ハワイでの結婚式に参列する場合どんな服装と靴を選んだら良いのか、全く見当がつかないと悩む人が女性も男性も少なくありません。

女性はムームーやハワイアンドレスにサンダル、男性はアロハシャツにデッキシューズがハワイの正装と言われています。

そこで、日本と全く環境が違う常夏の国、南の国での、ハワイの結婚式の参列者の女性、男性それぞれの服装や靴選びのポイントを具体的に紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ハワイ結婚式 参列者の服装 女性の場合

「日本で行う結婚式と同じで格好でもいいのかしら?」ハワイの結婚式に招待された場合、誰もが思うことではないでしょうか。

ハワイでの結婚式に参列する場合でも、日本で行う結婚式と同じ服装(日本式の正装)でももちろん大丈夫です。

 

しかし、日本と全く環境が違う常夏の国、南の国のハワイです。
想像してみましょう。

かなりの大汗をかいている自分の姿が目に浮かんできますよね。
キレイにメイクをしていても崩れること間違いなしです。

また、日本から参列するための衣装一式を持って行くとなると荷物は相当多くなり、シワになってしまう可能性があります。

 

そこで、せっかくハワイでの結婚式に参列するのですから「ハワイの正装」で出席するのをおすすめします。

ハワイの正装は女性の場合、「ムームー」や「ハワイアンドレス」です。

 

日本人の感覚からいうと、柄や色が派手だし、素材がコットンで「なんだかカジュアル過ぎて、それでいいの?」って感じちゃいますよね。
でも大丈夫、ハワイでは「ムームー」や「ハワイアンドレス」が正装で間違いありません。

 

「ムームー」や「ハワイアンドレス」だったら暑さ対策にも最適だし、何と言ってもハワイらしい服装を胸を張って堂々と着る機会って、そうそうあるものでもないから楽しいですよね。

また、ハワイに到着してから用意することが出来るので、荷物もかさばらないのでとっても楽です。

ハワイの正装 女性の場合の基本的な組み合わせ

ハワイの正装 女性の場合の基本的な組み合わせは次のようになります。

・ムームー または ハワイアンドレス

・バック

・アクセサリー

・ストールなど

ムームー または ハワイアンドレス

ムームーやハワイアンドレスは、どちらも華やかな色や大胆な柄でAラインのゆったりとしたドレスです。

 

なんと嬉しいことに、ショートミドルロング丈などさまざまな長さがあるのですが、どのスカート丈を選んでも正装として問題はありません。
このように年代を問わず楽に着ることができるのは最高ですね。

 

しかし日本と同様で、花嫁さんと同じ「白一色のムームーやハワイアンドレス」を着用することはNGです。

ただ、白いムームーやハワイアンドレスが気に入った場合、「白地に色のついた柄」が入ったものを選べば問題はありません

 

また、選ぶ人は少ないかも知れませんが、黒色のムームーやハワイアンドレスでも問題はないとのことです。

でも晴れの結婚式、ハワイでの結婚式なので、黒色を選ぶ場合は他のアクセサリー類で重たくなりすぎないようにコーディネートしましょう。

 

ここで気になるのがストッキングではないでしょうか?
日本の正装であったならベージュ色のストッキングは必ず着用です。

 

これもまた有難いことに、正装であってもムームーやハワイアンドレスの場合はストッキングは履かなくてもOKなのです。
でも、履いてはダメということではないので、素足に抵抗があったり、下半身は健康のために冷やしたくなかったり、当日天候が悪く肌寒いようなときには履いておきましょうね。

バッグ

ムームーやハワイアンドレスとのバランスを考えて、バッグは小さめのタイプが良いでしょう。
クラッチバッグでも、持ち手の付いたバッグでも、ショルダーバッグでもOKです。

 

ただ、フラワーシャワーや写真を撮ることで両手を使うことは必須なので、一番便利でおすすめなのは小さめのショルダーバッグです。

アクセサリー

ハワイの正装での一般的なアクセサリーは、レイ(首飾り)、シェルのネックレス、イヤリング、ピアスなどです。

 

飾りにはハワイらしく、ハイビスカスやプルメリアなどの髪留めをドレスの色や柄に合わせて選ぶと統一感がでて一層素敵です。

ストールなど

ストールやショール、カーディガンなどを用意しておくことをおすすめします。

 

