日本人にとって、新年に初詣はつきものですね。

しかし、初詣に行く意味や由来はわかっていないと言う方は多いのではないでしょうか。

初詣はいつまでに行くのが正解なのでしょう。
また、喪中の場合はどうしたら良いのでしょう。

そこで、初詣の意味や由来、いつまでに行くものなのか、喪中の場合はどうしたら良いのか紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初詣に行く意味や由来

せっかく初詣に行くのですから、初詣の意味や由来をわかった上で参拝したいですよね。

わかった上で参拝した方がご利益があるような気がしませんか?

初詣に行く意味

初詣とは、年が明けてから初めて神社やお寺などに、過ごした一年への感謝と迎える新年の無事を祈願し参拝する行事のことです。

初参・初参り(はつまいり)ともいわれています。

ちなみに、
大晦日の夜のお参りは「除夜詣」といいますよ。

初詣の由来

元は「年籠り(としごもり)」という行事が、後年に変化したものだといわれています。

日本には古くから年籠りという風習がありました。

年籠りとは

年籠りは、一家の長である「家長」と呼ばれる人が、新しい年の家内安全や豊作を祈るために、大晦日の夜から元旦の朝にかけて地元の氏神様の祀られている神社に籠り祈願する行事でした。
大晦日の夜から籠るのは、過ごした一年への感謝の意味もあります。

 

いつしか、大晦日の夜に詣でる「除夜詣(じょやもうで)」と、元日の朝に詣でる「元日詣(がんじつもうで)」に分かれ、この中の「元日詣」が今日の初詣の原形になったとされています。

これが現代の初詣の由来になっています。

 

さらに初詣は、江戸時代までは「恵方詣り」といって、居住地から見てその年に吉とされる方角にあたる神社やお寺へ参詣していたため、年によって訪れる場所が違っていたようです。

 

しかし現在では恵方にはこだわらず、家族の長だけでなく家族みんなが初詣に行きますし、自宅の近くの氏神様の祀られている神社だけでなく、自由に神社仏閣を選んでいます。

昔と現代とでは形態は随分変わりましたが、初詣に込められた「過ごした一年への感謝と迎える新年の無事を祈願する。」という意味はずっと変わらないままです。

 

ちなみに、
大晦日の夜に神社やお寺に行ってそこで新年を迎えることを「二年参り」と言い、二年参りは過ごした一年に対する感謝と新年に対する祈願の両方を同時に行えることからよりご利益があると言われています。

初詣はいつまでに行くもの?

初詣はいつまでに行くものなのか、いつまでに行くのが正解なのか、悩む人も多いようです。

しかし初詣は、年が明けてから初めて神社やお寺などに参拝する行事なので、「この日までに行かなければならない。」という明確な決まりはないのです。

 

さらに、地域などでも考え方は次のようにそれぞれに異なるようです。

元旦に行く、
三が日以内に行く
松の内(1月7日まで)までに行く
1月中に行く

 

このように考え方は人様々なんです。
一般的には「松の内」までに行く、いう考えが浸透しているようです。

 

ではなぜ、「松の内」なんでしょうね。

門松や松飾りを飾っておく期間を松の内といいます。
門松や松飾りは歳神様がいらっしゃる目印となるものなので、松の内は歳神様がいらっしゃる期間ということになります。

初詣は新年の無事や平安を祈る行事なので、歳神様がいらっしゃる期間に参拝するということです。

年賀状のやりとりや新年の挨拶を交わすのも、松の内までというのもそのなような理由からです。

 

しかし「松の内」は本来、1月15日(小正月)までだったのです。

15日に歳神様が山(天)に戻られた後、1月20日に鏡開きを行いお正月行事をしめていたのですが、徳川家光が4月20日に亡くなった事から、関東では20という数字を忌み嫌い、20日の鏡開きが11日に変更されたのです。

このことから、松の内の期間は1月7日に短縮されたとされています。

以後、徳川家の影響を強く受けた関東は1月7日までを松の内11日を鏡開きと定着させました。

しかし、徳川家の影響をあまり受けなかった関西では今も、1月15日を松の内20日を鏡開きとする地域が今も多く残っているようです。

 

このようなことから、自身の地域の「松の内」までに行くの無難のようですね。

 

ちなみに、
私は以前、長野の善光寺で15日までが初詣と聞きました。
それ以後は毎年、初詣は1月15日までに神社やお寺などに参拝するようにしています。

喪中の場合の初詣の参拝はどうしたらいいの?

喪中の場合は、神社やお寺への初詣の参拝はどうしたらいいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

まずは、喪中と忌中の違いを確認してから参拝できるのか、または参拝するのかしないのかを決めましょう。

忌中とは

忌中とは、全てを避ける期間(49日間)になります。
この期間に何かを行う事は回りにも迷惑がかかるので何も出来ない期間です。

古く昔は、学校にも行けないし会社にも行けなかったようです。

しかしそれでは日常生活に支障が出てくるので、現在の忌中は曖昧な物になっています。
しかし、神社参拝や神社に絡むことや結婚式等の慶事に関しては避けましょう。

このようなことから、忌中(49日間)の場合は、初詣はできないということになります。

喪中とは

喪中とは、自分自身の判断で喪に服し、慶事などを慎む期間です。

自分で判断し決めるということなので、忌中が開ければ喪中を経ずに通常生活に戻っても構いということなります。

このようなことからお正月を喪に服するのであれば、神社やお寺に参拝出来ないのではなく、しないが正解になりますね。

だから、お正月を喪に服さないと決めたのであれば、参拝も、お札やお守りのお焚き上げも、おみくじもOKということになります。

まとめ

初詣の意味や由来をあらためて知り考えると、今年の初詣は今までの参拝とは違う思いが湧いて来るのではないでしょうか。

この日までに行かなければならないという明確な決まりのない初詣ですが、あなたの中ではもういつまでに行くか決まりましたか?
7まで日でしょうか、15日までしょうか?

一口に「喪中」と言ってしまうことがほとんどですが、忌中なのか喪中なのかを確認して初詣に行けないのか、行くのは控えるのか、行くのかを判断しましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
初詣の神社とお寺との違いは?参拝場所の選び方と参拝方法

ぜひ、日本の特有の初詣を家族で楽しみ、子供たちにその意味や由来を伝えていきたいですね。