お正月の書き初めは日本の伝統文化です。

しかし、大人になった今も書き初めの由来や意味がわからないと言う方は多いのではないでしょうか。

また、小学生の冬休みの宿題にもなる書き初めにどんな言葉を選んだら良いのか、うまく書かせるにはどう教えてあげたらいいのかわからない親も少なくないでしょう。

そこで、書き初めの由来や意味、小学生におすすめの言葉、うまく書くコツと練習方法を紹介します。

参考になれれば幸いです

では本題に入りましょう。

書き初めの由来や意味

小学生の子供にも書き初めの由来と意味を話してあげることで、冬休みの宿題になぜ書き初めがあるのかを理解させることが出来るでしょう。

子供たちも、どうしてこんなに寒いのにこたつから出て、書初めを書かなくちゃいけないの?
面倒でイヤ。
書初めなんで宿題になければいいのに。
と思っている子どもは多いのではないでしょうか。

書き初めの由来や意味が理解出来れば、自ずとやる気になってくれるかもしれません。

書き初めの由来

書初めは、宮中と一部の文人の偉い人の行事から始まりました。

ですが、江戸時代に入り寺子屋の普及で庶民にも勉強することが広まりました。
そして、文字が一般に普及していくにつれて文字を書く風習が広まり、書道はとっても大事な学習だとされていくのです。

明治になると学校の授業で習字が必須となり、一般にも「書き初め」が広まります。

 

書き初めを行うのは毎年1月2日です。
この日1月2日には、深い意味が込められいます。

1月2日は「仕事始め」です。
農家では作物を作り始め、商家では初荷を出していました。

 

この仕事始めのしきたりに習って、元旦の朝にその年に初めて井戸からくんだ水を使って墨をすり、恵方に向かって文字や詩歌、四字熟語を書いて(書き初め)神棚や神前に納めたり、恵方の方角に貼ったりするのが恒例になっていくのです。

書き初めをする意味

書き初めは、今年一年の抱負や意気込みを文字に書くことで、新しい年が良い年になるようにと願いを込めます。

また、新しい年に文字を書いて神様に納めることで、文字がきれいに書けるようになる事を願ったのです。

 

この書初めで書いたものは、1月11日に行われるどんど焼きの火で燃やし、炎が高く燃え上がることで書き初めに書いた抱負が叶い、書道が上達すると言われているのです。

書き初めで書く小学生におすすめの言葉

子供と一緒に、言葉の意味を考えながら選んでみましょう。
子供と一緒に言葉を選ぶこの時に、書き初めの由来や書き初めを書く意味をもう一度確認し、言葉の意味を考えながら選ぶことで、「宿題だからただ書く」というものではなくなりますよね。

新年早々、親子のいいコミュニケーションになるでしょう。
それでは、各学年ごとにおすすめの文字を紹介します。

小学校1年生、2年生でおすすめの言葉

二文字

・そら

・ゆめ

・はる

・もち

・つる

・いぬ(その年の干支)

三文字

・ひので

・あさひ

・こころ

・ゆうき

・みらい

・げんき

・ひつじ(その年の干支)

小学校年生、4年生でおすすめの言葉

漢字二文字

・新春

・希望

・元気

・前進

・笑顔

・未来

漢字が入って三文字

・お年玉

・春の光

・広い空

・春かぜ

・友だち

・強い力

漢字が入って四文字

・雪だるま

・新しい年

・つよい心

・元気な子

・わかい力

・うめの花

小学校5年生、6年生でおすすめの言葉

四文字熟語

・謹賀新年

・笑顔満開

・有言実行

・一期一会

・春夏秋冬

・一心不乱

書き初めをうまく書くコツと練習方法

子供と一緒に相談しながら書き初めで書く文字が決まったら、「さぁー、書きなさい。」ではいつもの「宿題だからただ書く」になってしまいますよね。

子供にうまく書くコツを教えてあげましょう。
しかし、うまく書くコツを教えてあげてもそれだけではダメですね。

練習が必要です。
練習方法も紹介するので、子供がしっかりコツを掴み頑張って練習できるように、今年は親も一緒に書初めうを楽しんでみましょう。

書き初めをうまく書くコツ

書き初めをうまく書くコツは、まずは書き方をしっかりとイメージする為に、お手本をじっくりよく見ます
ここで、線の長さ、太さ、筆の入り方、はねや払いの向き、位置などを頭の中に入れ込むのです。

 

そして、半紙のサイズとお手本の文字数に合わせた筆サイズを使います。
大きい文字(一文字、二文字)を書く場合には太めの筆を選んだり、画数が多い文字の時には少し細めの筆を選ぶと、半紙に書いた文字がにじんだりしても意外ときれいに仕上がってくれます。

 

また、筆が不自然にかすれないように、一角書き終わったら墨をつけてしっかり筆を整えます。
ただし、墨のつけ過ぎでにじまないように気をつけて、筆に墨をつけたらすずりのしきりの部分で筆を丁寧にしごいて筆先を整えます。

 

筆はまっすぐに持ちます。

 

一文字一文字、おさえ、止め、払えをすることできれいに仕上がります。

 

書き初めは、なんといっても全体のバランスもとっても大切です。
特にひらがなと漢字が入っている言葉は、ひらがなは漢字より少し小さく書くことでバランスが良くなります。

 

書き順を守って大胆にリズム良く書くことも重要です。

 

紙の幅をいっぱいに使って元気よく書いてみましょう。

 

ただ、名前を書くことを考えてくださいね。
名前もとても大切なので、お手本と同じ位置から書き始めて、等間隔で書きましょう。

書き初めをうまく書くための練習方法

簡単にうまくなる練習の仕方は、手本の文字を実際に書く大きさに拡大コピーして、まずは上から文字をなぞるやり方です。

何回かなぞってコツが掴めてきたら、半紙に練習するまえに新聞紙などで練習しましょう。
この時点で半紙に書き始めるのはまだ早いのです。

 

バランスをとるのが難しいので、半紙の大きさと同じにした新聞紙を言葉の文字数に合わせて横に折り、文字の中心を決めるために縦に折り、この折った線を参考にバランスをとる練習をするのです。

 

まずは1文字ずつ練習をして、バランスが取れるようになったら、全体の言葉のバランスが取れるように練習します。

 

そして、自信がでてきたら実際に半紙を使って書いてみましょう。

 

この方法で絶対これでうまく書けるはずですよ。

まとめ

書初めには、今年一年の抱負や意気込みを文字に書くことで、新しい年が良い年になるようにと願いを込め、新しい年に文字を書いて神様に納めることで、文字がきれいに書けるようになる事を願うという意味があります。

子供には、書き初めの由来や意味から教えてあげると、今年の書き初め宿題は苦労することなく楽しんでできるようになるのではないでしょうか。

こちらの記事も参考にしてください。
どんど焼の意味や由来 何を焼くの?団子の作り方や食べ方

筆は使うのは大人でも難しいですよね。
子供はなかなかうまく書けないかもしれませんが、頑張っていることを褒めてあげて、親は根気よく見守ってあげましょう。