引っ越し業者も決まり準備を進めて行くと、気になるのが当日作業をしてくれる作業員さんたちへの心付けやお礼の差し入れの心配です。

営業の人からは「作業員に対する心付けは一切不要です。」と言われているけれど、やっぱり必要なものなのではないのか、迷うという人がほとんどのようです。

また心付けやお礼の金額の相場はいくらくらいで、どんな形でいつ渡したらいいのかも悩んでしまいますよね。

そこで、引っ越し業者の作業員さんに対する心付けやお礼の差し入れなどの疑問について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

引っ越し業者の作業員さんにお礼や心付けは必要?

引っ越し当日の作業をしてくれる作業員さんたちに対して、お礼や心付けはどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

見積もり時に営業の人からは「作業員に対する心付けは一切不要です。」と言われても、周りから「心付けやお礼の差し入れは必要でしょ。」と言われるとそれもそうだよなと思う人は少なくありません。

はたして、引っ越し業者に心付けやお礼の差し入れは必要なのか紹介しますね。

 

基本的には「作業員さんに対する心付けやお礼」は必要ありません。

当日作業を担当する作業員さんへ渡すお礼や心づけは、昔からの習慣で定着していますが、現在は引越し料金にすべて含まれているので、作業員への心づけは必要ないとされています。

引っ越し業者の規定でも「心づけは不要です」と明記していたり、見積もりに来た営業マンから『作業員に対する心付けと称するチップは一切不要です。』と説明されることもあります。

また実際に、当日作業員の人に渡そうとしても受け取ってもらえない場合もあります。

まずは、お願いする引っ越し業者の規定に目を通してみましょう。

 

一般的に、心づけやお礼の差し入れを渡す派、渡さない派、ほぼ半分に分かれているようですが、これは引っ越しの内容でも変わるようです。

例えば、
単身者の引越しでは荷物の量が少なく、作業時間も短いので、何も渡さないという方が多いのかもしれません。
これがファミリーでの引っ越しになると荷物の量も多く、半日~1日の作業は当たり前になり、労いの気持ちをお金やお礼の差し入れといった形で表すのではないでしょうか。

 

ただ規定は規定として、やはりや大きな荷物を運んで大汗をかいて朝早くから働いてくれる作業員さんへ、「感謝の気持ち」として心付けを渡したり、お礼の差し入れすることをおすすめします。

心付けやお礼の差し入れをするメリット

それでは、作業員さんに心付けやお礼の差し入れをするメリットについて紹介しますね。

 

よろしくお願いします。」の気持ちを込めて心付けを渡したり、「お疲れさまです。」の気持ちから休憩時間に飲物などを差し入れすると、作業員さんとコミュニケーションが取りやすくなります

引っ越し作業では、大きな荷物を運んでもらうばかりでなく、必ず細かいお願い事も出てくるのです。
こんな時に、良好なコミュニケーションが取れたら、頼むほうも頼まれる方もお互い気持ちが良いですよね。

 

心付けを頂いた作業員さんは、その感謝の気持ちが嬉しく、「よし、ガンバロー!」とモチベーションが上がります

やはり人間ですから、心付を頂いて嫌な気持ちになる人はいませんよね。

 

引っ越しの作業はかなりの重労働です。
依頼者の荷物を嫌な顔もせず丁寧に慎重に運んでくれる作業員さんに、心付けを渡しても損はないと思います。

 

でも「、正規の引越しの料金を引っ越し業者支払い、作業員さんは引っ越し業者から給料をもらうのだから、仕事をするのは当たり前じゃないの?」と思う方は、お礼の気持ちをこめて飲みものの差し入れだけでもしてみませんか?

 

ただ、引っ越しのプロとして働いている作業員さんたち方は、心付けやお礼の差し入れなどもらわなくても、しっかりとした仕事をしてくれます。

引っ越し業者の作業員さんに渡す心付けやお礼の相場は?

では作業員さんへの心付けやお礼の差し入れはいくらぐらいなのか、金額の相場を紹介します。

正規の引っ越し代金を支払うのですから、心付けやお礼の差し入れとして大きな金額は渡す必要はありません。

心付けの場合

心付けの場合、1,000円未満では少なすぎますが、かといって1,000円以上では多すぎます。

ということは、作業員さん1人につき1,000円程度が良いでしょう。
タバコとジュース、それにちょっとした総菜パンやお菓子が買えるくらいで充分喜んでもらえます。

お礼の差し入れの場合

お礼の差し入れの場合は、引っ越しの仕事は汗をものすごくかくので、ペットボトルのお茶や缶コーヒーなどが喜ばれます。

昔はお昼のお弁当などを用意していたようですが、現代の作業員さんはお昼は自分で用意している場合がほとんどですので、お弁当を用意するのは避けましょう

要するに本当にちょっとした気持ちで充分なのです。

引っ越し業者の作業員さんに心付けやお礼の差し入れを渡すタイミングは?

では心付けやお礼の差し入れは、いつどのタイミングで渡すのが良いのか迷う方は多いようです。

心付けやお礼の差し入れはいつ渡しても良いという物ではありません。
ここで、というベストタイミンがあるので紹介しますね。

心付けのベストタイミング

心付け(現金)のベストタイミングは、作業員さんが引越し作業に入る前が良いですね。
到着したときにポチ袋に入れてスマートに渡しましょう。

 

このとき、現金を人数分まとめて一口にするのではなく、1人ずつ別々にポチ袋に入れて用意しておくことをおすすめします。

 

またリーダー格の方にすべて渡してしまうのではなく、作業してくれる人それぞれ作業員さん1人ずつに「今日はよろしくお願いします。」や、「お茶代にどうぞ。」などの言葉を添えて手渡しましょう。

お礼の差し入れのベストタイミング

お礼の差し入れ(飲み物など)のベストタイミングは、搬出が終わった後休憩の時にでもどうぞ」と渡したり、引っ越し作業が終わった後皆さんでどうぞ」と手渡すのが良いでしょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
新居での引っ越し挨拶回りはどこまで?挨拶の仕方や手土産の品物とのしの書き方
引っ越しお知らせの転居ハガキは誰にいつまでに出す?文例と書き方ポイント

まとめ

引っ越し業者の作業員さんへの心付けやお礼は、基本的には必要でないということですが、やはり労いの気持ちを表すのが良いと思います。

お金を渡すのが躊躇されるのであれば、労いの気持ちを込めて飲み物を渡してみてはいかがでしょうか。

良くしてもらった人には自分もその人に良くしてあげたいと思うのが人情ですよね。