女性の抜け毛や薄毛は年をとると進行すると思われがちで、「更年期以降の症状」だと思い込んでいる人が意外に多いようです。
しかし最近では20代や30代でも抜け毛に悩む女性も増えてきているのです。

何が抜け毛や薄毛の原因になっているのか気になりますよね。

シャンプーは重要なのか、どのような対策をすればいいのか知りたいでしょう。

そこで、女性の抜け毛や薄毛の原因やシャンプーの重要性、実践したい早めの対策を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

女性の抜け毛や薄毛の原因

男性のいわゆる「はげる」原因は遺伝的なものが強いですが、それ以外にも要因はいくつもあります。

女性の「抜け毛や薄毛」の原因も一つではありません。
「原因はこれ!」と言い切れないのがやっかいなところですね。

それでは、女性の抜け毛や薄毛の主な原因を紹介します。

老化

女性の抜け毛や薄毛の進行は、頭皮や毛母細胞の老化によって起こるのが一般的です。

髪の毛は細胞からつくり出されるので、つくり出す細胞自体が、老化してしまうと生産能力が落ちることになります。
そしてつくり出す能力が、抜けていく数に追いつかなければ当然髪の毛も減り、これが細胞の老化、機能低下ともいえます。

男性のケースである「髪の毛が生えるけど育たない、産毛みたいなのはあるけどしっかりと髪の毛として育っていない」と言うのとは違うのです。

ホルモン

女性の体にも、男性ホルモンは備わっています。
女性ホルモンの分泌が減って、男性ホルモンの分泌が増えると抜け毛や薄毛になってきます。

女性は男性ほどの薄毛になりにくいのは、女性ホルモンが機能しているからなのです。
しかし更年期になると女性ホルモンが減ってくるので、抜け毛や薄毛は一気に進行します。

やはり年齢がと思いきや、20代や30代でも女性ホルモンが減る現象が現れているのです。
それは近年、仕事の形態が変わることなどにより女性が男性化してきていることが、男性ホルモンを増やしていることにもつながっているようです。
若年性の抜け毛、薄毛で悩む女性は心当たりがありませんか?

ストレス

最近は生活の多様化が進み、夜型の女性も増えています。
夜中にインターネットやゲームを楽しんでいるとアッという間に時間が過ぎて、慢性的に寝不足状態の女性も多いのではないでしょうか。

夜更しをして不摂生な生活を続けていると「成長ホルモン」の分泌量が減ってしまいます。
それによって、毛母細胞の働きも弱まります。
その結果、毛髪の成長も妨げられ、太い力強い毛が生えなくなり、大量の抜け毛を招いてしまうのです。

また頭皮自体へのストレス(紫外線・シャンプーの仕方など)や、ファッション(パーマ・ヘアカラー・スタイリング剤・ストレスのかかる髪型など)も大きく影響しています。

さらに頭皮によくないシャンプーやドライヤーなど、日常的に誤ったヘアケアをしていると、薄毛になりやすくなるのです。

過度のダイエット

髪の毛は、蛋白質(タンパク質)、脂質、色素(メラニン)で構成されています。

適度な運動と栄養を考えた食事によるダイエットならば問題はありませんが、若いうちは「とにかく食べる量を減らすダイエット」をしがちですよね。
これは髪の毛の原料すらも減らしていることになるのです。

これでは、栄養バランスやホルモンバランスが乱れてしまうし、自律神経の乱れやストレスを招くことにもなりかねません。
自律神経が乱れると血流が悪くなって、頭皮と髪に栄養が充分行きわたらなくなり、ヘアサイクルも乱れてしまうのです。

女性の抜け毛や薄毛にシャンプーは重要?

女性の抜け毛や薄毛にシャンプーはとっても重要です。

頭皮は顔の皮膚と一枚の皮でつながっているので、似た性質を持っています。

だから、シャンプーで乱暴な洗い方をするとすぐに傷がついてしまいます。
お肌のお手入れと同様に考えましょう。

多くの方は(私も含めて)お肌のお手入れは念入りにするのに対して、頭皮のお手入れはあっさり済ませてしまう。
さらには、あまりシャンプー剤にも洗い方にもこだわっていないという人も少なくありません。
これではいけないのです。

そこで、「シャンプーの見直し」をしてみましょう。

シャンプーの種類も洗浄成分によって、大きく次の3種類に分けられます。

・高級アルコール系シャンプー
・石けん系シャンプー
・アミノ酸系シャンプー

高級アルコール系シャンプー

最も多く出回っているのが、高級アルコール系シャンプーです。
洗浄成分に石油合成系活性剤を使用しています。

泡立ちがよく皮脂をキレイに洗い流すシャンプーなのですが、洗浄力が強いため頭皮の保護に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

