お正月には初詣を楽しむ方が多いですよね。

しかし毎年、お賽銭や願い事のことでどうしたらいいんだろう? と悩んだり迷ったりしている方は多いようです。

そもそもお賽銭の意味は何なのでしょう。

いつも迷いながら小銭をお賽銭箱に入れているけど、本当はどれくらいお供えしたら良いのでしょう。

また、願い事をお願いする願掛けはどのようにしたら良いのでしょう。

そこで、初詣にお供えするお賽銭の意味や縁起がいいとされる金額、開運を呼ぶ願い事のやり方について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初詣のお賽銭の意味

神社にお参りに行くという風習は、世間にお金が流通しはじめた時代に始まり、少しずつお金がお供えされるようになってきたと言われていて、江戸時代の頃にお賽銭箱が置かれるようになったようです。
もともとは「お米が収穫出来てありがとうございます。」という感謝を込めて、お米をお供えしていたのです。

 

お賽銭は、「お願いを聞いてもらう。」「願いを叶えてもらう。」そのためにお供えするものではなくて、日々の感謝の気持ちを形にしたものなのです。

 

このようなことからお賽銭の意味は、神様や仏様に祈願成就(きがんじょうじゅ)のお礼や、今こうして無事に生活していること、良いことがあったことへの感謝の気持ちをお賽銭と言う形にしてお供えするものです。

 

神様や仏様に、お願いを聞いてもらうためのお金ではないということです。
だから、「お賽銭の金額が高ければ高いほどお願いを聞いてもらえる。」という考え方を持っているとしたら、それはちょっと違うようですね。

まずはお賽銭をお供えして、神様や仏様からいただいた幸福に感謝してから、お願い事を聞いていただきましょう。

初詣に縁起のいいお賽銭の金額はいくら?

お賽銭これが正しいという金額はありません。

前述したとおり、神様や仏様に対しての感謝する気持ち(感謝料)なので、あなたがそのときにお供えしたいと思った金額が一番良いのです。
あくまでも気持ちが大事なのです。

縁起のいいお賽銭の金額

でも、少しでも縁起のいい金額をお賽銭でお供えしたいと誰でも思いますよね。

そこで、あくまでも気持ちが大事なのですが、縁起のいいお賽銭の金額を紹介します。

一般的に知られているのは5円玉ですね。
その5円玉の数を増やしていくことで、このような縁起のいい意味になっていきますよ。

1枚(5円)
ご縁がありますように

 

・2枚(10円) 2枚の五円玉を重ねることで
重ね重ねご縁がありますように

※ネガティブに「ご縁が遠のく」という考え方もある。

 

・3枚(15円)
十分ご縁がありますように

 

・4枚(20円) 4枚の五円玉
よいご縁がありますように

 

5枚(25円)
二重にご縁がありますように

 

・6枚(30円) 6という数字が使われる「六角形」に安定と調和をもたらす意味があるので
安定と調和のとれたご縁がありますように

 

・7枚(35円)
再三ご縁がありますように

※ ネガティブに「散々なご縁にあってしまう」という考え方もある。

 

・8枚(40円) 8という数字に末広がりの意味があるので
末広にご縁がありますように

 

・9枚(45円)
終始ご縁がありますように

 

・10枚(50円)
五重の縁がありますように(この場合は50円玉一枚を使うことが多い)

 

・11枚(55円)
お賽銭を午後(ごご)に投げるとご縁がある

 

・17枚(85円)
矢継ぎ早にご縁をうけられる

 

・21枚(105円)
十分にご縁がありますように

※ ネガティブに「当分ご縁がない」という考え方もある。

 

・23枚(115円)
いいご縁がありますように

 

・25枚(125円)
十二分にご縁がありますように

 

全てが5円玉でなくても、50円玉や100円玉を使ってもOKだと言われています。
それを聞いてホッとしました。
全部5円玉だとしたら、かさばるし重いし大変なことになっちゃいますよね。

ただ、10円玉は「遠縁」縁から遠ざかってしまうと言われているので避けたほうが良いかもしれませんね。

初詣での開運を呼ぶ願い事のやり方は?

個人で神社でお祓いのお願いをしたときのことを思い出してみましょう。
お祓いをお願いした人の名前と住所を、神主さんが読み上げていますよね。

確かに先日、孫の七五三で神社に行った時も名前や年齢住所を読み上げていました。

神様に認識していただきましょう

このようなことから初詣のお願い事も、
まず最初に、自分の「住所」どこに住む、「生年月日」いつ生まれの、「名前」だれです、をきちんと心の中で言い、神様にあなたのことを認識していただきましょう。

強い意志や熱い想いを神様に見ていただきましょう

次に、お願い事です。
このお願いごとのの言い方ですが、気をつけたいのはただお願いだけしてもだめということです。

自分はこのように努力します。」ということをまず言いましょう。
何の努力もしないで、「願いを叶えて」というのは虫が良すぎますよね。
自分がどのように努力するのかを誓い、誠意を見せてから、神様によりよく開運していただけるようにお願いするのです。

例えば

「今年は結婚したいので自分を磨き、人との交流も積極的に心がけますので、ぜひ良い相手との出会いをお願いします。」

「仕事のスキルをあげるために一層努力しますので、どうぞ昇進試験がうまくいきますようよろしくお願いします。」

 

このようにあなたの強い意志や熱い想いを神様に見ていただきましょう。

あなたの努力と神様のお力添えできっと願いは叶うことでしょう。

まとめ

お賽銭は「願い事料」ではありません。
神様や仏様にたいする祈願成就(きがんじょうじゅ)のお礼や、今こうして無事に生活していること、良いことがあったことへの感謝の気持ちを形にした「感謝料」です。

お賽銭の金額は、あなたがそのときに供えたいと思った金額でいいのです。
ただ、縁起がいいとされている金額もあるので、今年はあなたの気持ちにあった金額を選んで、さらに初詣を楽しいものにしてみましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
初詣の神社とお寺との違いは?参拝場所の選び方と参拝方法

神社とお寺では参拝方法が違うので、参拝前にはしっかり確認しましょうね。