梅雨時のシトシト降る雨に影響されて、髪の毛が決まらないと嘆く女性は多いですよね。

朝セットしたのに気づくと横に大きく広がる髪、もそもそとうねる髪、なんでこうなるの?

おしゃれ女子の気分はテンションは下がってしまいます。

お手入れのコツや対策が知りたいですよね。

またおすすめのアレンジもきになるでしょう。

そこで、梅雨時に広がりうねる髪の原因、お手入れのコツや対策、おすすめのアレンジを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

梅雨時に髪が広がりうねるのはなぜ?

梅雨時に気になるのが髪の毛の広がりやうねりですよね。

朝しっかりとセットして決めたはずなのに、職場に着いて鏡を見ると無残な姿になっている髪型をみると泣けてきます。
そんな女性は多いでしょう。

 

それでは、どうして髪が広がりうねってしまうのか、紹介します。

梅雨時のように湿度が高いと髪が広がりうねるのは、髪の水分が偏っているからで、キューティクルのダメージ(損傷)が原因です。

 

キューティクルは髪の表皮とも言われ髪の毛を守ってくれる役割があるのですが、そのキューティクルがダメージ(損傷)受けて剥がれしまっていると、剥がれた部分からどんどん水分が侵入してしまい、髪の内部に溜め込むのです。

 

だから、髪の水分量が多い部分だけが膨張し広がり、膨張した部分の水分量も髪1本1本違うために、髪がうねって全体が大きく広がってしまうのです。

髪の広がりやうねりを防ぐお手入れのコツや対策は?

湿気で髪が広がらないようにするには、髪のキューティクルを整えることが一番大切です。

髪全体の水分が均一の含まれていれば、髪の毛のうねりはなくなり、髪の広がりも気にならなくなるということになりますよね。

 

髪のキューティクルは紫外線摩擦ドライヤーの熱によっても大きくダメージを受けてしまいます。

日頃から、帽子や日傘などで紫外線対策をし、ダメージケア効果のあるトリートメントでお手入れするのが良いでしょう。

 

それでは具体的に、髪の広がりやうねりを防ぐお手入れのコツや対策を紹介します。

ブラッシング

髪をブラッシングをすることによって、髪と髪の間に空気が入り込んで湿気を溜めにくくしてくれます。

更に偏った髪の水分をバランス均等に広げてくれる効果がありますよ。

 

ただし、髪をブラッシングするときは髪への摩擦に注意しましょう。

ブラシは目の粗いものを使い、優しくゆっくりとあまり力を入れずに髪をとかしてくださいね。

洗った髪の乾燥

髪を洗った後の自然乾燥はNGです。

ドライヤーの熱で髪の毛が傷んでしまっているのだと勘違いして、タオルドライしたままの状態で過ごしている人はいませんか?

 

濡れた髪はキューティクルが傷みやすい状態になっているので、ドライヤーで乾かさないでそのままの状態で寝てしまうなんて無謀な行為は止めましょう。

布団や枕で濡れた髪の毛に摩擦が加わると簡単に傷ついてしまいますよ。

ドライヤーで完全に乾燥させてから寝るようにしましょうね。

 

下手すると髪が長い人の場合、朝目が覚めた時にまだ半乾きだったなんてことが無きにしも非ずですからね。

髪の毛を乾かすポイント

髪を乾かすポイントは、ドライヤーの風を濡れた髪に当てる前にタオルドライをすることです。

水滴が落ちない程度の半乾きにしてから、ドライヤーの風を当てるのです。

 

またドライヤーは毛先から乾かすのではなく、髪の根元から少しづつブ髪をロッキングしながら下から上へと髪を乾かし、仕上げを冷風に切り替えると髪のダメージも抑えられ、セットがキープしやすくなります。

梅雨時に広がりうねる髪のアレンジのおすすめは?

梅雨時に広がりうねる髪はアレンジして楽しむのも一つの手ですよね。

 

最近はウィッグが流行しています。
ウィッグに挑戦してみるのも良いでしょう。

ロングヘアーの場合

ロングヘアーの場合は、ぱっぱっとバレッタで一つにまとめて、ウィッグをつけるだけでとってもおしゃれに仕上がり、女子力がアップしますよ。

梅雨時はジメジメしているので、襟足を出すと自分自身もさっぱりスッキリとしますが、周りの人たちにも爽やかな印象を与えることでしょう。

いつもと違う自分を発見してみましょう。

 

また無造作な感じのシニヨンにしたり、編み込みにしたり、三つ編みにするのもおすすめです。

ショートヘアの場合

ショートヘアの場合は、おしゃれな髪どめを使って髪をとめるだけでも可愛いし、髪のボリュームがおさえられます。

ヘアバンド帽子を被るのも良いでしょう。

まとめ

ジメジメとした梅雨に気になる髪の毛の広がりやうねりは、キューティクルのダメージ(損傷)が原因です。

ブラッシングや洗った髪の乾燥に気をつけて、ちょっとだけ手間をかけ手を加え髪をアレンジすることで、明るい気持ちになりテンションが上がり、周りの人たちにも爽やかな印象を与えることができます。