施主はお葬式が終わった後も法事(四十九日、一周忌、三回忌・・・)を定期的に行うことになります。

準備も施主がすることになるのですが、どんな風に法事を進めていったらいいのか、皆さんんの前でどんな挨拶をしたらいいのか悩みますよね。

また、僧侶へのお布施のこともあって、弔事ってわからないことばかりですよね。

そこで、施主が法事を行う際の準備のポイント、進め方や施主の挨拶の例文、僧侶へのお布施について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

法事を行う施主が準備することは?

施主(せしゅ)って聞きなれない言葉ですよね。
通常の生活中で出てくることはほとんどありません。

それもそのはず施主とは、法事をとり行う主催者のことを言うのです。

 

一般的に法事をとり行う施主は、葬儀の喪主を務めた人あるいは故人に一番親しい人がなります。

法事はこの施主が中心となって、四十九日の場合は葬儀が終わったらすぐに、一周忌、三回忌と続く法事は2ヶ月くらい前から準備を始めます。

 

それでは、施主が法事を行う際の準備のポイントについて紹介します。

決める事、やる事がびっくりするほど多いので、漏れのないように準備をすすめて行きましょうね。

法事の2ヶ月位前に準備すること

◇法事を行う場所(お寺・自宅・墓前)や日程を決めましょう。

忌日(きにち)当日に法事が出来ない場合は、忌日より早目の土曜日や日曜日などの招待客が集まりやすい日が良いでしょう。

※忌日(きにち)とは
またまた聞きなれない言葉ですが、忌む(いむ)べき日のことで、故人の死亡した日です。
命日とも言います。

 

◇法事の日程が決まったらお寺へ連絡しましょう。

この時、当日慌てないようお布施卒塔婆料などの費用について、しっかり確認する必要があります。

 

◇法事の当日に会食する会場(会館・レストラン・ホテルなど)は招待客の人数を考えてを選びましょう。

 

引き物を決めましょう。

 

◇法事に招待する範囲を決定し、招待客のリストを作成しましょう。

 

◇会食のときに献杯をお願いする人を決めて打診しておきましょう。

 

◇法事の案内状を作成しましょう。

案内状を郵送するのが一般的ですが、近しい親戚のみで少人数の場合は電話連絡だけでもさしつかえありません。

 

◇法事の当日にお墓に納骨する場合は、石材店に手配を依頼しましょう。

戒名を彫刻する場合3週間程度の期間が必要の場合があるので気をつけましょうね。

法事の1ヶ月位前に準備すること

案内状を送付しましょう。

欠席の返事は2週間位前に届く様にお願いしましょう。

近しい親戚のみで少人数の場合に電話連絡だけで済ませる場合でも、会食時の料理や引き物の数を関係先に知らせる必要があるので、欠席の返事は2週間位前に欲しいですよね。
遅くとも2週間前までには電話連絡しましょう。

 

◇出欠の返事を見ながら出欠人数を確認し、料理の数や引き物の数などを関係先に連絡しましょう。

この時、料理の人数は何日前までなら変更出来るのか必ず確認しておきましょう。
中には後日、都合が悪くなったと連絡が入ることもまれにあります。

 

◇お寺からの会食場所への移動方法や最終人数の再確認をしておきましょう。

会食場所に送迎バスがあるかどうか、または送迎バスを手配する必要があるかどうかの確認が必要です。

 

◇法要の会場(お寺)と墓地が近い場合には、お経の後でお墓参りをするので、事前に墓地や墓石の掃除をしておきましょう。

法事前日にすること

法要会場(お寺)に持参する物のチェックをしましょう。

僧侶へのお布施、お供物、お花、位牌、遺影写真、引き物など、忘れ物はないか確認しておきましょう。

法要当日にすること

早めに会場に行ってお客様の到着を待ちましょう。

この時、前日にチェックした僧侶へのお布施、お供物、お花、位牌、遺影写真、引き物などを忘れないで持参しましょう。

施主の法事の進め方と挨拶の言葉は?

