紫陽花(アジサイ)の鉢植えを母の日のプレゼントで人気です。

しかし、室内での育て方がわからないと悩んでいるお母さんは意外に多いようです。

根の成長の早い紫陽花は植え替えが必要な植物です。

鉢植えままでいくか、地植えにするか、剪定は必要なのかも迷いますよね。

そこで、紫陽花の鉢植えの室内での育て方や植え替え時期、鉢植え、地植えそれぞれの植え替え方法や剪定時期や選定方法について紹介します。

これで、母の日のプレゼントの紫陽花の鉢植えは安心していつまでも楽しめますよ。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

紫陽花(アジサイ)の鉢植え 室内での育て方

母の日にはカーネーションのイメージが強いですが、最近人気なのが紫陽花(アジサイ)の鉢植えです。
紫陽花は日本原産の植物なので、日本の気候に合っているのです。

カーネーションはデリケートで育てるのが難しいと植物ですが、紫陽花は基本的にはとても育てやすく、害虫にも強いと言われています。

カーネーションの鉢植えの手入れ方法と育て方 植え替え時期や冬越しは?

だから、長く楽しんでもらえる紫陽花が、最近母の日のプレゼントに選ばれているのかもしれませんね。
しかし、育てやすいとは言われている紫陽花ですが、室内での正しいお手入れ方法がわからないと、しおれちゃった、枯れちゃった、なんてことも無きにしも非ずです。

それでは、紫陽花の鉢植えを長く楽しむための育て方のポイントを紹介しますね。

紫陽花の鉢植えをプレゼントとしてもらったら・買ったら

紫陽花の鉢植えを母の日のプレゼントとしてもらったり、自分で購入してきたら、まずはラッピングを外しましょう

でも、お花のラッピングって素敵なので、。そのままお部屋に飾りたいとつい思ってしまいます。
ましてや子供からの思いがこもったプレゼントの素敵なラッピングを直ぐに外すのはもったいないし、申し訳ないような気がしますよね。

しかし残念ですが、ラッピングは紫陽花にとって次のように一つも良いことはないのです。

・ラッピングで覆われているために湿気がこもって蒸れてしまう
土の乾き具合がわかりにくく管理しにくくなってしまう

紫陽花のことを第一に考え、ラッピングにこだわるのはやめましょう。
ここは、スマホやデジカメで画像に残すことで納得しましょうね。

紫陽花の鉢植えの水やり

花屋さんでは配送時やお客さんが購入時に、鉢から水がタラタラ垂れて扱いにくくならないように、水やりを最小限にしているそうです。

特に母の日用の紫陽花は、見栄えを良くするために鉢が小さいです。
確かに鉢が小さければ、花が大きく豪華に見えますもんね。

だから、ラッピングを外したら早速水やりをしましょう。

梅雨時に生き生きと咲く紫陽花は水切れをおこしやすい植物です。
また紫陽花は大輪で、葉も大きくたくさん茂っているので、乾燥しやすくとても水を必要としています。

だから、紫陽花の鉢植えは余計に水切れしやすいのです。

そうならないためにも水やりは、鉢の下から水があふれるくらいたっぷり与えましょうね。

紫陽花の鉢植え 茎がしおれて花がおじぎをしてしまっている時は?

母の日のプレゼントなどで、紫陽花の鉢植えが宅急便などで贈られてきた時、万が一茎がしおれて大きな花がおじぎをしてしまっている時は、すでに水切れをおこしていると考えましょう。

