運動会で親が子供の成長した姿を見れるのはとっても楽しみですよね。

そんな子供の運動会に親はどのような服装や髪型をしたらいいのでしょう。

また、親子で一緒に競技に参加する場合、服装はどのようなことに注意したら良いのでしょう。

そこで、お父さんやお母さんの悩みである運動会での親の服装や髪型、親子競技に参加する場合の服装について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

運動会での親の服装は?

運動会にどのような服装で出かけて行ったらいいのか、初めての場合は悩んでしまいますよね。

やはり、一大イベントの運動会だからおしゃれした方がいいのか、それともあまり目立たない服装の方がいいのか、やっぱりパンツスタイルが主流?スカートでは場違いと思われてしまうのか等々、考えたらきりがありません。

それでは、運動会での親の服装について紹介します。

運動会での親の服装のポイント

運動会での親の服装のポイントは次の3つです。

動きやすい
汚れてもいい
露出のない

なぜ、動きやすく、汚れてもOKな露出度のない服装が良いのでしょう。

それは、子供の頑張っている姿、成長した姿を写真で撮ったり、ビデオ撮影を予定してる家庭は大多数です。
お父さんもお母さんも撮影の度に立ったり、しゃがんだり、ベストポジションを取るために右へ左へ走ったり、もしかしたらしりもちをついちゃうことだってあるかもしれないからです。

このようなことからもこの3つが重要なのです。

ボトムス

ボトムスは、パンツスタイルが絶対的におすすめです。

デニムパンツやチノパン、スエットパンツも動きやすくて良いですね。

特に最近のスエットパンツはとってもおしゃれですね。
スエットがおしゃれというくくりに入るなんて昔では到底考えられなかったことです。
間違ってもスエットだからと昔のパジャマのようなスエットパンツはNGですよ。

 

ただ、パンツスタイルでも、バギーパンツの様な裾が広いデザインや、とってもおしゃれで素敵な白色のパンツはおすすめできません。

裾が広いパンツでは、何かの拍子にどこかに引っかかり転倒しちゃう可能性があります。

また、白色のおしゃれなパンツでは、運動会は運動場でやるので砂ぼこりや泥が思っている以上にすごいので、汚れること100%です。
汚れたらまずいものや、汚れたら落ち込むような服装はやめておきましょう。

汚れても後で洗濯すればキレイに落ちる素材だったり、そもそも汚れが目立たない色味のパンツがおすすめです。

 

それと、ローライズのデニムなども、立ったりしゃがんだりすることが多い運動会には、露出度の面から考えても不向きです。

トップス

トップスは、Tシャツやポロシャツに、シャツやパーカーを羽織るのがおすすめです。

大きく胸元や肩が開いているブラウスやニットシャツなどは、動いた拍子に下着が見えてしまう可能性があるので控えましょう。

パンツ同様に、汚れても後で洗濯できるの素材が一番です。

 

そして、運動会時期の天候は朝と午後では気温の差が激しいですよ。
朝は天気が良くても、午後から急に風など吹いてきて段々肌寒くなったり、かと思えば朝は曇っていたのに、午後から急に日差しが強くなったりと変化しやすいのです。

そこで、体温調整と紫外線対策を兼ねて、羽織れる服(カーディガンやパーカー)は必要です。

運動会で控えた方がいい親の服装

スカートスタイルは?

普段スカートスタイルのお母さんであっても、運動会ではワンピースやスカートは控えておくのが無難です。
下にレギンスなどを履いていたとしてもおすすめできません。

それでもというのであれば、若いお母さんでしたら、ショートパンツにレギンスで大丈夫かな? と思います。

ジャージファッションは?

ではジャージでは?
ジャージは確かに動きやすいし、汚れたって大丈夫、肌の露出もないですよね。

だとしても、上下ともフルジャージファッションは控えておくのが無難です。

運動会でジャージ姿の大人は先生と、役員さんの用具出し係になった人というイメージが強いですよね。
職員に間違われちゃうかもしれません。

それでも、カラフルな可愛いジャージは子供がママを見つけやすいですし、スポーティで爽やかな印象があるので、上だけジャージにするのはいい選択かもしれませんね。

シューズ

シューズはもちろん、動きやすいシューズにしましょう。
サンダルやパンプスはNGです。

運動会には、スニーカーやスリッポン、デッキシューズのような動きやすいシューズおすすめです。

そして、靴擦れ予防のためにも靴下は絶対履くようにしましょう。

素足にスニーカーやスリッポンは見た目にはとてもおしゃれですが、靴擦れになったら歩くのさえ憂鬱になって子供と一緒に楽しめませんよ。

 

