ナスには栄養がないと思っている人も少なくないようですが、たくさんの栄養が含まれ、嬉しい効能があるのです。

浅漬け、炒め物、揚げ物など色々な調理があり、どんな料理とも相性がいいナスが体にいいなんて嬉しすぎますね。

さらに効果的な食べ合わせあるならば知りたいですよね。

しかし、妊娠中は食べ過ぎに注意が必要のようです。

そこで、ナスの栄養と効能、効果的な食べ合わせ、妊娠中は食べ過ぎについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ナスの栄養と効能

昔、「ナス」には取り立てて栄養がないと言われていませんでしたか?

私はナスが幼い頃から大好きだったのですが、母から「ナスって、大した栄養はないのよねー。」と聞かされていたので、今までずーっと「ナスには栄養ない!」と理解していました。

しかし、そんなことはなかったのです。

夏野菜の代表格である「ナス」はとても素晴らしい食材なのです。

それでは、なすの栄養や効能を紹介します。

ナスに含まれる栄養素

<食材100g当たり>
・カルシウム  23mg
・鉄      0.2mg
・カリウム   230mg
・ビタミンB1  0.02 mg
・ビタミンC   11mg
・食物繊維   2.2mg

このように量は全体的に決して多くありませんが、栄養素はしっかりと含まれています。

また、ナスの紫色の色素には、「ナスニン」と呼ばれるアントシアン系の色素であるポリフェノールがたくさん含まれています。

★カルシウム

日本人に不足しがりな栄養素の1つ、骨や歯をつくり丈夫にする成分です。
出血時の血液の凝固や神経を鎮める働きがあります。

★鉄
体内に酸素を運ぶヘモグロビンの材料です。
不足すると貧血を引き起こしてしまいます。
肌の血色をよくすることから、美肌効果も期待される栄養素です。

★カリウム
体内の水分調整を行う成分です。
高血圧を抑制し、筋肉や心筋活動を正常にする効果が期待できます。

★ビタミンB1
炭水化物をエネルギーへと変えるのに欠かせない成分です。
消化液の分泌をうながして糖質の代謝を助けます。

★ビタミンC
コラーゲンの合成を助けて、シミやソバカスを予防し、肌にハリを与える効果があります。
また、免疫力の強化やストレス解消に期待できます。

★食物繊維
食物繊維には水溶性と不溶性があります。
水溶性は、血糖値の上昇とコレステロールの吸収を抑制して、生活習慣病の予防に効果があります。
不溶性は、デットクス効果が期待できます。

ナスの効能・効果

健康効果

★夏バテ解消
なすには、体を冷やす作用と利尿作用があるので、体の熱を水分と一緒に放出させる働きがあります。
体内の余分な熱をとり、のぼせやほてりを鎮めることから、夏バテ解消に大いに役立ちます。

★ダイエット
水分量が多く、低カロリーのなすは、少量ずつさまざまな栄養素を含んでいるので、ダイエット中に偏りがちな栄養の補給には嬉しい食材です。
なすに含まれる「コリン」は、脂質の代謝促進作用があるので、肥満防止効果が期待できます。

★便秘解消
食物繊維と水分量の多さで、硬くなった便をやわらくしてくれるので、便秘解消効果も期待できます。

★疲れ目の解消
なすの皮に含まれる「ナスニン」は抗酸化作用は強力でブロッコリーやほうれん草よりも強いと言われています。
強い抗酸化作用は、血栓ができるのを防いだり、コレステロールを下げたり、目の疲労を改善する効果があります。

★高血圧症の予防
血圧を下げる効果のある 「コリン」 という成分も含まれています。
高血圧症の方はもちろんですが、この成分は、血管の柔軟性を保ち血管を強くする働きがあるので、毛細血管からの出血防止や動脈硬化を防ぐ効果があります。

★がん予防
ナスの皮に含まれる「ナスニン」が、がん予防に効果があると注目されています。
がん細胞に大きく関わる活性酸素の働きを抑制することができます。

美容効果

★美肌効果
なすの皮に含まれる「ナスニン」は、アントシアニン系ポリフェノールの一種なので、強い抗酸化力があります。
なので、肌のシミ、シワ、そばかすなど肌の老化に効果的です。
また、水分が多く含まれたなすは、利尿作用もあるので、ニキビで悩む人にもおすすめです。

★老化予防
ナスニンはポリフェノールの一種です。
このポリフェノールには、活性酸素や過酸化脂質を抑制する働きがあるので、アンチエイジング(老化防止)やがん予防、生活習慣病に有効とされています。

ナスの栄養が効果的にとれる他の野菜との食べ合わせは?

ナスはどんな料理とも相性がいいですが、他の野菜との食べ合わせることで、さらに効果アップが期待できます。

美肌効果UP

ナス + ニンジン・ほうれん草・かぼちゃ・ピーマン

肥満予防効果UP

ナス + きのこ類・トマト・アサリ・シジミ

スタミナ増強UP

ナス + おから・油揚げ(厚揚げ)・がんもどき

老化防止効果UP

ナス + ピーマン・ブロッコリー・ニンジン

ナスは妊娠中は食べ過ぎに注意

ナスには体を冷やす効能があるので、暑い夏の食材としてはうってつけで夏バテ解消効果あります。

どんな野菜とも相性が良く、食べ合わせによってさらに効果がUPしてくれる優れものなのですが、体を冷やす効能は妊娠中の妊婦さんにとってはあまり良い効能ではありません

ナスを食べてはいけないということではありませんが、食べる量をには気をつけましょう。

どの食材もそうですが、栄養があるからと言ってその食材ばかり大量に食べたら逆効果です。

妊娠中は特に身体の状態に合わせて、効能がマイナスに働かないよう量や食べ方の工夫をしましょう。

昔から、「秋なすは嫁に食わすな!」ということわざがありますよね。

今までは少し意地悪な言葉に感じていましたが、お姑さんがお嫁さん(妊婦さん)の体が冷えてしまわないよう気づかった思いやりある言葉だったようですね。

まとめ

いままで、あの紫色がえぐみの原因になるので、皮をむいて使用していました。

しかし、なすの皮に含まれる「ナスニン」の効果を最大限取り入れるためにも、できるだけなすは皮ごと食べることを心がけましょう。

ナスには体を冷やす効能があるので、暑い夏の食材としてはうってつけで夏バテ解消効果あるのですが、体を冷やす効能は妊娠中の妊婦さんにとってはあまり良い効能ではありません。
食べる量をには気をつけましょう。

同じく妊婦さんが食べ過ぎに注意したいのはうなぎです。

⇒ うなぎの栄養と効果はすごいが妊婦には危険?消化と山椒の関係

こちらの記事も参考にしてください。