しっかりたっぷり水やりをすれば大丈夫です。
次第に元気になってくれますよ。

この時あせって、「植え替えをしなくちゃ。」なんて考えないでくださいね。

紫陽花の鉢植え 水やりの頻度

紫陽花の大きさや鉢の大きさによっても違ってきますが、一般的に暑い時期には1日2回、朝と晩に水やりをしましょう。

★注意点

たっぷり水やりした後は、受け皿にたまった水はしっかり捨ててください。

そのまま受け皿に水を溜めておく方がいいと勘違いしている方が意外に多いようです。
この行為は根腐れを起こしてしまう原因になってしまいます。

紫陽花の鉢植え 置き場所

紫陽花は梅雨時に咲く花のイメージが強いので「日影が好きなのでは?」と思われがちですが、基本的には日光を好む植物なので、日当たりのいい場所に置きましょう。

ただ、日差しが強すぎるのはNGです。
日差しで乾燥して葉がやけて傷んでしまいます。

湿気と水分が重要な紫陽花にとって最も適した場所は、花が生き生きとした状態で長持ちさせることができる半日陰の場所です。

★半日陰の場所とは

部屋の中だったらカーテンに近くて弱い日光が入るところです。
マンションなどのベランダだったら、日当たりがあまり良くない場所になります。

全く日光が当たらない場所でも紫陽花が枯れることはありませんが、花つきが悪くなってしまうのでできれば避けたいですよね。

紫陽花の鉢植え 肥料

紫陽花の鉢植えをプレゼントでもらったり、買ったりした際、肥料をすぐに与える必要はありません。

肥料が必要な時期を紹介しますね。

★肥料が必要な時期

12月 ~ 1月頃(冬の間)
3月頃(新芽が出る時期)

たい肥と油かすを混ぜたものか、市販の有機肥料を与えましょう。

紫陽花の鉢植えの植え替え時期や地植えへの植え替え方法

紫陽花は根の生長が早いので鉢植えの場合、根詰まりを起こしやすいので1~2年に1回は植え替えが必要です。

それでは植え替え時期や植え替え方法を紹介します。

紫陽花の鉢植えの植え替え時期

紫陽花の鉢植えの植え替え時期は、花が咲き終わる7月下旬~9月頃がベストです。

花が咲いている時期は絶対に避けてください。
花を咲かせることに水分や体力を使っているので、植え替えという行為で株が弱って紫陽花が枯れてしまう可能性が高いのです。

花が咲き終わるのを待って、剪定を行ってからが良いでしょう。

※剪定の時期ややり方については下記で紹介してます。

紫陽花の鉢植えの植え替え 鉢植えがいいの?地植えがいいの?

紫陽花の鉢植えの植え替えは、どちらがいいというよりそれぞれの家庭の状況に合わせるしかありません。

庭があって紫陽花を植えるスペースがあるなら、「庭に地植えが良いですよ。」と言いたいです。

なんせ地植えは水やりの手間はほとんどなくて、お手入れが楽なのです。
よほどの日照りが続かない限り、雨の水だけで基本放置で大丈夫です。

しかし地植えがお手入れが楽で良いと言っても、マンションで庭がなかったり、庭があっても紫陽花を植えるスペースが取れない場合は鉢植えで育てるしかありませんよね。

それでは鉢植え、地植え、それぞれの植え替え方法を紹介します。

鉢植えの植え替え方法

◇1号または2号大きなサイズの鉢を用意

現在の鉢よりも1号または2号大きなサイズの鉢を用意しましょう。

紫陽花は横に広がって根を張る低木で、水切れにはとても弱い植物です。

だから、植え替え時に用意する鉢を浅鉢にすると水切れを起こしやすくなるので、磁器で少し横に深めのものがおすすめと言われています。

磁器の鉢は中に熱がこもりにくく、逃げやすい特性を持っているからです。
ただ、陶器は重さがあるので手でもって移動させる時などは、腰を痛めちゃうなんてこともあるので気をつけましょう。

もちろんプラスチック製で普通の深さの鉢であるならOKです。

ちなみに、
私の家に紫陽花の鉢植えがあるのですが、私は腰痛持ちなのでプラスチック製で普通の深さの鉢で育てています。
今のところ順調で何の問題もありませんよ。

絶対に避けてほしい鉢は素焼きの鉢です。

見た目にオシャレなものが多いので、選びたくなっちゃうかもしれませんが、素焼きの鉢は保水性が低いので紫陽花には向きません

◇作業手順

1.鉢から紫陽花を取り出し、株の土を少し落としておきます。
2.傷んでいる根や長すぎる根があれば切ります。
3.新しく用意した鉢には必ず鉢に底石を敷きましょう。
培養土を入れて、鉢から取り出した紫陽花を植え付けましょう。
4.植え付けた後は、鉢の底から水が出てくるまでたっぷりと水を与えます。

