日本列島は地震列島です。
ある日突然地震が来たら、どのように対応したら良いのでしょう。

家の中にいる時、外にいる時では対応の仕方は違いますよね。

また、いつやって来るかわからない地震に、家には何を備えどんな対策をしたら良いのでしょう。

そこで、地震が来た時の家の中と外での対応や家に備えるものと対策について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

地震が来た時 家の中や外にいるときの対応の仕方

ある日突然地震が来たら、どのように行動したら良いのか紹介します。

家の中にいる時と外にいる時それぞれしっかり確認しておきましょうね。

家の中にいた場合

身の安全を守りましょう

家の中で地震が来た時、何が落ちてくるか、何が倒れてくるかわかりません。
最優先にすることは、落ちてくる倒れてくるものから、自分の身の安全を守ることです。

急いで身を隠しましょう。

身を隠す最良の場所は、机やダイニングテーブルの下です。

もし机やダイニングテーブルがない場合は、頭をクッションや座布団、本などでしっかり保護しましょうね。

 

また、リビングにいる必要はありませんよね。
家具の少ない部屋へ移動するのも良い方法です。

 

家の中で地震が来た時、慌てて一目散に外に飛び出すようなことは危険です。
上から瓦やガラスの破片が、頭や背中に落ちてきたら大変なので絶対にやめましょう。

出口を確保しましょう

自分の身の安全が確保できたら、次にする事は地震の揺れの合間をみて、玄関のドアや窓を少し開けて逃げ口を確保しましょう。

地震の揺れが大きかったり時間が長かったりすると、玄関のドアや窓が変形してしまい開かなくなって室内に閉じ込められる可能性があります。

火の始末をしましょう

火の始末を一番の一番にしたい所ですが、先ずは自分の身を守ることが最優先です。

地震の揺れが大きく激しい場合は、揺れがおさまってから火の始末をしましょう。

 

しかし、キッチン(台所)で火を使っていた場合や、揺れが小さい時は直ちに消すようにしましょうね。

 

この時の火の始末とは、ガスコンロや電気コンロの火のことだけを言っているのではありません。
火を使っていなくても、ガスの元栓を確実に閉め、電気のブレーカーも切りましょう。

 

これは、停電復旧にともなう通電火災防止のためです。

揺れがおさまっても油断は禁物

大きく激しい地震の後には必ず余震が発生します。

 

大きく激しい地震でも大丈夫だった箇所でも、余震によって倒れかかっっていたタンスや本棚などの大きな家具や、冷蔵庫などが転倒する恐れがあるので、十分注意して近づかないようしましょう。

 

ラジオ、テレビなどから正しい情報を入手して家族の安全を確認しましょう。

外にいる場合

街中では

街中で地震の大きく激しい揺れを感じた時は、上から窓ガラスや看板などが落ちてくる可能性があります。
必ずバッグやカバンなどで頭を保護して、丈夫な建物の中や空き地、街路樹の下に逃げましょう。

 

そして、ブロック塀門柱自動販売機建設現場などが近くにある場所はとても危険なので、近寄らないでくださいね。

地下街では

地下街で地震の大きく激しい揺れを感じた時は、まずはパニック状態にならないように、慌てず落ち着いて冷静に行動することが大切です。

一般的に、地下街は地上よりも揺れが少なく安全なのです。

停電しても非常灯がつきます。

たとえ暗闇になったとしても、バッグやカバンなどで頭を保護し身を低くして、壁づたいに歩いて行けば必ず出入り口にたどり着きます。

デパート・スーパーでは

デパートやスーパーなどで、地震の大きく激しい揺れを感じた時は、陳列ケースや商品柵から離れましょう。

バッグやカバン、買い物かごなどでしっかり頭を保護して、柱のそばや壁ぎわなどで揺れがおさまるのを待ちましょう。

 

またデパートの場合、エスカレーターやエレベーターに我先にと駆け込むの危険なので、絶対にしてはいけません。
エレベーターは停電すると中に閉じ込められてしまいます。

 

ここでもまずはパニック状態にならないように、慌てず落ち着いて冷静に行動することが大切です。
従業員の誘導に従って階段で避難しましょう。

劇場や映画館では

劇場や映画館でも地震の大きく激しい揺れを感じた時は、我先にと出入り口に駆け込むのは危険です。

座席をあげてバッグやカバンなどで頭を保護ながらしゃがみ、係員の指示を待ってその誘導に従い避難しましょう。

駅のホームでは

駅のホームで地震の大きく激しい揺れを感じた時は、ホームから転落しないように柱などにしっかりとつかまりましょう。

この時、上から時刻表示版、蛍光灯、モニターカメラなどが落ちてきたり、自動販売機が転倒する可能性があるので十分注意し、バッグやカバンなどで頭を保護しましょう。

車の運転中では

車の運転中に大きな激しい揺れを感じ、びっくりしてしまったといって、急ブレーキをかけることは危険です。

少しづつスピードを落として車を道路の左側に停車させましょう。

また、停車させた場所から避難するときは、必ずキーをつけたまま車から離れましょう。

海では

海で、大きな激しい揺れを感じたら津波の危険があるので、ただちに高台などへ避難しましょう。

津波注意報や津波警報が発令される前に津波が来襲することもありえるので、十分注意しましょう。

地震に対しての準備 家に備えるものは?

