マンションのベランダの土の処分に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

枯れてしまった花の植木鉢や収穫が終わったプランターの土は自治体のゴミ出し禁止としているところが多いですよね。

土を購入したホームセンターで回収してくれたら嬉しいですよね。
不用品回収業者を利用することが出来るのか知りたいでしょう。

いっそのこと、再利用できたら一番いいのかもしれませんね。

そこで、ベランダの土の処分方法や再利用方法を紹介しょうかいします。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう

ベランダの土の処分に自治体のゴミ出しは可能?

通常、家庭内でゴミが出た場合は、自治体にゴミ出しして回収してもらいますよね。

「土」もゴミとして自治体に回収処分してもらえたら簡単で悩む必要ないのですが、ほとんどの自治体で土を処分するための行程を整えていないため、ゴミ回収品目の対象外に指定していることが多いのです。

あなたの自治体で土をゴミとして回収してもらえるのか対象外なのか、自治体から配布されているゴミの分別表をまずは確認しましょう。
必ず土の捨て方の項目があります。
わからない場合は、電話で直接問い合わせをしてみましょう。

ただ多くの場合で、「不要になった土は焼却できません。また土はゴミではなく自然にある物なので、回収していません。」と断られてしまう可能性が高いでしょう。

しかし、一部の自治体では土を「燃えないゴミ(不燃ゴミ)」として、収集してくれるところもあります。
この「燃えないゴミ(不燃ゴミ)」として捨てられる場合は、土の重みで袋が破れてしまわないように土の量に十分注意して捨てるようにしましょう。

残念ながら、燃えるゴミ、燃えないゴミ(不燃ゴミ)のどちらでも回収してもらえない場合は、ゴミ袋に土を入れて自治体のゴミ回収に出すことは諦めて他の方法を探すしかありません。
ただ自治体によっては、電話依頼した場合だけ土の回収を行ってくれるところもあるようなので、ダメもとでもいいと思うならば自治体の清掃課に電話で問い合わせてみてください。

最終的にダメだったとしても、他の方法を教えてもらえるかもしれませんからね。

ベランダの土の処分にホームセンターや回収業者を利用出来る?

自治体の「燃えないゴミ(不燃ゴミ)」として、回収してもらうことが出来れば一番いいのですが、断られてしまった場合はどうしたらいいのか紹介しますね。

ホームセンターで回収してもらう

近年はホームセンターで、使用済みの不要となった土を回収してくれるところが増えてきました。

ホームセンターに行って、土を回収する専用ボックスがあるかどうか確認してみましょう。
ボックスがあればその中に使用済みの不要となった土を入れればOK。
後はホームセンターが土を処分してくれます。

これって、スーパーの資源ゴミの回収方法と同じですね。

ホームセンターのほかにも、園芸店などで同じようなサービスを行っている場合もあります。
園芸店の場合は、ホームセンターのように店頭に回収ボックスは設置していない可能性が多いので、直接お店に問い合わせるほうが確実です。

不用品回収業者を利用

自分で「土」をホームセンターや園芸店の運び込むのは困難、すべて楽に進めたいという場合は、土の回収を行っている不用品回収業者に依頼しましょう。

見積もりをしてもらい金額がOKなら、自宅訪問して土を回収してもらえるので自分で土を運び出す必要はありません。
少々お金はかかりますが、時間と手間がかからない一番楽な方法です。

不用品回収業者は、自治体にゴミ回収の確認電話を入れた時に、安全で間違いないところを紹介してもらいましょう。
業者によって金額が相当違うので気を付けましょうね。

ベランダで不要になった使用済みの土の再利用の方法

土を処分するのではなくて、土を再生して再利用する方法を紹介しますね。
捨てる前に土を再利用する方法を考えましょう。

1.土を消毒
通常、土の中にはさまざまな微生物が生息していますが、全ての微生物が植物の生育にプラスに働くとは限らないので、使用済みの土はリサイクルする前に必ず消毒します。

土を消毒するときはビニールの袋に入れてしっかりと密閉し、日の当たる場所で1週間くらい放置しましょう。
熱によって土の内部を消毒することが出来ます。

この消毒が必要なのは、土が湿っている場合です。
土がもともと長い間乾燥していた場合は、消毒の必要はありません。

2.不純物を除去
使用済みの土には、さまざまな不純物(小石や枯れた植物の根や、使い続けて小さくなりすぎた土)が混ざっているので取り除き、きれいな状態に戻します。

土をざるなどに入れ、ふるいにかけて不純物を取り除きましょう。

3.栄養のある土を添加
ホームセンターのガーデニングコーナーなどで、使用済みの土を再利用するための添加用の土を購入しましょう。

添加用の土に使用済みの土を加えるのは、栄養分を補給するためです。
栄養をたっぷり加えることで、使用済みの土が再び植物の生育に適した土して生まれ変わります。

この添加用の土を使用済みの土によく混ぜあわせれば終了です。

まとめ

マンション暮らしにとって「土を捨てる」っていうことはとても頭の痛い問題です。

土の処分はまとめて後でやろうなどため込むと大変なことになります。
たとえホームセンターに回収ボックスがあっても、土の量が多くなるとベランダからの持ち出しに苦労してしまいます。

不要な使用済みの土がでたら、一度自治体に問い合わせをしてみましょう。
回収してもらえない時は、土を回収してもらえる業者を紹介してもらいましょう。

⇒ 紫陽花の鉢植え室内での育て方 植え替え時期や地植えへの方法と剪定は?

植え替え時に不要となった土はため込まないでサッサと処分するか、再利用しましょう。