「結婚式に呼んでもいい?」と結婚式のお誘いがメールで届く場合があります。

招待されるほどの関係ではないのに、まして会場が遠方だったりしたら、出席するのは難しいですよね。

このようなお誘いには、どのような理由でお断りしたらいのか困ってしまいます。

また、お返事はいつまでに返信すのが良いのか、欠席時には電報を送った方がいいのか悩むことでしょう。

そこで、結婚式のメールのお誘いを断る理由や断り方のマナーについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

結婚式のメールのお誘いを断る理由と断り方

招待されるほどの関係ではないのに、結婚式の招待をメールでお誘いされた場合、どのような理由でお断りしたら良いのでしょう。

結婚式を欠席する理由には、感情的なことを相手に伝えないようにしましょう。

間違っても、「どうして私が呼ばれるの? それになんでメールなの?」などとメールで返信したらダメですよ。
今後の関係が崩れないように、上手くお断り(欠席)の返信をしましょう。

お断り(欠席)する理由

それでは、上手くお断り(欠席)するにはどのような理由したら良いのか紹介しますね。

ありがちな自分や家族の体調不良や親戚の不幸、仕事が忙しい、このような事を理由にするのはあまりおすすめできません。

自分や家族の体調不良や、親戚の不幸を理由で断るには、結婚式の日程が近づいた頃にお断りをすることになりますよね。
このような間近の欠席理由では、相手に非常に迷惑をかけてしまいます。

仕事を理由にするのも特別扱いされる条件にはなりません

 

そこで、相手に迷惑をかけない上手い断り方は、結婚式のような特別な日には、こちらも特別な日を理由にするのが良いでしょう。
冠婚葬祭を理由にするのが、相手を不快にさせずに済むお断りの一番良い方法です。

 

頂いたメールがもしも「結婚式に呼んでもいい?」という内容で、詳しい日程が記載されていなかった場合は、
まず、メールには「親戚の結婚式に呼ばれていて、もしかしたら親戚の結婚式と重なる可能性があるので日取りを教えて?」と返しましょう。

この時、「ご結婚が決まって良かったですね!おめでとうございます!」とお祝いの言葉を忘れないでくださいね。

日取りを教えてもらったら、「あいにくその日はやはり親戚の結婚式と重なっています。ごめんなさい。と返信メールを送りお断りましょう。

 

私は以前、趣味の仲間の結婚式を断ったことがありました。
その時の理由は、「同日に親戚の甥の結婚式かある。」でした。
実際同じ日に親戚の甥の結婚式があり、すでに招待状ももらい出席でハガキも出していました。

趣味の仲間も人はメールではありませんでしたが、仲間のいる前で「ごめんね。 残念だけど、同日に甥の結婚式かあるの。」と断った時、本人も、そこにいた仲間全員が「それは仕方ないわね。」と納得してくれました。

私の経験から断る理由には、「親戚の結婚式と重なってしまう。」が不自然でなく一番良いと思います。

結婚式のメールお誘いの断り方のマナー 断るのはいつまでにする?

メールで「結婚式に呼んでもいい?」と送られてきたということは、相手は招待状を出す前の下準備中なのでしょう。

あなたが「なんで私が呼ばれるの?」と思うくらいですから、新郎側と新婦側の人数合わせをしているのかもしれませんね。

 

もうあなたは断ると決めているのですよね。
そして、「親戚の結婚式と重なってしまう。」という方法で断るのですから、時間を空けずに早く断りましょう。

 

結婚式の準備はとても大変です。
その中で参加人数をが決まらないと先には進みません。

相手に迷惑をかけないようにすることは社会人として、大人として重要です。

あなたと相手の関係性がこれから先、スムーズにいくためにもなるべく早く連絡をしてあげましょう。

結婚式のメールのお誘いを断り欠席した時 電報はどうする?

結婚式に出席していれば3万円ほどのご祝儀を持って行ったはずですよね。

一般的に内訳は次のようになります。

・食事代   15,000円
・引き出物代 5,000円
・お祝い   10,000円

日ごろ親しい仲であれば1万円程度のお祝いを贈っても良いところだと思います。

 

しかし、そこまでの関係性ではないのであったら、結婚されるお二人に当日電報で、あなたからの「おめでとう!」の気持ちを伝えることをおすすめします。

 

結婚式の式場、または二次会の会場を、お断りのメール返信をする時、聞き忘れないようにしましょう。

メールで「ご結婚がきまり、おめでとうございます。」と返信したとは言え、やはりお断りしたままではなんだか寂しすぎますものね。

どんな電報がいいの?

電報にも次のようないろいろな種類があります。

・簡単な電報をであれば、1,000円 ~ 1,800円程度台紙での電報。

・今後のお付き合いを考えたら、2,5000円 ~ 3,000円程度の凝ったぬいぐるみやお花の電報。

・もっと予算を掛けるなら、4,000円 ~ の大ぶりな装飾用のバルーン電報。

 

ただ、ぬいぐるみやお花、バルーン電報は華やかで良いのですが、荷物になってしまいます。
結婚式当日、式場に荷物になってしまう電報を送るのマイナス点があるかもしれません。

最近は二次会をやるのが一般的になっているので、ぬいぐるみやお花、バルーン電報を送る場合は、二次会の会場に送るほうが会場の受付辺りに飾られて華やかになるので喜んでもらえるのではないでしょうか。

まとめ

「突然になんで結婚式のお誘いのメールが私に届くの?」とビックリすることがあるかもしれませんが、結婚式というお祝い事です。

お断りをするにも 、お祝いしたくても行くことができない状況にあるという理由にして、相手も自分もお互いが悪い雰囲気にならないように配慮しましょう。

 結婚式招待状の返信ハガキの書き方と訂正方法やメッセージ出席・欠席の文例

お断りのメールもなるべく早く返信し、相手に迷惑をかけることなく、あなたからの「おめでとう!」の気持ちを電報で伝えましょう。