朝顔をプランターで育てる際、ツルを巻きつける支柱やネットが必要になります。

そして、朝顔の花数を多し楽しむためには摘心という作業も重要です。

また栽培期間が長い朝顔には、肥料や水やりも大切になるのです。

そこで、朝顔をプランターで育てるための上手な育て方のコツやポイントを紹介します。

朝顔は成長が早い植物なので、芽が出てくる前にしっかり確認しておきましょう。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

朝顔のプランターでの育て方 支柱やネットを立てるコツは?

とても成長が早い朝顔を育てるのに支柱やネットは必須です。

 

空に向かってグングン伸びて行くイメージの朝顔と言えども、種をまいて発芽したまま何もしないで育てると、1本の細長いツルがただただ地面をはうように伸びるだけです。
やっぱり朝顔はイメージ通りに空に向かって元気にどこまでも伸びていって欲しいですよね。

 

だからそのために、支柱やネットを立ててツルが折れないよう、上に上にと誘引してあげましょう。

 

まずは発芽後、葉っぱが2 ~ 3枚に育ってきたら支柱やネットを立てましょう

鉢植えの支柱の場合

鉢植えの場合は、子供が小学校で育てている朝顔をイメージすればOKです。

 

支柱を3本ほど鉢にさして、支柱同士をひもで3ヶ所(上部、真ん中、下部)結びましょう。
支柱にする棒やひもは百均で揃えることができますし、ホームセンターなどで朝顔用の支柱も販売されています。

 

鉢植えに支柱を立てて準備をしておき、朝顔のつるが伸びてきたら、らせん状にツルを支柱に絡ませていけば「あんどん仕立て」という形にできあがっていきます。
朝顔市などで購入する朝顔がこの「あんどん仕立て」ですね。

プランターの支柱やネットの場合

長方形をしているプランターの支柱はあんどん仕立てというわけにはいきませんよね。

プランターの場合は、長方形の形を生かせるような市販されているメッシュ支柱を購入してプランターに挿し込みましょう。

 

また、ネットを選ぶと朝顔のグリーンカーテンとして、マンションのベランダなどでも楽しむことが出来ますよね。

 

ネットをピンと張りツルが絡みやすくするには、プランターにさした支柱にネットを通して固定するのがおすすめです。
ネットの上部は、サッシ枠などの金具に紐で固定すると安定します。

 

ベランダなどで紐をひっかけるところがない場合は、突っ張り棒を外の窓枠の上に設置し、そこにネットを吊るようにしましょう。

 

ネットは、網目が10cm程度の大きな園芸用ネットが最適です。

ネット設置のポイント

・ネットはプランターよりも外側に設置しましょう。(夏の暑さに朝顔の株がやられにくい)

・ネットはたるみが出ないようピンと張りましょう。(ツルが絡みやすくなる)

 

ツルがネットに絡まないではうように長く伸びている場合は、手で直接ネットに巻きつけましょう。
ツルが短い時には、ビニールテープなどでツルと支柱を結ぶようにしてあげましょう。

朝顔のプランターでの育て方 摘心のコツは?

「摘心?」この言葉を初めて耳にしたという方も多いのではないでしょうか。

摘心とは、ツルの先端を切ることです。

 

「えっ! せっかく伸びたツルを切っちゃうの?」と思う人も少なくありません。

しかし朝顔に限らず植物は、生長の頂点のツルの先端を摘むことで、かわりに新しい生長点をいくつも伸ばす性質があります。

だから朝顔も摘芯をすることで、脇芽を多く発生させてその脇芽を育てることで、最初からの親ズル1本で育てるよりも花数を多く増やすことができるのです。
また、朝顔の株を大きくするためにも必要な作業です。

 

そして、摘心をしたいもう一つの訳があります。

朝顔は、ツルの先の方に花を咲かせる特徴があるので、摘心をしないでそのまま成長させてしまうと、ツルの真ん中から下には花が咲かずにスカスカの状態で、見た目が寂しく貧弱になってしまいます。
だから、摘芯をして脇からツルが生えてくるのを促進してあげて、下の方にも花を咲かせるようにしましょう。

脇から出てきた新しいツル同士が絡まないようにネットにまんべんなくはわせると、花が咲いた時にとてもキレイですよ。

 

摘芯をしなくても自然にツルから脇芽が出てくることがありますが、親ズルを残した状態で脇芽を伸ばして子ズルにすると、花付きが悪かったり株自体が疲れてしまうことが多いので、伸びたツルを切るのは可哀そうと言わずにぜひ摘心を行うようにしましょう。

摘芯の時期と方法

それでは、摘心をするベストタイミングを紹介します。

本葉が8枚 ~ 9枚になった時が摘芯をする時期です。

 

本葉とは、双葉の次に出てくる葉が第1の本葉になります。

 

摘芯はこの第1の本葉から数えて、第5か第6の本葉の上でツルを切ります
この時、ツルが細くても必ずハサミで切りましょう。

 

つるは細いからといって無理に手でひきちぎるのはNGです。
このような行為は株が弱くなったり、最悪朝顔が枯れてしまうことにもなりかねません。

 

そして、子ズルも適当な長さになったら先の部分を切ってしまいましょう。
そうすることで、子ズルの脇から更にツルが生えてくるので、ツルの数がドンドン増えていきますよ。

朝顔のプランターでの育て方 肥料の与え方や水やりの仕方

朝顔を元気に育てるための、肥料の与え方と水やりの仕方を紹介します。

肥料の与え方

朝顔の栽培期間は長期(夏~秋)に渡るので、肥料が切れないようにしましょう。

月に一度、化成肥料(7~10g)を株元の土に混ぜ込んで追肥するか、2週間に1回程度、水で薄めた液体肥料を追加で与えましょう。

水やりのポイント

朝顔をプランターで育てる際は地植えとは違い土が乾きやすいので、朝にプランターの土を確認して表面が乾いていたら、プランターの底から水が出てくるまでたっぷりと与えるようにしましょう。

また夕方も土の表面をチェックして、乾いていたらたっぷりと水を与えましょう。

 

朝顔は夜にツルが伸びるので、夕方の水やりによって生長具合いが違ってきます。

 

朝顔を小さく育てたいなら水は少なめに、グリーンカーテンを作りたいときは水は多めに与えましょう。

 

ただ朝水やりを忘れたからと言って、気温が高くなっている日中に水を与えるのはNGです。
土の中の水分の温度が上がり蒸れることで、根が傷んだりする原因になってしまいます。

 

水を与えるのは朝の早い時間帯か、日が沈み夕方になってからにしましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
朝顔の種まき時期やプランターには何粒まく?芽切りと種まき方法
朝顔の種の収穫時期や取り方と保存方法や保存期間は?

まとめ

朝顔を育てていくのに支柱(ネット)と摘心は必須です。

花数を増やし株を大きく育てるためには、水やりと肥料の与え方のポイントもしっかり押さえて元気な朝顔を咲かせましょう。

思い切って、朝顔のグリーンカーテンに挑戦してみるのも楽しそうですね。