母の日に子供からカーネーションの鉢植えプレゼントされるお母さんは多いです。

長い期間お花を楽しみたいと思っても、正しいお手入れ方法や育て方を知らないと難しいでしょう。

また来年も咲いて欲しいと思っても、植え替えや冬越しはどうしたら良いのでしょう。

そこで、カーネーションの鉢植えの手入れ方法と育て方、切り戻しと植え替え時期や冬越しについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

まずは実践してみましょう。

カーネーションの鉢植えの育て方

母の日に子供からプレゼントされる鉢植えのカーネーションには、可愛らしい花はもちろんですが、たくさんのつぼみもついています。
このつぼみも全部花を咲かせることが出来たら、長い期間楽しむ事が出来ますよね。

 

しかし残念ですが、実際にはつぼみが花開く前に残念な状態になっちゃったというお母さんが多いのです。

 

今年はつぼみも花開かせるために、正しいお手入れ方法と育て方を実践してみましょう。

カーネーションをもらったら(手元に届いたら)

まず最初に、カーネーションをもらったら(手元に届いたら)、すぐにラッピングを取り外しましょう。

 

母の日のプレゼントに限らず鉢植えのお花には、キレイなラッピングがしてありますよね。
見た目も素敵だから「そのまま飾っておきたい。」と思ってしまいますが、ビニールなどを使ったラッピングは、鉢植えにとって風通しが悪くなるので良くありません。

またお店では、購入時に鉢から水が垂れたりするとお客様が持ち運びに不便だし、配送の場合も扱いにくくなるので、鉢植えの水やりを最小限にしてあります

 

だから、カーネーションをもらったら(手元に届いたら)すぐにラッピングを外して、たっぷり水を与えましょう

カーネーションの日常のお手入れ方法

それでは、カーネーションの日常のお手入れ方法を紹介しますね。

カーネーションの置き場所

カーネーションにとって心地良い所は日光が当たる場所なので、日当たりの良い窓際に置くのが良いでしょう。
よく日に当てると花つきが良く長く咲いてくれます

 

日光が不足すると花が色があせたり、付いていたつぼみが開ききらないで咲かない場合があります。

室温は25℃以下がベスト

室温が25℃以下の場所がベストです。
あまり高温になる場所は、カーネーションにとって好ましくありません。

 

カーネーションの生育時に必要な気温は最低0℃以上で、開花時に必要な気温は最低10℃以上です。

思っていたより気温が低くても大丈夫なんですね。

 

さらに室温はなるべく一定の温度を保てると良いですね。
人間と同じで寒暖の差が大きいとカーネーションにもダメージがあるのです。

風通し良い場所に置く

風通し良い場所に置くことも重要です。

風通しが悪いと蒸れて根がダメになってしまう可能性が大きいからです。

 

室内で育てる場合は窓を開けて風を通し、週に何度か戸外に置いてカーネーションの株の風通しを良くしてあげましょう。

水やりのやり方とタイミング

◇水やりのやり方

カーネーションの水やりの目安は、土の表面が乾いたなと思った時です。
水やりをやりすぎると湿気を帯び根腐れしやすいので気をつけましょうね。

 

土の表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらい、根元からたっぷりと水を与えましょう。

この時くれぐれも、花やつぼみに水がかからないように注意しましょう。

 

◇水やりのタイミング

・夏場
夏場の水やりのタイミングは早朝か夕方です。

カーネーションに限らず、温度が高くなっている日中に水をあげるのはNGです。

 

花がたくさん咲く時期や夏は特に土が乾きます。
「朝、水を上げたのに夕方には土がカラカラに乾いていた!」ということがあります。
水やりをするときは鉢の底から水が出てくるくらいたっぷり与えてくださいね。

 

・冬場
冬場の水やりのタイミングは凍結防止の為に、暖かい日の午前中を選びましょう

咲かないつぼみは摘み取る

なんだかかわいそうな気持ちになりますが、咲かないつぼみは摘み取るようにしましょう。

 