一般的には、教会の中ではストールやショール、カーディガンを羽織ります。

ムームーやハワイアンドレスは胸元や肩が出るので、施設内にいる場合はクーラーの冷え対策に必要ですし、屋外に出た場合は日焼け対策には欠かせません。

ハワイ結婚式 参列者の服装 男性の場合

日本の結婚式同様、スーツで出席したい場合は、重い感じがしてしまう黒一色のスーツは控えたほうが良いでしょう。
着ているあなたも、またその姿を見る他のゲストも暑過ぎるでしょう。

 

そこで、スーツで参列したい場合は、少し明るい色を選びましょう。
日本では浮いてしまうような色でも、ハワイのあの青い大きな空には明るい色が似合うし不思議となじんじゃいます。

 

でも女性同様、せっかくハワイでの結婚式に参列するのですから「ハワイの正装」で出席するのをおすすめします。

男性の場合、ハワイの正装は「アロハシャツ」です。
女性と同じく暑さ対策にも最適ですし、スーツの上着のシワを気にしなくていいのは嬉しいですよね。

 

ズボンと靴だけ日本から用意して、ハワイに到着してからアロハだけ用意すればOKです。
荷物もかさばらないので気分的にも楽です。

ハワイの正装 男性の場合の基本的な組み合わせ

ハワイの正装 男性の場合の基本的な組み合わせは次のようになります。

・アロハシャツ

・綿パン または チノパン

・アクセサリー

アロハシャツ

アロハシャツは彩り鮮やかな薄手の開襟シャツで、トロピカルな柄や夏らしいデザインです。

 

襟の種類は2種類、スタンダードカラーとオープンカラーです。
どちらを選んでも正装として問題ありません。

 

◇スタンダードカラー
スタンダードカラーはビジネスシーンで多く着られているものです。
ワイシャツと同じ感じの襟ですが、一般的にアロハシャツの場合は一番上のボタンをあけて着ます。

 

◇オープンカラー
オープンカラーは襟を広げて首元を出したスタイルで、アロハシャツに最も多いデザインです。

 

柄も特に結婚式にふさわしい柄というのはないとのことなので、お好みのものを選んでOKです。

色も女性同様に黒色でも問題はありませんが、全体的に重たくなりすぎないようにコーディネイトしましょう。

ズボン

日本では、アロハシャツに合わせるズボンといったら、短パンといったイメージが強いですよね。

しかしハワイの正装では、短パンはNGですから注意しましょう。
長ズボンが一般的です。

 

夏用の明るいカラー(白、ベージュなど)のスラックスやチノパンを選びましょう。

また、ベルトは必ずしましょう。
ズボンとベルトはセットと考えてください。
ベルトの素材は革を選んでくださいね。

アクセサリー

男性の場合、アクセサリーはレイを付ける人が多いようです。

ハワイ結婚式の参列者 靴は何を履いたらいいの?

ハワイの正装(ムームーやハワイアンドレス、アロハシャツ)でハワイ結婚式に参列する場合、靴はどんな種類を選ぶのが正解なのでしょう。

 

ハワイの正装は日本の正装と比べると、カジュアルに見えるからといって、スニーカービーチサンダルなどを合わせるのはNGです。

結婚式ですから、きっちりとハワイの正装に合った靴選びをしましょう。

ハワイの正装に合う靴 女性の場合

女性の場合、靴はパンプスミュールサンダルから選びましょう。
日本の正装では、サンダルは好ましくないと言われていますが、ハワイではOKです。

 

ハワイでの結婚式はビーチや芝生を歩く場面が多いので、ヒールの高い靴を合わせるともちろんキレイには見えますが、ちょっときついかもしれないので動きやすさ優先で選びましょう。

 

基本的には、ヒールは低めのものが楽なのでおすすめです。

サンダルならハワイで調達できるので安心ですよ。

ハワイの正装に合う靴 男性の場合

男性の場合は、革靴サドルシューズデッキシューズなどを選びましょう。

 

アロハシャツに夏用の明るいカラー(白やベージュなど)のスラックスやチノパンを選んでいる場合は、白色または明るい色の革靴やサドルシューズ、デッキシューズを選びましょう。

 

ビーチや芝生を歩く場面が多いので、デッキシューズが動きやすくておすすめです。

また、底が少し厚めな物を選ぶと、砂も入りにくくなるのでさらに足は楽でしょう。

まとめ

ムームーやハワイアンドレス、アロハシャツを着る機会はそう滅多にありません。
ハワイでの結婚式に招待された際はぜひ、ハワイの正装で出席してみましょう。

ただ、一緒に結婚式に参列する方々と服装を合わせることは重要なので、参列する人たちで連絡を取り合いましょう。

⇨ エコノミークラス症候群の症状や予防 なりやすい人や注意するのは飛行機だけ?

結構な長旅になるので十分注意してください。