運動会に赤ちゃん連れで行く場合、授乳やおむつ替えはどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。
想像すればするほど大変に思えてくるでしょう。

また、赤ちゃんを長い時間屋外で過ごさせるのも気になるでしょう。
日焼け止めは必要でしょうか。
赤ちゃん連れの場合何が必要になるのでしょう。

そこで、運動会での赤ちゃんの授乳とおむつ替え場所、赤ちゃんの日焼け対策のポイントや注意点、持ち物リストについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

運動会に赤ちゃん連れの場合 授乳やおむつ替えはどうする?

運動会は、子供の成長した姿を見れる親にとっても楽しみな大イベントです。
赤ちゃんがいるから家で留守番しているなんてできませんよね。

でも、赤ちゃんの授乳やおむつ替えのことを考えるとどうしたらいいのか悩んでしまうお母さんは多いのではないでしょうか。

それでは運動会の際の、赤ちゃんの授乳とおむつ替えの心配をどのように解消したら良いのか紹介しますね。

保育園や幼稚園、学校に確認をする

保育園や幼稚園、学校に授乳とおむつ替えのスペースが用意されているか、確認することは絶対に必要です。

家庭に弟や妹がいる事はごく普通の事ですから、運動会に赤ちゃん連れで来るお母さんがいることを、保育園や幼稚園、学校側は想定しています。
想定しているので、ほとんどの園や学校側では授乳とおむつ替えのスペースは準備してくれているでしょう。

 

しかし当日、万が一授乳とおむつ替えスペースがなかったら大変ですよね。

事前の準備として、運動会の数週間前に赤ちゃんのための授乳やオムツ替えスペースがあるかどうかを、保育園や幼稚園、学校側に問い合わせておきましょう。

この問い合わせをする時、「授乳とおむつ替えのスペースを用意してくれてますか?」のような嫌みとも取られる強い言い方ではなく、「運動会に乳児を連れて行くのですが、授乳やオムツ替えのスペースは当日は何処になりますか?」とソフトに聞いてみましょう。

保育園や幼稚園、学校側に早めに問い合わせることがポイントです。

保育園や幼稚園、学校側が問い合わせがくるまで、授乳とおむつ替えのスペースを考えていなかったとしても、お母さんからの問い合わせがあったことで協議して、教室や体育館、保健室などを開放してくれることでしょう。

 

しかしこのようなことは、あくまで保育園や幼稚園、学校側のご好意です。

「乳とおむつ替えのスペースを作ってくれるのは当然でしょ!」ではなく、「とても助かりました、ありがとうございます。」の感謝の気持ちを忘れないでいたいですね。

運動会に赤ちゃん連れの場合 赤ちゃんの日焼け対策に日焼け止めは必要?

運動会の場合、通常のお出かけとは違います。
長時間に渡って外にいることになりますよね。

赤ちゃんであったら、尚更しっかりとした日差し対策が必要です。

日差しをよけることが一番大切なので、上の子供が競技に出場していない時は日陰や木陰を探して、できるだけ直射日光が当たらないように心がけます。

日焼け対策グッズを活用

次のような日焼け対策グッズをぜひとも活用しましょう。

日焼け止めクリーム
大人用の日焼け止めでは赤ちゃんには刺激が強すぎます。
必ず「ベビー用」を使いましょう。

帽子

日傘
周りの方々の迷惑にならないよう、最後尾で使用します。

赤ちゃんの日焼け止めクリーム使用時の注意点と選ぶポイント

注意点

デリケートな赤ちゃんには、石鹸で洗い流せる日焼け止めクリームを使用しましょう。
「ベビー用」の日焼け止めでも、ずっと塗りっぱなしにしておくのは赤ちゃんの皮膚には良くありません。

保育園や幼稚園、学校から帰宅したらすぐに日焼け止めクリームは石鹼で洗い流してあげましょう。

ベビー用 日焼け止めリームの落とし方

ガーゼのハンカチにお湯を染み込ませ、普段赤ちゃんが使っているベビー石鹸をよく泡立て、皮膚を優しく拭いて洗い流し、その後はベビークリームで保湿してあげましょう。

日焼け止めクリームを選ぶポイント

SPF・PAが高すぎない(SPF10~20、PA+~++)ものが良いでしょう。

100%天然由来成分で、合成紫外線吸収剤不使用のベビー用日焼け止めリームがおすすめです。
香りも強すぎないものがいいですね。

日焼け対策は赤ちゃんだけでなくお母さんもしっかり行いましょう。
⇒ 日焼け止めのSPF・PAの意味は?顔に塗る順番と効果的な塗り直し方

こちらの記事を参考にしてくださいね。

運動会に赤ちゃん連れの場合 必要な持ち物

まだ歩けない赤ちゃんの場合は、抱っこ紐を持参しベビーカーで連れて行くのが良いでしょう。

お父さんやお母さんが立って競技を観戦する時は、抱っこ紐を使い、それ以外の時はベビーカーで日陰や木陰を探し休憩しましょう。

何時間もの間、外で過ごすことになります。
日陰でベビーカーをユサユサ揺らして、赤ちゃんが眠ってくれたらラッキーですね。

赤ちゃんも家に居るよりは疲れるので、ぐずったり泣いたりしたらすぐさま抱っこしてあげましょう。

保冷剤をタオルに巻いて持って行って、おでこや首筋に当て体温調節してあげることも大切です。

そして、赤ちゃんは食べられませんが運動会にお弁当は忘れられません。
⇒ 運動会のお弁当は簡単で豪華に!前日の準備と詰め方のコツ

こちらの記事も読んて参考にしてください。

持ち物リスト

それでは、具体的に何を持って行ったらいいのか必要な持ち物を紹介します。
運動会といえば「晴天&日差し」が付き物なので、それらの対策グッズ中心の持ち物リストになります。

・帽子
・羽織もの
・タオル(汗拭き、日よけ、砂ぼこり対策に)
・抱っこ紐
・ベビーカー(狭い園庭では使えないかも)
・飲み物(水分補給)
・赤ちゃんのお気に入りのおもちゃ
・座布団または柔らかいクッション(赤ちゃんを座らせる時に便利)
・オムツと着替え一式(天候によって着替えの枚数を調整して)
・授乳ケープ
・レジャーシート
・おしぼりと消毒シート
・赤ちゃん用日焼け止めクリーム
・虫よけスプレー
・うちわ(暑さと虫よけ対策)
・暑さ対策の保冷剤(ガーゼのハンカチやタオルなどで包んで)
カンガルー保冷剤はおすすめです。
冷蔵庫で冷やしてベビーカーにセットするだけで、適温を維持してくれます。
車のチャイルドシートにも使えますよ。
夏のドライブの時だけでなく、レンジで温めれば寒い季節の保温にも使えます。

まとめ

赤ちゃん連れの運動会は、事前準備が重要になります。

保育園や幼稚園、学校側に授乳やおむつ替えのスペースの確認と赤ちゃんの日焼け止め対策、水分補給の準備を忘れずにしましょうね。

これさえ押さえておけば、当日は慌てる事なく気持ちに余裕を持って行動できます。

お父さんやお母さんも、競技を見るのに夢中になり過ぎて水分不足にならないよう、しっかり水分補給してくださいね。

父兄競技に参加した翌日以降のやって来るのが筋肉痛です。
⇒ 筋肉痛の原因や完治するまでの日数と早く治すためにできる事は?

こちらも読んで対策してください。