母の日は「5月の第2日曜日」です。

お母さんへの花のプレゼントでどんな種類にしたら良いのか悩む人は多いようです。

花束・鉢植え・ブリザードフラワーどれも華やかで素敵ですがそれぞれどんな特徴があるのでしょう。

また母の日にふさわしい人気の花を選びたいですよね。
花言葉も気になるところです。

そこで、花束と鉢植えそれぞれのメリットや人気の花と花言葉、ブリザードフラワーについてを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

母の日のプレゼント 花束で人気のある花は?

花束の特徴

花束の特徴は一言で言うと「ゴージャス」です。

花の長い茎をそのまま束ねるので、お花が大きくみえるのです。

また、アレンジメントに比べて、資材は花をつつむペーパーとリボンのみなので同じ金額の場合、たくさんのお花を贈ることが出来るので、何しろ花束はインパクトが大きいのです。

人気第1位 カーネーション

★花言葉

・赤いカーネーション(母への愛)

・ピンクのカーネーション(女性の愛・熱愛・美しいしぐさ)

・黄色いカーネーション(軽蔑)

・白いカーネーション(純粋な愛・私の愛は生きています)

 

 

母の日を象徴するお花といったらカーネーションです。
これは誰でも知っているといっても過言ではないでしょう。

母の日は、アメリカに住む少女「アンナ」がお母さんの死に遭遇したことで、生前にお母さんを敬う機会を設けようと働きかけたのが始まりです。

そして、お母さんが大好きだった白いカーネーションをたむけたことがきっかけとなり、お母さんが健在であれば赤いカーネーションを、亡くなっていれば白いカーネーションを胸に飾るようになったのです。

ですが、赤と白と区別を生むのはどうか、お母さんがいない子供さんへの配慮から、「赤いカーネーション」が一般化したそうです。

しかし現在では、カーネーションの色も多彩になっているので、赤いカーネーションにこだわらないで、いろんな色のカーネーションを贈る人が増えています。

お母様ならご存じかもしれないですけど、

⇒ カーネーションの鉢植えの手入れ方法と育て方 植え替え時期や冬越しは?

鉢植えでプレゼントしたら、少しアドバイスしてあげると良いかも。
「枯れたら」、と心配されるお母様もいらっしゃるので「気にしなくていい」という気持ちでプレゼントするのがいいですね。

ただ、健在しているお母さんに「白いカーネーション」を贈るのはタブーとされているので、そこは気をつけて押さえておいてくださいね。

人気第2位 バラ

★花言葉

・赤いバラ(あなたを愛してます・愛情・美・情熱・熱烈な恋)

・白いバラ(純潔・私はあなたにふさわしい・深い尊敬)

・ピンクのバラ(しとやか・上品・感銘)

・黄色いバラ(愛情の薄らぎ・嫉妬・友情)

 

 

バラの見た目の華やかさは、数あるお花の中でも群を抜いているのではないでしょうか。

オーデコロンやルームスプレー、ハンドクリームなどの商品にも好まれて使われ、癒し効果のあるお花です。

バラは、母の日のようなスペシャルな日にはぴったりのお花になるでしょう。

豪華で華やかな雰囲気が好きなお母さんなら喜んでくれること間違いありません。

 

ただ、カーネーションほど長くは持たないかもしれません。
でも、その瞬間を楽しみ幸せな気分にしてくれるのも花束の醍醐味と考えられるので、日持ちは気にする必要はないと思います。

人気第3位 ユリ

★花言葉

・白いユリ(純潔・威厳)

・赤、ピンクのユリ(虚栄心)

・黄色いユリ(偽り・陽気)

・オレンジのユリ(華麗・愉快・軽率)

 

 

大輪の花を咲かすユリは存在感バツグンです。

圧倒的な迫力、優雅な佇まいには目が釘付けになっちゃうといっても過言でないでしょう。

 

ただユリは香りが強いので、お部屋中がユリの香りでいっぱいになるので、ユリの香りを好まない人にはちょっときついかもしれません。

母の日のプレゼント 鉢植えで人気のある花は?