法要の進め方は僧侶の指示を仰ぐ

出席者一同が着席したら僧侶による読経が始まります。

僧侶の指示で出席者全員がお焼香をすませて、その後僧侶の法話を聞き、施主が僧侶へ挨拶をして法要は終了になります。

この後、出席者一同でお墓参りをしましょう。

施主の法事の進め方

法要が終了したら、最後に必ず会食を行います。

この会食のことを「お斎(おとき)」と呼び、会食には僧侶を招いて正客とします。

会食中の流れ

会食は故人を偲んで、出席してくださった方々と親交を深めるいい機会です。

会食中はただ単に食事をするだけでなく、あらかじめ次のような簡単なプログラムを組んでおくのが良いでしょう。

 

1.施主の挨拶のあと、献杯をお願いしていた人(代表者)に「献杯の音頭」をとってもらい食事を始めます。

献杯のときには拍手を控えるのがマナーです。

 

2.食事をしながら歓談している間に、施主は出席者の席を回りお酌をしながお礼の挨拶をします。

 

3.座が少し落ち着いたら代表者もしくは出席者全員に、故人の思い出や近況報告をひと言ずつ話してもらうと心温まる印象的な会食になります。

 

4.食事が終わる頃を見計らって施主が挨拶をし、最後に引き出物を渡して法事は終わりになります。

施主の挨拶の言葉は?

施主というなれない立場で挨の挨拶は緊張もするし何を話したらいいのか悩んでしまいますよね。

施主の挨拶の例文を紹介しますので、これで当日は落ち着いて挨拶ができるでしょう。

施主の挨拶例(会食の始め)

本日はご多忙の中を、亡き〇〇の一周忌にご出席いただきましてありがとうございます。
ご列席の皆さまに、遺族を代表しまして厚く御礼申し上げます。

故人もさぞ喜んでいることでございましょう。
粗餐ではございますが、〇〇の生前同様お酒なども充分めしあがっていただきますよう、お礼に添えてお願い申しあげます。

それでは◯◯さま、献杯をお願いいたします。

※このとき、施主は遺族たちの近況を織り交ぜながら挨拶をすると尚良いでしょう。

施主の挨拶例(会食の終わり)

皆さま、本日はご多忙のなかを最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。
まだまだ皆さまのお話をお聞きしたいところではございますが、そろそろお時間となりましたのでこれにてお開きにさせていただきたいと存じます。

これからも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いします。
本日は誠にありがとうございました。

法事に施主から僧侶に渡すお礼のお布施は?

僧侶へのお礼は、お経料として「お布施」を用意して法要が終わったあとに渡しましょう

お布施の金額はお寺に確認

お布施の相場は一般的に、30,000円 ~ 50,000円とも言われていますが、法要の規模や参加人数、お寺によっても違うので、お布施の金額は法事の日程をお寺に連絡する時に、しっかり金額を確認するのが良いでしょう。

 

ただ、お寺から金額を提示されず「お気持ちで・・・」と言われる場合もあるようです。
いくら包めばよいか困ってしまいますよね。
そのような場合は、悩む前に檀家の代表者に金額を尋ねちゃいましょう

僧侶が会食に出席できない場合

法要後の会食には僧侶を招いて正客としますが、僧侶が会食に出席できない場合もあります。

「御膳料」として5,000円 ~ 10,000円程度をお布施とは別に包みお渡しします

お布施の不祝儀袋

お布施は奉書紙で包むのが正式です。

しかし現在では、黒白または銀色の水引の不祝儀袋が一般的です。
地域によっては黄色と白の水引の不祝儀袋を使用します。

 

御膳料などは、水引が印刷された不祝儀袋か白い封筒にそれぞれ表書きをして使いましょう。

 

お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨ではっきりと書きます。

上段には「お布施」、下段には「名字」 を書きましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
法事や法要の日取り決めは友引でもいい?いつまでやるもの?
告別式や法事に数珠は必要?持ち方や選び方で色や種類に決まりはある?

まとめ

施主になると、法事の2ヶ月前くらいから準備をすることになり大変です。
しかし、人として一回り大きくなれる良いチャンスなのでやり切りましょう。

施主は法事当日は大変忙しく、ゆっくり挨拶を考えている時間はありません。
事前にしっかり挨拶文はまとめておきましょう。

ただ、忘れたら困るからといって、紙に書いたもの読み上げるのは参列者の方々に失礼にあたります。

本来、法事に絶対的な決まりないのですから、例文などを参考に出席者の方々に感謝の気持ちを表せば大丈夫です。