「初詣に行ったらおみくじを引く。」こう決めている方は多いですよね。

しかし、おみくじを引く時の正しいやり方や、縁起の良い順番やその意味をわかっている方は少ないようです。

また、「ところで、おみくじは当たるものなの?」と疑問に感じている方も中にはいます。

引いた後は神社やお寺に結ぶのか、家に持ち帰るのかも悩みどころです。

おみくじって身近なようで、知られていないことはたくさんあるんですね。

そこで、おみくじをもっと楽しむための正しい作法や知識を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初詣でおみくじを引く時の正しい作法

初詣の参拝の時に、「今年の運勢はどうかな?」という思いでおみくじを引いている人がほとんどではないでしょうか。

しかし、おみくじは「今年の運勢」ではなく、引いた時の「今の運勢」を見るものなのです。
だから、初詣の参拝の時に限ったものではないので、今の自分の運勢を知りたいとか、何かアドバイスがほしい時にも引いてみることをおすすめします。

 

また、初詣の参拝のついでに「運試しに引いてみようかな?」と軽い気持ちでおみくじを引く人も多いかもしれませんが、元々おみくじは神社で神様の神意を判断する手段として行われてきたのです。
だから、おみくじを引く時は参拝する時と同様に、真摯な気持ちで神様と向かい合いましょう

 

では、具体的におみくじの正しい引き方を紹介します。

御神慮(ごしんりょ)を仰ぐおみくじ引くのですから、必ず拝殿で神様へのご挨拶(参拝)をしてからにしましょう。
決して参拝より先に、おみくじを引いてはいけません。

その場の神様仏様のお力を借りるわけですから、敬意を表しましょう。

そしておみくじを引く時は、雑念を捨てきちんと手を合わせ、願い事や神様仏様に伺いたいことを明確に思い浮かべながら、謙虚な気持ちでおみくじを引きましょう。

 

そしてここが大切です。
どのような結果が出ても、真摯な気持ちで受け取りましょう。

表面的な吉凶だけに囚われないことが大切です。

引いたおみくじに書かれている内容を読み、願望成就のために自らの行動を振り返ることが重要なのです。

おみくじの縁起のいい順番 ほんとうに当たるの?

おみくじの吉凶は、全国どこの神社やお寺でも全て同じで決まっているというものではありません
取り扱う神社やお寺によって吉凶の種類は異なります

おみくじ 縁起のいい順番

おみくじの基本の順番を紹介します。

7段階のおみくじ

7段階のおみくじの縁起の良い順番は次のようになります。

大吉 > 中吉 > 小吉 > 吉 > 末吉 > 凶 > 大凶

12段階のおみくじ

最近のおみくじはさらに細分化され12段階になっているところもあります。

12段階のおみくじの縁起の良い順番は次のようになります。

大吉 > 中吉 > 小吉 > 吉 > 半吉 > 小吉 > 末小吉 > 凶 > 小凶 > 半凶 > 末凶 > 大凶

うゎぁー!
おみくじの種類がこんなにあるなんてビックリですよね。
細分化され過ぎていて覚えるのが大変です。

 

ちなみに、一番縁起がいいとされる大吉が含まれている確率は、平均で20%ほどとされています。
思ったよりも意外と確率が低くないのにはびっくりです。

しかしおみくじを引いた結果、「大吉」や「吉」などがでなかった場合でも、気にすることはありません。

本来おみくじは、このような順番よりもそこに書かれている「運勢の説明」に大切な意味があるからです。

おみくじはほんとうに当たるの?

おみくじは元々、神社で神様の神意を判断する手段として行われてきたものです。
だから私たちが遊び感覚で、当たる、当たらない、というようなものではないのです。

おみくじの種類を何段階にするか、比率をどのくらいにするかは、その神社や寺院で自由に決めらます。

 

また、初詣の時期だけは凶を無くしたりする神社もある一方で、東京の浅草寺のように凶の比率が3割という多いところもあるのです。
なぜなのか、それはどうしてなのかというと、凶を多くして厄をお寺に落としていってもらおうという意図があるそうですよ。

 

また、東京の明治神宮のおみくじは、吉凶のないのが特徴です。
吉凶が書かれていないおみくじって? なんだか不思議ですよね。

 

明治神宮のおみくじ内容は、明治天皇や明憲皇太后の和歌から選ばれた一句とその解説が書いてあるのです。
それは、これから私たちがどのように過ごすべきかを説いているのです。

 

これからもわかるように、おみくじを引いたときに大切なのは、「吉凶」でもその「順番」でもないんですね。
そこに書かれている「運勢の説明」や神様からのアドバイスに意味があって、私たちが今後どのようにしたら運勢を良くすることが出来るかを真摯に受け止め、アドバイスを謙虚に実行することなのです。

おみくじとの付き合い方

・縁起の良いものを引いたら、油断せず謙虚な気持ちを忘れずにさらに頑張りましょう。

・縁起の悪いものを引いたら、気持ちを引き締めて、真摯に反省してもっと頑張りましょう。

大凶」など引いたら時は、引いた今が最悪ということで前向きにこれからは運勢は上がると読み取りましょう。

初詣で引いたおみくじはそこで結ぶ? 家に持ち帰る?

一般的に、「凶」など縁起の悪いものを引いた時はそこで結んで帰り、「大吉」のように縁起の良いものを引いた時は記念に持ち帰る人が多いようです。

 

どうすることかが良いのか紹介します。

それぞれの神社やお寺によって見解が違うため、特にこうしなさいとは決まっていないようです。

ですが、おみくじには「吉凶」だけでなく、運勢の説明や願い事の成就に必要な神様からのアドバイスが詳しく書かれているので、願い事が成就する日まで、財布などに入れて持ち歩くのが望ましいのではないでしょうか。

持ち帰ったおみくじは願い事が成就したら、おみくじを引いた神社にお礼の気持ちを込めて参拝しお返しするのです。

しかし旅行先で引いた場合は、遠方のためお礼の気持ちを込めて参拝しお返し遠方で引いた場合もありますよね。
そのような場合は、近くの神社に納めさせてもらいましょう。

 

ただ、どうしてもおみくじを家に持ち帰りたくないという時もあるでしょう。
その場合には、境内の決められた場所におみくじを結び奉納しましょう。

 

ちなみに、おみくじを結ぶという習慣は江戸時代に始まりました。
「縁結び」にかけて、恋愛に悩んだ多くの人々が境内の樹木におみくじを結んだのが由来しているのです。

まとめ

日本人にとってとても馴染み深い「おみくじ。」

今年の初詣は、おみくじのことをよく理解した上でおみくじを引くことができますね。

おみくじを引く時は雑念を捨て、きちんと手を合わせ、願い事や神様仏様に伺いたいことを明確に思い浮かべながら、謙虚な気持ちでおみくじを引きましょう。

「吉凶」に囚われないで、運勢の説明や願い事の成就に必要な神様からのアドバイスを素直に受け取りましょう。