◇植え替えた後の管理

植え替えた後の紫陽花はダメージは受けています。

いつもは日の当たる場所に置いていても、植え替えた後は明るい日陰で管理しましょう。

2週間~1ヶ月ほど様子を見ながら、水切れを起こさないように注意しましょう。

新しい芽が出たのを確認したら、少しづつ日の当たる場所に移動させます。

⇒ ベランダの土の処分にゴミ出し可能?ホームセンターを利用?再利用方法を紹介

不要となった使用済みの土の処理で困った時や土の再利用する場合は参考にしてください。

地植えの植え替え方法

◇地植えに適した場所

地植えに適した場所は、水はけの良い適度に日の当たる場所です。
明るい日陰や、日の当たる時間がある日陰を選びましょう。

紫陽花は日陰に咲くイメージがありますが、適度に日が当たらないと花芽が育たずに花付きが悪くなります。

また、花芽は冷たい北風に当たると枯れてしまうので、風よけのある場所が最適です。

紫陽花は地植えにするととても大きく生長するので、広めのスペースを確保できると最高です。

◇作業手順

1.大きなスコップと腐葉土を用意しましょう。
2.紫陽花の根よりもひと周り大きな植え穴を掘りましょう。
3.掘り上げた土に3割くらい、用意した腐葉土を混ぜ込みます。
4.植え穴に腐葉土を混ぜた土を少し戻し入れましょう。
5.紫陽花を鉢から取り出して、根を少し崩しましょう。
6.紫陽花を植え穴に入れ、土を地面よりも低くなるように戻しましょう。
7.根の周りに水が溜まるくらいしっかりと水を与え、水が引くのを待ちましょう。
8.水が引いたら残りの土を入れて、地面と同じ高さにして踏み固めましょう。

◇植え替えた後の管理

基本的に、地植えには水やりは不要なのですが、植え替え後は根付くまでは毎日水やりが必要です。

特に、梅雨明け後に植え替えを行った場合は、水切れに注意しましょう。

根付いたと考えて良い目安は、新しい芽が出たのを確認できたらです。

紫陽花の鉢植えの剪定は?

紫陽花は、特に剪定をしなくても毎年花を咲かせてくれます。

ただ、紫陽花は成長がとても早いので、剪定しないとびっくりほど大きくなってしまいますよ。

地植えの場合はあまり気にならないかもしれませんが、鉢植えの場合、大きく育ち過ぎてしまうと株自体が傷んでしまう可能性があるので、管理が大変になってくる前に剪定しましょう。

剪定の時期

◇1回目の剪定

1回目の剪定は紫陽花が咲き終わった後すぐに行いましょう。

この時、花より1~2枚葉下で切りましょう。

◇2回目の剪定

2回目の剪定は秋のはじめの10月頃に行いましょう。

この頃になると、一度目に剪定した部分の下の節の葉の付け根に来年咲く予定の花の芽が膨らんでいるので、その花芽は必ず残しその上をもう一度きりましょう。

これさえ間違わなければ、来年も紫陽花の私たちの心を癒してくれるきれいな花を咲かせてくれます。

まとめ

母の日のプレゼントに人気のある紫陽花をもらったり、買ったりした場合は育て方のポイントを押さえ、紫陽花を長く楽しむようにしましょう。

植え替えは、庭があって紫陽花を植えるペースがあるのならば地植えの方断然管理が楽です。
鉢植えの場合は素焼きの鉢以外を選びましょう。

剪定時期は花が咲き終わった後すぐと、秋のはじめの10月にもう一度切るので、計二回です。
花芽を間違って切らないように注意して残しましょう。

毎年紫陽花をきれいに咲かせて、お子さんと思い出話にも花をさかせましょう。

⇒ 鎌倉の紫陽花 明月院へのアクセスと見頃&混雑状況や穴場スポット

紫陽花で有名な鎌倉に行って見るのも楽しいですよ。