また刺激も強いので、乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要です。

すすぎが不十分で微量でも頭皮に成分が残ると皮膚へ浸透し、頭皮の炎症や毛母細胞にダメージを与える可能性があります。

石けん系シャンプー

石けん系シャンプーは、洗浄成分に石けんを使用したシャンプーです。

刺激が弱く、頭皮に優しいのが特徴なのですが、石けんはアルカリ性のものが多いため、弱酸性の髪に使用するとキューティクルが毛羽立ってしまいます。
そのため泡立ちが悪い、髪がきしむ、ゴワつくなどの使い心地が悪いことがあるので、石けん系シャンプーを使ったあとは、酸性のリンスで髪の毛を弱酸性に戻す必要があります。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力は多少弱くなりますが、抜け毛予防に適したシャンプーなのでおすすめです。

髪や頭皮はタンパク質で作られ、タンパク質はアミノ酸によって構成されています。
洗浄成分にこのアミノ酸を使っているため刺激が少なく、頭皮を守るバリアの役割をする皮脂を適度に残しながら汚れを落としてくれます。

正しいシャンプーのやり方

シャンプー剤が決まったら、次は正しいシャンプーのやり方を紹介していきますね。

1.シャンプー前にブラッシングをしましょう。
フケやほこりを落とすために毛先からブラッシングし、その後頭全体を丁寧にブラッシングし頭皮の血行を促しましょう。

2.充分に髪にシャワーを当てましょう。
髪の汚れを流すというイメージで行いましょう。
髪の汚れは、なんとこのプレシャワーリング(前流し)だけで70%位落ちると言われています。

2~3分かけて充分に行ないましょう。
これによって、シャンプー剤も少ない量で充分に泡立ちます。

3. シャンプー剤を手に取り馴染ませながら髪に塗布しましょう。
十分に泡が立つまで揉み洗いをします。
爪を立てずに指の腹で頭皮を洗っていきます。

しっかりマッサージをするイメージで洗っていきましょう。
ムースやスプレー等を使用してる人は2度洗いしましょう。

4.最後の流しは重要です。
充分過ぎるくらいシャンプー剤をしっかり流しましょう。
最低でも3分以上はシャワーで流し、シャンプーの成分が頭皮に残らないようにするのです。

★シャンプーの頻度
・3日に1回でも大丈夫です。脂症の人でも2日に1回程度でもOKです。
・シャンプーしない日はお湯洗いで、よごれをもみ出すようにやさしく洗います。
・毎日のシャンプーは多すぎますが、水(湯)だけの洗髪なら毎日でもOKです。

女性の抜け毛や薄毛対策は?

女性の抜け毛や薄毛は、早めに対策(ケア)することで頭皮の老化の進行を遅らせることができます。
これは、お肌の老化を遅らせることと同じです。

前述した原因(老化、ホルモン、ストレス、過度のダイエット)をすべて取り除くことは無理かもしれないけれど、少しでも取り除くことができればそれが予防につながります。

それではどのような対策が有効なのか紹介しますね。

睡眠をしっかりとる

毎日しっかりと睡眠をとることが重要です。
睡眠中は、成長ホルモンが分泌され、同時に血液により栄養が運ばれています。
特に、午後10時~午前2時が、成長ホルモンが最も盛んに分泌されます。
この4時間の間にかかるように意識して寝るようにしましょう。

カラーリングとパーマを控えめに

カラーリングとパーマは頻繁にしないように気をつけましょう。
カラーリングとパーマを繰り返すことでキューティクルが破壊されて、髪が細くなりハリや弾力が失われてしまいます。

頭皮や髪の健康のためには、やらないことが一番ですがそれは無理ですよね。
最近はダメージの少ないカラーリングやパーマも出てきているので、ダメージの弱いものを利用するか、頻度を減らすようにしましょう。

カラーリングやパーマ液を頭皮につけてしまうことが、
髪を細くしてしまう大きな原因なので、液剤を頭皮に直接つけない技術の高い美容院を見つけだすのも一つの手です。

バランスの良い食事と規則正しい生活

バランスの良い食事と規則正しい生活を心がけましょう。
髪の健康にはとても大切です。

血液が髪まで栄養を送れるように、髪や頭皮に良い食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

★髪に良い成分
・タンパク質
しらす干し、牛肉、まぐろ など
・亜鉛
牡蠣、牛肉、卵の黄身 など
・ビタミンB6
にんにく、まぐろ、鶏ひき肉 など
・ビタミンE
いくら、モロヘイヤ、大根 など
・銅
レバー、桜えび、納豆、ココア など

まとめ

抜け毛や薄毛にはストレスや疲労をため過ぎないようにし、寝不足をなくし日頃の生活習慣に気をつけ、規則正しい生活とバランスのよい食生活を心がけましょう。
これは、あらゆる健康の基本ですよね。

髪は野菜や果物を育てるのと同じ、頭皮は土地の役割をはたしているのです。
健康な頭皮で栄養タップリな太い髪を育てましょう。

⇒ 産後の抜け毛を予防する栄養や効果が期待できる食べ物

参考にしてください。