに、引っ越しの挨拶回りの常識も変わりつつあるようです。

 

それには次のような理由があります。

近年 引越しの挨拶をしなくなった理由

大学生が一人暮らしを始めるところは、アパートやマンションがほとんどではないでしょうか。

このタイプ(アパートやマンション)の住居の場合、最近では引越しの挨拶をしない人の方が多いのです。

 

社会人や大学生などさまざまな人が住んでいるアパートやマンションの場合、引っ越し挨拶に行ったとしても、学校、アルバイト、仕事など一人一人の生活サイクルが異なります。
そのため行動時間がバラバラで、いつ在宅しているのかが分かりにくいのです。

だから引っ越し挨拶に行っても、結局どの部屋の人とも会えなかったというケースが非常に多いんです。

 

そして、あなたが男性でお隣さんを引っ越し挨拶で訪問したとしましょう。
お隣さんが女性だとしたら、たとえその時在宅していたとしても、防犯のために「知らない人だから出なくてもいいわ!」と、居留守を使われてしまうこともあるのです。

 

このように、引っ越し挨拶をしようとインターホンを鳴らしても、相手が出てきてくれないこともあるので、引越しの挨拶はいらないかなって考える人が多くなってしまっているのです。

 

ちょっと寂しい気もしますが近年では、一人暮らしをする場合みなさん自分の身を守るのを優先しているのです。

 

引っ越し挨拶をしない分、廊下などですれ違ったりエレベーターで一緒になったときは、さわやかに「こんにちは」などの挨拶をしておきましょう。

引越しの時にする1回の挨拶よりも、普段のコミュニケーションの方が大事なのではないでしょうか。

大学生一人暮らしの引っ越し挨拶 女性の場合はどうする?

女子大生が一人暮らしを始める場合は、基本的に引越しの挨拶回りは「なし」にしましょう。
防犯に対しての注意が必要です。

 

いざという時のために隣近所の人とは、顔見知りになっておいた方がいいという人もいますが、「お隣さんがどういう人か知らないと怖い。」などという、そんな時代はもう終わりました。

今は「あなたの情報を相手に与えたら怖い」そんな時代なのです。

犯罪に巻き込まれないために、自ら「女性の一人暮らしです。」と言って回るような引っ越し挨拶は控え、「地域とのつながり」よりも、「防犯」を最優先に考えましょう。

日常生活の中で、同じ階に住んでいる女性とエレベーターに乗り合わせた場面で、「こんにちは」と挨拶を交わし顔見知りを増やすほうが安全です。

安全で安心な生活をスタートさせるための防犯対策

安全で安心な生活をスタートさせるために、引越しの際は次のように防犯対策を万全にしましょうね。

ベランダに男性用の衣類掛け、サンダルなどの履物を出しておく。

・窓際のカーテンに女性らしい柄は選ばない。

・洗濯物の中に男物の靴下やパンツを一緒に干す。

玄関にも男物のスニーカーなど履物を出しておく。

女性専用アパートや学生アパートの場合

入居先が小さな女性専用アパートや小規模な学生アパートの場合は、ケース・バイ・ケースで引っ越しの挨拶回りを検討しましょう。
この時は、基本的に「上下と左右の部屋」にしましょうね。

気をつけるポイント

引っ越し挨拶で気をつけるポイントを紹介します。

◇いつまでに
できるだけ引っ越しの当日に行いましょう。
遅くても2~3日以内には挨拶に行きましょう。

 

◇時間帯
早朝や深夜はNGです。
常識の範囲内で考えましょう。

 

◇相手が留守の場合
一言メモを残しておきましょう。

大学生一人暮らしの引っ越し挨拶 大家さんにはどうする?

大家さんへは以前(昔)の常識通り、同じ建物やもしくは建物の近所に大家さんが住んでいる場合には、しっかり引っ越し挨拶を行いましょう。

 

しかし建物は管理会社が管理していて、大家さんが遠くに住んでいる場合は挨拶をする必要はないと言われていますが、念のため管理会社に大家さんへの挨拶について聞いてみる方が良いでしょう。

引っ越し挨拶する時の手土産の品物は?

引っ越し挨拶する時の手土産の品物は、あなたの地元の名物がおすすめです。
あまり気を使わせない、日持ちのするお菓子などが無難ですね。

金額の目安

引っ越し挨拶する時の手土産の品物は1,000円~2,000円程度の物を持っていくのが一般的です。

引越し挨拶する時間はいつ?

基本的には、平日の10時 ~ 18時の間が良いでしょう。
「日中の明るい時間帯」に行くようにしましょう。

土日の場合は、12時 ~ 18時の間が良いでしょう。
土日は仕事がお休みの方も多いので、あまり早くに伺っては失礼にあたります。

こちらの記事も参考にしてください。
引っ越しお知らせの転居ハガキは誰にいつまでに出す?文例と書き方ポイント

まとめ

一般的には、当たり前と思われている引っ越し挨拶ですが、大学生の一人暮らしの場合は、「してもいい。しなくてもいい。どちらでもいい。」です。

女子大生の場合は、「防犯」を最優先に考え、基本的に引っ越しの挨拶回りは「なし」にしましょう。

大家さんが近くに住んでいる場合には引っ越し挨拶をしましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
一人暮らしに洗濯機は必要?おすすめの容量と購入時の注意点は?
一人暮らし冷蔵庫のおすすめサイズは?値段の安いものや中古でもいい?

女性に限らず、男性も安全で安心な生活をおくるためにも、引越しの際は防犯対策を万全にしましょう。