母の日が近づくと80代の施設で暮らす高齢の母に、毎年何をプレゼントしたらいいのか悩むという人は少なくないようです。

元気に施設で暮らしているお母さんに、感謝の気持ちを形に変えて、喜んでもらえて使ってもらえる品物を選びたいですよね。

そこで、施設で暮らす80代のお母さんに喜んで使ってもらえるおすすめの品物とお手紙を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

母の日のプレゼント 80代の施設で暮らすお母さんには何がいいの?

母の日のプレゼントと言って一番最初に思い浮かぶのは、定番のお花ではないでしょうか。

「お花なら必ず喜んでくれる!」
特に女性はお花が大好きですからね。

お花だったらブリザードフラワーがおすすめ

でも、ちょっと考えてみましょう。

施設で暮らすお母さんは、プレゼントされたお花はどこに飾るのでしょう。
自宅であったなら、リビングだったでしょう。

 

でも施設の場合、お花を飾るお部屋は寝室も兼ねていますよね。

やはり、寝室に香りの強いお花は避けた方がいいし、アレルギーが出てしまう可能性もないとは限らないので、贈るお花はただキレイだけではなく、さまざまな点を吟味する必要があるのではないでしょうか。

 

「だったら、香りが弱ければいいんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

でも、香りやアレルギーだけでなく、まだ問題があるのです。

 

それは、高齢になると花瓶もって毎日の水の取り替えも大変になるんですよね。
握力も弱くなってくるので重いものは気をつけないと、落として割ってケガをしてしまうこともあります。

家族が毎日訪問してあげられるんだったら問題はありませんが、毎日訪問するのは難しいでしょう。

 

だから、どうしてもお花を贈りたいのなら、「ブリザードフラワー」おすすめですよ。

ブリザードフラワーなら香りの心配も水やりの心配も、枯れて腐る心配もありませんよ。

 

ちなみに、
数年前の母の日に、私はブリザードフラワーを母にプレゼントしました。
生花に比べてちょっと迫力には欠けてしまいましたが、ケースにも入っているのでほこりをかぶることなく今も母は部屋に飾ってくれています。
嬉しそうに「キレイだね。可愛いね。」と言いながら母は笑顔でながめてくれていますよ。

リクエストを聞いてみる

本人に聞けるなら直接聞いちゃうのもいい方法です。

「もうすぐ母の日だね。プレゼントなにがいい?」
そんな話をすることも、いいコミュニケーションでお母さんにとっては嬉しいプレゼントをもうもらったような気持ちになるかもしれませんね。

「自分に息子や娘が関心を持ってくれている。」、「話に耳を傾けてくれる。」高齢になったら余計にこんな嬉しいことってないでしょう。

 

ただ「あれが欲しいわ。」「こんなのがいいよね。」などとなかなか言ってくれないお母さんもすくなくありません。
子供に負担をかけたくない、気持ちだけで十分と思うからでしょうね。

 

そんな時は、施設やグループホームの職員さんやヘルパーさんに、「最近本人が欲しいといっているものありますか?」と聞いてみるのも良いですよ。
意外と職員さんやヘルパーさんには何でも話しているんです。

一緒に過ごす時間がプレゼントになる

プレゼントって「品物」って考えがちですが、施設やグループホームに会いに行く、母の話を聞く、このような「気持ち」もお母さんにとっては素敵なプレゼントです。

 

お母さんから「何がいいかわからないよ。」「何にもいらないわ。」と言われたら、「一緒に選びに行こうか。」、「一緒にランチに行こうか。」と誘ってみてはいかがでしょう。

 

外に出るのが無理なら「こういうのはどう?」とあなたからいくつか提案をして、その中からお母さんに選んでもらうのも良いでしょう。

母の日のプレゼント 80代の施設で暮らすお母さんにおすすめの品物は?

それでは、80代の施設で暮らすお母さんににあなたからいくつか提案をして、喜んでもらえるおすすめのプレゼントを紹介しますね。

脳トレグッズ

80代にもなると物忘れもだんだんひどくなってきていませんか?

そこでおすすめなのが、最近流行っている「大人のぬりえ」です。

ぬりえは、手と頭と同時に使うことで脳を活発にするんです。ストレス解消にもなるようです。

 

種類は色々あるのですが、初めは簡単すぎるくらいのレベルのものを選んであげましょう。
難しいのは出来上りは素晴らしいものになるのですが、高齢者には疲れの原因になっちゃいますよ。

 

ちなみに、
去年、母に3冊「大人のぬりえ」をプレゼントしたのですが、難しいものは不評でした。
細かすぎて目が疲れる、肩が凝ると言われちゃいました。
実際一緒に塗ってみたのですが、たしかに目が疲れました。

 

ぬりえを贈る場合は、色鉛筆も一緒にプレゼントしましょう。

 

私は36色を用意したのですが、綺麗な色を見て選んで楽しそうですよ。

 

塗ることが楽しくなり、趣味の一つになってくれたらこんなに嬉しいことはありませんね

音楽

音楽は心や身体をリラックスさせてくれるので、音楽を聴くのを嫌いと言う人は少ないでしょう。

お母さんが昔口ずさんでいた歌や、好きだった歌手のCDを購入して聞かせてあげましょう。

CDと一緒にCDラジカセをプレゼントするのがおすすめです。

 

操作も簡単で、CDラジカセなら価格も比較的安いのでCDとセットで贈ることが出来ますよね。

このとき、高音質のCDプレーヤーに目がいってしまいがちですが、操作が複雑な機種が多いのでこの際高音質はスルーしましょう。

 

高齢のお母さんにはできるだけシンプルで簡単、ボタンが大きく、ボタンの周りに日本語で、「再生」などと書かれたものを選びましょう。

旅行

歩くことが不自由でないのなら、みんなで小旅行に行きゆっくりとリラックスするのもいいでしょう。

ただ、突然具合いが悪くなっても大丈夫なように、すぐに帰れるような近場を選びましょう。

母の日のプレゼント 80代の施設で暮らすお母さん手紙を贈ろう

お母さんありがとう!いつまでも元気でいてね。
この言葉はどんなプレゼントもかなわないでしょう。

気持ちを言葉にした手紙はとても嬉しいものです。

 

心に思っていても照れくさくて、なかなか口に出して言えないという人は多いですよね。

 

手紙を最近は書かないという人も、年に一度の母の日に言葉を文字にたくすことを新しい習慣にしてみましょう。

「母の日の手紙」のポイント

書いてみたいけどどんなふうに書いたらいいのわからない人に、「母の日の手紙」のポイントを紹介します。

 

お母さんの喜ぶ顔を思い浮かべて、お話しするように書きましょう。

いつもの会話の口調と同じように書くと、あなたの気持ちがお母さんにさらに伝わりやすくなりますよ。

この手紙はぜひ手書きで書きましょう

 

「老いたら子に従え」といいますが、幾つになってもお母さんはお母さんなんですよね。
年に一度は昔を思い出し子供に戻って、お母さんに素直な気持ちを手紙に表すのも親孝行なのではないでしょうか。

まとめ

日頃からの感謝の気持ちをプレゼントという形にしたいと思ってしまいますが、お母さんはあなたの「おかあさん、ありがとう!」の言葉を聞くだけで十分に嬉しく幸せなのかもしれません。

今年は、あなたからお母さんに「こういうのはどう?(脳トレグッズ、音楽、旅行)」と提案してみてはいかがですか?

お母さんとあなたの笑顔でいっぱいの、楽しい母の日になりますように。

認知症の母の日のプレゼントに外食ともっとおはなしダッキーがおすすめ CDや服は?

こちらの記事も参考にしてください。