地震に対して、普段から家にどのようなものを備えたら良いのかわからないと言う人は多いので、しっかり紹介していきます。

備蓄品

ライフライン(電気、ガス、水道)が止まった場合に備えて、普段から飲料水や非常食などを備蓄しておきましょう。

食料、飲料、生活必需品などは家族の人数分を用意しましょう。

飲料水(3日分)

飲料水(3日分)は、1人1日3Lが目安です。

非常食(3日分)

非常食(3日分)は、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなどになります。
カロリーメイトなども良さそうです。

生活必需品

生活必需品とは、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなどになります。

また、トイレを流したりするための生活用水として、日頃から飲料水とは別に、水道水を入れたポリタンクを用意したり、お風呂の水をいつも張っておくことをおすすめします。

非常用持ち出しバッグ

自宅が被災したときのことを想定して、いつでもすぐに持ち出せるようにあらかじめ非常用持ち出しバッグを用意しておきましょう。

非常用持ち出しバッグの中身

非常用持ち出しバッグを一家に1個用意してそれで安心している人をよく見かけるのですが、非常用持ち出しバッグもやはり人数分用意することをおすすめします。

・飲料水

・食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)

日本製の缶詰は非常に美味しいです。

⇒ さんま缶詰の栄養成分とおすすめな食べ方 毎日食べて大丈夫?

・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)

・ヘルメット、防災ずきん

・マスク

・軍手

・懐中電灯

・衣類

・下着

・毛布、タオル

・携帯ラジオ、予備電池

・携帯電話の充電器

・使い捨てカイロ

・ウェットティッシュ

・洗面用具

・携帯トイレ

・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証 など)

赤ちゃんがいる家庭

赤ちゃんがいる家庭では、非常用持ち出しバッグの中身の他に、下記のものを用意する必要があります。

大人の場合、救援物資などが届くのを待って最悪我慢をすることもできますが、赤ちゃんは我慢はできませんし生死に関わってしまいますよね。

・粉ミルク、哺乳瓶 など

・紙おむつ

こちらの記事も参考にしてください。
液体ミルクの災害時に役立つメリットやデメリットと日本で許可されない理由とは?

普段からの地震に対しての対策は?

地震はいつやって来るのか予想できません。
突然やって来るのが自然災害なのです。

だから、普段から地震に対しての備えや対策が必要なのです。

そこで、普段からの地震に対しての対策について紹介します。

転倒防止器具

地震は「震度5強」でタンスなどの家具が倒れて、テレビが台から落ちることがあるといわれています。
安全を確保するために、「家具は必ず倒れるもの」と考えて家具は固定しておくことが重要です。

家具の転倒防止器具は5タイプあります。(器具の効果は下に行くほど弱くなります。)

L型金具

ベルト式器具

ポール式器具

マット式器具

ストッパー式器具

 

ただ、器具の効果が高い家具の転倒防止器具「L型金具」は取り付けられない場合があります。
賃貸住宅だったり、壁の材質によっては壁に穴をあける金具を使うのが難しいですよね。

 

心配いりません。

このような場合は、いくつかの転倒防止器具を組み合わせることによって、「L型金具」と同じ強度になります。

天井と家具のすき間に「ポール式器具」を取り付け、家具の底面に「ストッパー式器具」や「マット式器具」を設置するのです。

 

「ポール式器具」+「ストッパー式器具」または「マット式器具」=「L型金具」

 

また、どうしても転倒防止器具を使用できない場合もあるでしょう。
この場合は、家具の配置転換をしましょう。

・寝ているベッドや布団の上に家具が倒れてこないように、家具の向きや位置を変える。

・廊下や部屋の出入り口火気の周辺にも大型の家具や電気製品を置かないようにする。

 

また、大型の家具以外にも普段から対策が必要なものはたくさんありますよ。

上下に分かれている家具

上下に分かれている家具があるので、上下の連結固定を忘れずに行うようにしましょう。

地震の大きく激しい揺れで、家具の上下が外れて上部が落ちてくる危険性があります。

扉なしの本棚

最近の本棚は扉なしのものが多いですよね。
落下防止器具や落下抑制シールを使って棚の中身が飛び出さないようにしましょう。

また、本の入れ方を工夫しましょう。
文庫本などの軽い本を上に、図鑑や辞書などの重いものを下に置くようにしましょう。

引き出しのある家具

引き出しのある家具で、特に怖いのが食器棚です。

中のコップやお皿などが飛び出してきて割れないように「飛び出し防止器具」を使用しましょう。

コップやお皿などが割れた場合、大きな怪我をする可能性が大きいので要注意です。

照明器具

照明器具で特に危険なのは、吊り下げ式の照明です。

チェーンなどの補強器具を使って天井に固定するか、天井直付けタイプのものに交換しましょう。

窓ガラス

窓ガラスの破片が部屋中に散らばるのを防ぐために、レースのカーテンやカーテンを引いておきましょう。

テレビ

テレビは専用の器具を使って固定、または粘着性のマットを下にしいて落下を防ぎましょう。

特に薄型テレビは不安定で危険です。

まとめ

地震で大きな激しい揺れを感じたら、自分の身を安全に守ることを最優先しましょう。

家の中でも外でも、上から何が落ちてくるのかわからないので、どんなときも頭をしっかりと守り落ち着いて行動しましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
避難準備、避難勧告、避難指示の違いと準備&行動 避難命令は?
台風時のマンションの窓ガラス、ベランダ、車の強風対策は?

また備えあれば憂いなしです。
備蓄の持ち出しバッグの準備は抜かりなく行いましょう。