朝顔を夏のまぶしい朝日の中に咲かせるには、種まきの時期をいつにしたらいいのか迷ってしまいますよね。

小学生の頃に育てた経験がある大人でも、意外にわからない人が多いのです。

また、プランターや植木鉢に種は何粒くらい、どのようにしてまいたらいいのか疑問点もいっぱいです。

そこで、朝顔の種まきの時期、プランターや植木鉢にまく種の数、その種の芽切りや吸水、土の中の種の向きなど、気をつけるポイントを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

朝顔の種まきの時期はいつ?

朝顔は夏の咲く花だということはわかっていても、種まきの時期はいつが良いのかわからないという人は多いですよね。

種は遅くまくより、早めにまいておけばいいんじゃないかと思っている人もいるようですが、その考えは間違いです。

 

それでは、朝顔の種まきのベストな時期を紹介しますね。

朝顔の種が芽を出すには、一定の気温が必要なのです。

朝顔は耐寒性が低いので、気温が20度以下の環境では発芽してくれないのです。
発芽に必要な気温は20℃ ~ 25℃で、比較的高温の時でないと育ちません。

 

だから早くまいて、早く可愛い芽が見たいと思って4月頃に種をまきたくなりますが、4月ではまだまだ気温の変動が激しいので育ちにくいのです。

 

一般的には気温が比較的安定しやすい、5月の中旬頃から6月下旬の梅雨入りするまでが、朝顔の種まきにベストの時期と言われています。

思ったよりまく時期が遅いと感じる人は多いと思いますが、朝顔は短期間に一気に発芽させた方が元気に育つようです。

 

ただ、地域によっては種をまく時期が少しづつ違っているので、地域別の大まかな目安を確認しておきましょう。

北海道や東北北部

5月下旬以降

関東地方では

5月中旬以降

関西地方

5月上旬以降

九州や沖縄

4月下旬以降

梅雨入りするまでに種まきが出来なかった場合

梅雨入りするまでに種まきが出来なかった場合は、その年に朝顔を咲かせること出来ないとガッカリしてしている人がいたら、安心してください。

朝顔をの種は7月にまいても育ちます

 

ただ、朝顔が咲く時期が少し遅くなり、次のようなことが起こる可能性があります。

花が小さい

花がたくさん咲いてくれない

朝顔はプランターや植木鉢に何粒まくの?

朝顔の種をまく際、一つのプランターや植木鉢に何粒くらいまいたらいいのか悩む人がほとんどです。

 

たくさんまいて朝顔をいっぱい咲かせたいと思いますよね。

でも多ければ良いというものではありません

 

それでは、プランターと植木鉢ごとに種まきに適切な個数を紹介します。

プランターの場合

60cmのプランターの場合、朝顔は3株植えが一般的です。
株と株の間隔は15㎝位離してください。

 

それでは朝顔の種は3粒なのかと言ったらそうではありません。

 

朝顔の種は、1ヶ所に3つ穴をあけてその中にそれぞれ1粒の種をまきます。

最終的には3株を育てるので、3ヶ所に同じように3つずつ穴をあけてそれぞれ1粒種をまくので、計9粒の種がまかれることになります。

 

3株育てるのに9粒の種では多すぎますが、これは一番元気な株を残すために必要な作業(間引き)なのです。

 

本葉が開いてきたら育ちの悪い株は間引きし、生育の良い株を1ヶ所から1株づつ残して計3株にします。

植木鉢の場合

鉢植えの場合は5号か6号の植木鉢(直径15㎝~18㎝)に1株が目安です。

 

鉢植えの場合もプランターと同様に、1ヶ所に3つ穴をあけてその中にそれぞれ1粒の種をまきます。

 

本葉が開いてきたら育ちの悪い株は間引きし、生育の良い株を1株残します

朝顔の種のまきの方法

元気な朝顔に育てるためには、種まきをする時に幾つか気をつけたいポイントがあります。

種を上手に発芽させる芽切りとは

朝顔は種は皮がとても厚いのです。
だから、ただ土の中に種をまくだけでは発芽しない場合もあるのです。

また発芽しても、発芽に時間がかかり過ぎてしまうと苗が弱ってしまい、その後苗が成長するのに良くない影響が出たりすることがあります。

このようなことを避けなくてはいけません。

 

そこで、朝顔を上手に発芽させるための芽切りをしましょう。
(市販の朝顔の種は大抵パッケージに書いてある説明通りそのまままくことができます。)

自分が朝顔の咲いた後に出来た種を取った場合に、そのまままいたのでは発芽しにくいのです。

 

この種まきの前準備の芽切り(種の皮を削る)をしておくことで、発芽率がグーンと上がりますよ。

 

それでは前準備の芽切りのやり方を紹介しますね。

朝顔の種の芽切り(種の皮を削る)のやり方

朝顔の種の丸みを帯びた背中の部分を爪切りのやすりの部分などを使って削りましょう。

皮を削ることが目的なので、種の中の白い部分が見えそうなところまででOKです。

 

種の中には丸まった葉が詰まっているので、あまり深く削りすぎてしまうと芽を切ってしまう事もあるのでくれぐれも慎重に行いましょう。

種の丸みを帯びた側の反対側の白い部分は成長して「根」になるので、傷をつける事のないように注意しましょうね。

 

芽切りを行った朝顔の種は、一晩吸水させてからまきましょう。

朝顔の種まきの方法

朝顔の種の芽切りをし、一晩吸水させたらいよいよ種まきです。

水はけが良い土を用意しましょう

次の内のいずれかの土を使用しましょう。

・ 腐葉土など有機質が入った土

・ 玉土5 腐葉土4 川砂1 を混ぜた土

・草花用の培養土

 

※くれぐれも去年使った、プランターの中に入っている土を再利用するのは生育が悪くなるのでやめましょう。

プランターや植木鉢を用意しましょう

1.プランターや植木鉢の底の穴を網でふさぎ、土が落ちないようにしましょう。(網は台所用の水切りネットでもOK)

 

2.水はけをよくするために、プランターや植木鉢の底には小石を敷きましょう。

 

3.プランターや植木鉢に土を8割り程度まで入れて、最後に手のひらで土を「ポンポン!」と叩いてあげましょう。

 

4.指で土を1cm程押して穴をあけ、そこに種を入れましょう。
この時、種の向きに注意が必要です。
種をよく見て、丸みを帯びた部分が上になる様に穴の中に置いて、軽く土を被せましょう。

 

5.発芽するまで土が乾かないように水やりを行いましょう。
ただ、水をやり過ぎると発芽前に種が腐ったりするので土が乾いていたらあげることが重要です。

 

こちらの記事も参考にしてください。
朝顔のプランターでの育て方 支柱や摘心のコツと肥料の与え方や水やりは?
朝顔の種の収穫時期や取り方と保存方法や保存期間は?

まとめ

朝顔の種蒔きは、一般的には気温が比較的安定しやすい、5月の中旬頃から6月下旬の梅雨入りするまでに行いましょう。

プランターには3株、植木鉢には1株がおすすめなので、1ヶ所に3つの穴をあけ3粒の種をまいて元気のいい株を選び(間引き)育ててきましょう。

しっかりと、芽切り(種の皮を削る)や吸水処理(種を一晩水につけておく)をして発芽率を上げましょう。