つぼみが全て花開くかと言うと残念ながら開かないつぼみもあるのです。
つぼみを軽く押してみて中が空洞だったり、米粒大の小さな小さなつぼみは開花しません。

今咲いている花や大きな他のつぼみのため、優しく「ごめんね。」と言って摘み取ってくださいね。

花びらが色あせてきたら咲き終わりのサイン

花びらが色あせてきたら咲き終わりのサインです。

まだ枯れていないからと花びらが色あせているカーネーションをそのままにしておくと、病気の原因や新しいつぼみが開花しない原因になるので早めに摘み取りましょう。

 

特に梅雨時は、カビが生えやすいし虫もつきやすい時期なので色あせてきた花びらを摘み取り、株の風通しを良くしましょう。

またもしもカビが発生してしまったら、全体に広がらないうちにカビが生えた部分は広めにすぐに取り除きましょう。

肥料や害虫対策

カーネーションはとても肥料を好む花です。

真夏は避けて、春または秋にかけて市販の固形肥料(月に1回程度)または液体肥料(週1回程度)を与えましょう。
花つきが悪くなったり、葉の色が薄くなる場合は、肥料不足と考えましょう。

 

梅雨の季節にはアブラムシやダニがつきやすくなります。
目についたらすぐに市販の殺虫スプレーで駆除してください。

カーネーション鉢植えの切り戻しと植え替え時期<

カーネーションには春に咲く「一季咲き」の品種と、生育条件が整えばいつでも咲く「四季咲き」の品種があります。

開花時期

・一季咲きの品種(3月 ~ 5月頃)

・四季咲きの品種(2月 ~ 7月 ・ 9月 ~ 11月頃)

母の日にプレゼントされたカーネーションが四季咲きの品種かもしれません。
秋にまた花を咲かせるために切り戻しと植え替えをしてみましょう。

切り戻しの時期

切り戻しの時期は、花が一通り咲き終わる6月中旬前後が良いでしょう。

根元から全体の半分ほどの高さで思い切って茎を切り戻しましょう。

 

切り戻しをすることで、新たな茎が伸びる秋に再び開花するのを待ちましょう。

植え替え時期

植え替え時期は、切り戻し作業と同時期の6月中旬頃が良いでしょう。

 

根が伸びて鉢内に回ってしまい新しい茎が伸びなくなった時や、鉢土に水がしみこみにくくなったりした時が植え替えの目安です。

一回り大きな鉢を用意し、植え替え後は風通しの良い戸外に置きましょう。

カーネーション鉢植えの冬越えできるの?

カーネーションの鉢植えが冬を越して来年も咲いて欲しいですよね。

ただ、カーネーションの鉢植えはちょっと難しいと言われています。
カーネーションはとてもデリケートで、虫が付きやすく病気にかかりやすいのです。

何年も楽しむというのはなかなか難しく、「一年草扱い」されていることが多いようです。

しかし、何年もカーネーションを咲かせている方もいらっしゃるので、あきらめないで冬越しに挑戦してみましょう。

カーネーション鉢植えの冬越えの方法

カーネーションは屋外の寒さには耐えられないので、室内に入れましょう。

昼間は室内の日があたる出窓などに置き、夜は窓際は温度が下がりますので、必ず室内の中央に移すようにしましょう。
なるべく一定の気温を保てるようにしましょう。

 

どれだけカーネーションに必要な、温度と日当たりを確保できるかによって、生育具合が変わってきます。
花が咲いたり、新芽を出したりしているときは、通常通りの管理をします。

少し弱ったり元気がないときには、水やりを少し控えめにして肥料を与えてはいけません

 

こちらの記事も参考にしてください。
紫陽花の鉢植え室内での育て方 植え替え時期や地植えへの方法と剪定は?

まとめ

子供からプレゼントされたカーネーションは意味のある特別なものです。

愛情込めて正しいお手入れや育て方をして、切り戻しや植え替え時期植を守り冬越しを成功させましょう。