お彼岸といえば、「おはぎ」や「ぼたもち」をお供えします。

お供えする「おはぎ」や「ぼたもち」の由来とはどんなものなのでしょう。
「おはぎ」と「ぼたもち」との違いはなんなのでしょう。

また、お供えした後いつ食べるものなのでしょう。

そこで、お彼岸にお供えするおはぎの由来やぼたもちとの違い、食べるタイミングについて紹介します。

お彼岸にお供えするおはぎやぼたもちの由来

仏教の教えに、何でもほどほどが良いという「中道」という考え方があります。
その考えと合致して出来たのが「彼岸」だと言われています。

春分の日や秋分の日は、昼と夜の長さが同じになりますよね。

また、暑くもない寒くもない、ほどほどのちょーど良い季節です。

太陽が真西に沈む時期なので、西方極楽浄土におられる阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいという考えから、次第に人々の生活に浄土をしのぶ日、あの世にいるご先祖様をしのぶ日として彼岸は定着したようです。

では、そのお彼岸になぜ「おはぎ」や「ぼたもち」をお供えするようになったのか紹介します。

由来に関係しているあんこの材料の小豆(あずき)と砂糖

江戸時代、あんこの材料の小豆はもともと漢方薬として中国で使われ、その後日本に入ってきます。

日本人はこの小豆を健康食材として重宝しました。

 

また健康食材として重宝していた小豆の赤い色には、魔除けの効果があると信じられ邪気を払う食べ物とされていました。

小豆を使った料理にお赤飯がありますが、こちらもお祝いの席などでよく振る舞われるのは魔除けの意味が込められていたんですね。

 

そして、お砂糖は江戸時代初期には高級品でした。
その高級品の砂糖を使って作るおはぎは、とっても贅沢なお菓子なのです。

 

普段は食べることのできない、とっても贅沢なお菓子のおはぎやぼたもちは、大事な日や大きな節目に大切な人へ振る舞う際の食べ物となったのです。

 

このように、小豆と砂糖を使った「おはぎ」や「ぼたもち」をご先祖様にお供えすることで、ご先祖様に感謝をし邪気を払って家族の健康を祈るという風習が根付いたのです。

お彼岸にお供えする「おはぎ」と「ぼたもち」との違いは?

お彼岸は春と秋、年に2回です。

一般的に、秋のお彼岸には「おはぎ」、春のお彼岸には「ぼたもち」と呼ばれていますが、「おはぎ」も「ぼたもち」も餅米と小豆と砂糖で作られる同じ食べ物です。

 

健康食材の小豆の種まき時期は4月~6月収穫は9月~11月です。

秋のお彼岸は9月なので、収穫してすぐの新鮮な小豆を使用することが出来るので、皮もピチピチ新鮮で柔らかいので「粒あん」でおはぎを作りました。

春のお彼岸は3月で収穫してから保存期間は数ヶ月あります。さすがに小豆の皮はかたくなってしまうので皮を除いて「こしあん」でぼたもちを作りました。

では、なぜ呼び名が違うのか紹介しますね。

季節の花を意識して呼び名が変えられている

食べる時期が違うので、それぞれの季節の花を意識して呼び名が変えられているのです。

春のお彼岸に供える「ぼたもち」

春のお彼岸に供えるのは「ぼたもち」です。

春に咲く花「牡丹(ぼたん)」から連想して「牡丹もち」 ⇒ 「ぼたもち」になりました。

牡丹の花は大きくて丸いので、「ぼたもち」は丸々と大きな形に作るとされています。

そして、春に使う小豆は、昨年の秋に収穫したものです。
昔は保存技術が発達していなかったため、冬を越すと小豆の皮がかたくなってしまったので、皮を除いて「こしあん」でぼたもちを作りました。

秋のお彼岸で供える「おはぎ」

秋のお彼岸に供えるのは「おはぎ」です。

秋に咲く花「萩(はぎ)」から連想して「お萩もち」 ⇒「 おはぎ」になりました。

萩の花は細長く小ぶりなので、「おはぎ」は小さな俵形に作るとされています。

そして、秋に使う小豆は、その年に収穫したピチピチ新鮮な柔らかい皮なので、そのまま使い「粒あん」でおはぎを作りました。

 

つまり、春のお彼岸の時期には「ぼたもち」、秋のお彼岸の時期には「おはぎ」、というふうに使い分けが必要なのですね。

 

しかし近頃は保存技術が進み、一年中質の良い小豆が手に入るので、春だから「こしあん」でぼたもち、秋だから「粒あん」でおはぎと意識する必要もなくなり、個人の嗜好で選んでいますよね。

おはぎと呼ぶ店が大半を占めるようになり、一年中おはぎと呼ぶのが一般的になってきているようです。

お彼岸にお供えするおはぎはいつ食べるの?

春彼岸も秋彼岸もお彼岸の期間は7日間です。
お供えした後のおはぎはいつ食べるものなのでしょう。

地域によって多少の違いがあると思いますが、一般的にはお彼岸の入りには仏壇にお団子を供え、お彼岸の中日におはぎをお供えします。
お彼岸の中日におはぎを食べることが最もご先祖様へのお供え物としての意義があると言われています。

しかしそうは言っても、やはりお供えするという気持ちが一番大事です。

おはぎをお供えするのは日が前後してもいいのです。
必ず中日に出なくてもいいということになりますね。

また、おはぎはお彼岸中(7日間)毎日備える必要はありません。
一度だけ供えればOKです。

基本的におはぎは、お彼岸の期間中(7日間)いつ食べても構いのです。
くれぐれもお供えしたおはぎがいたむ前に、ご先祖様をしのびながらご家族で美味しくいただきましょう。

まとめ

お彼岸にお供えする「おはぎ」と「ぼたもち」は同じ食べ物でしたね。

最近は昔のように季節感がなくなってしまい、一年中好きなものが食べられるようになっています。
素晴らしいことなのでしょうが、なんだか情緒がなくなっていくようで寂しいような気もします。

しかし、一番大切なのは気持ちです。

次のお彼岸には「おはぎ」と「ぼたもち」の形や、あんこのことを考えながら、ご先祖様をしのびながらご家族で美味しくいただきましょう。

おはぎを家庭で作ってみるのも楽しいですよ。
⇒ 市販のあんこで簡単なおはぎの作り方 保存は冷凍でいい?解凍方法は?

こちらを読んで参考にしてください。