鉢植えの特徴

鉢植えの鉢花は土に植えられた根のあるお花なので、育てる楽しみがあり長く観賞できます。

お花の種類によっては、翌年以降も咲かせることができるので、いつまでも思い出に残るでしょう。

人気第1位 紫陽花

★花言葉

・移り気

・冷淡

・辛抱強さ

・冷酷

・無情

 

・高慢

紫陽花の花言葉は「えっ?」と思いますが、ここはあまり気にせず行きましょう。

 

 

紫陽花は、これからやってくる梅雨にかけて一番の見頃を迎えます。

丸いフォルムが愛らしくかわいいお花です。

 

紫陽花は丈夫で育てやすいので、長年にわたって楽しんでもらえるお得なお花でもあるのです。

鉢植えでしばらく楽しんで、その後地植えして記念に大きく育ててもらうのも良いでしょう。

人気第2位 クレマチス

★花言葉

・精神の美

・旅人の喜び

・策略

 

 

クレマチスの魅力はパッと弾けるように開いたお花がどんどん咲いていくことです。

 

ちなみに、
私は大好きなお花で、既に母の日に2回贈っています。
母が地植えにしたので、蔓も伸び毎年増え続け大量の花がお庭を華やかにしてくれているんです。
個人的には一押しのクレマチスです。

 

ガーデニングをしている、お母さんなら喜んでくれること間違いないでしょう。
していないお母さんでも地植えしっぱなしでもたくましく育ってくれるのでおすすめです。

人気第3位 胡蝶蘭

★花言葉

・白い胡蝶蘭(清純)

・ピンクの胡蝶蘭(あなたを愛してます)

 

 

胡蝶蘭はお祝い事にはかかせない高貴なお花です。
だから母の日にも人気のお花になります。

連なったお花って他ではなかなか見ることはできませんよね。

 

ただ、他のお花に比べるとちょっととお値段は高いです。
しかし、きちんと育てれば翌年もお花を咲かせてくれるので、お花を育てるのが得意なお母さんだったら次の年も素敵な胡蝶蘭を咲かせてくれるかもしれませんね。

母の日のプレゼントのブリザードフラワーは?

ブリザードフラワーは、生花さながらの生花を加工した、美しさみずみずしさを保つ魔法のお花です。

長く美しさみずみずしさを保ち水やりなどの手間がいらないので、生花に比べて大胆でスタイリッシュなアレンジメントが可能です。

身近に美しい状態で置き楽しむことができるので、最近はインテリアやメモリアルフラワーとして大人気です。

 

 

おすすめなのは、
ひと味違った和のプリザーブドフラワーです。
組紐や房飾りで雅な和の装いに仕立ててあるので、和風のお部屋にもぴったりよく似合うので、お母さんに喜んでもらえるでしょう。

 

ただ、プリザーブドフラワーは湿気に弱いので、高温多湿の場所はNGです。
色移りやカビの原因になってしまうので気をつけましょう。

そのまま飾ってももちろん大丈夫ですが、置きっぱなしにするとホコリがたまり花が痛んでしまいます。
乾燥剤を入れたケースに入れて楽しむのがベストです。

⇒ 母の日のプレゼント80代の施設で暮らす母に贈るおすすめの品物や手紙は?
(こちらでも実際の体験を書いていますので参考にして下さい。)

 

夏場は、冷房のよく効く部屋で風が直接当たらない場所に飾りましょね。
直射日光も苦手です。

白いプリザーブドフラワーは黄色く変色してしまう危険性があるので、避けた方がいいでしょう。

 

お値段が少々お高いので、他のお花と同じ金額だと小さめになってしまうので迫力に欠けるかもしれません。

まとめ

お母さんの好みのあった、母の日にふさわしいお花を選んでくださいね。

しかし、どんなお花を選んでも、あなたが迷って決めてくれたお花をお母さんは喜んでくれますよ。

素敵な母の日をお母さんと過ごしてください。

切り花を長持ちさせる方法で熱湯の湯あげや10円玉に効果は?花の種類は?

こちらの記事も参考にしてください。