運動会の時期はまだまだ暑い日もあったり、風が冷たく感じることもあったりで、半袖も涼しくて良いけど「日焼けが気になる。」、風が吹いてくると「何だか冷えちゃった。」と、お母さんはいろいろたいへんです。

パンツスタイルをオシャレに着こなし、紫外線もカットして日焼け対策もして、冷え対策できる服装、さらには子供にも見つけやすい明るい色のトップス持ってきたお母さんになれたら素敵ですね。

⇒ 日焼け止めのSPF・PAの意味は?顔に塗る順番と効果的な塗り直し方

こちらも読んで日焼け対策の参考にしてください。

運動会は子供が主役ですが、子供からお母さんカッコいいと言われちゃうくらいお母さんも頑張ってみましょう。

運動会でお母さんの髪型は?

運動会での服装が決まったらあとは髪型ですね。

よほどボサボサ頭でない限り、特別にセットしたり美容院に行く必要はありません。

いつも通りでOKです。

昔のお母さんと最近のお母さんは違います。
最近のお母さんはいつもきれいにしていて素敵なので、髪の毛が長いのであればポニーテールお団子ヘアーもいいですね。
バレッタやシュシュで華やかさを出すのもいいでしょう。

ただ、ここで注意したいのが首を日焼けです。

髪をアップにすると、首は無防備です。
運動会の時期は紫外線が強く気がつけば焼けていたなんてことになりかねません。

後で後悔はしたくないので、アップスタイルにした時は、日焼け止めクリームは顔や腕だけでなく忘れずに首にも塗りましょう。
ストールを巻いたり、タオルを首にかけたり、首の日焼け対策は万全にしましょう。

 

キャップやキャスケットなどの帽子を被る時は、髪の毛をおろさないとうまく被れませんよね。
その時は、髪は下の位置でしばり毛先をカーラーで巻いてウエーブを出すのがかわいいです。
帽子は髪の毛がペタンとつぶれてしまうので、暑くても脱げないと言う欠点がありますが、髪をしばってしてしまえば帽子を脱いでも大丈夫です。

運動会の親子競技に参加する場合の服装は?

子供と一緒に参加する親子競技があると、親の姿も確実に写真やビデオに残るので、おしゃれをしたいと思ってしまうかもしれませんね。

しかし運動会ですから、動きやすい服、汚れてもいい服、露出のない服が基本です。

おしゃれしすぎて動けなかったら本末転倒です。

親子競技に参加する場合の服装も前述した服装でOKです。
問題ありません。

親子競技に参加 お父さんの服装の注意ポイント

親子競技ではお父さんの出番が多いですよね。
それでは、親子競技に参加するお父さんの服装の注意ポイントを紹介します。

お父さんには活躍してほしいし、おしゃれな父親に見られたいのではないでしょうか。

しかし、あまりピタッとしたパンツを履かないことです。
どんな競技が用意されているかわかりませんが、動きやすいものを選びましょう。

ピタッとしたパンツは、動きやすそうに思われがちですがそうでもないんですよ。

たとえば、父兄の参加競技に三輪車乗り競争などがあります。
三輪車を漕いでいくうちに、スリムなパンツが下がってきてしまい下着丸見えになったり、窮屈すぎて膝が曲がらず苦戦したり、他人ごとだったら笑えますが我が家のお父さんだったらつらいですよね。

下着丸見えになったりしたら、おしゃれしても台無しです。

やはり、ジーンズやチノパンが運動会なら浮かないし動きやすいのでおすすめです。

まとめ

運動会での親の服装のポイントは3つです。

動きやすい服、汚れてもいい服、露出のない服、これさえ押さえておけば間違いありません。

お子さんの一生懸命頑張っている姿をしっかり心に焼き付けてきてください。

またお父さんやお母さんの運動会翌日以降の筋肉痛には、
⇒ 筋肉痛の原因や完治するまでの日数と早く治すためにできる事は?

こちらを読んで対策してください。