浴衣を着ても大丈夫時期はいつからいつまでなのでしょう。

浴衣は夏の風物詩ですが、秋祭りに着てもいいものなのか迷っている人も少なくないようです。

せっかく買ったのだから出来るだけたくさん着たいと思うのは当然なのですが、「季節外れ」という印象で悪目立ちしたくはないですもんね。

そこで、浴衣を着ていい時期、秋祭りに着る時の工夫や雨の日の対処の仕方を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

浴衣を着ていい時期はいつからいつまで?

「浴衣を着ていい時期はいつからいつまでなんだろう?」と迷ったり悩んでいる人は案外多いんですよね。

お気に入りの浴衣を買ったらなら、やっぱり何回も出きるだけたくさん着たいと思うでしょう。
だからといって、周りの人にイタいと違和感を持たれるのも嫌ですよね。

そこで、浴衣を着ていい時期を考えてみましょう。

 

浴衣を着ていい時期は、明確にいつから(何月何日から)いつまで(何月何日まで)と決まっていません。
古くから着物には、明確な衣替えの時期が決まっています。

しかし「浴衣は着物ではない」という考え方があったため、浴衣に対してはあまり厳しいルールは存在していないと言うのが本当のところのようです。

 

浴衣を着る時期については、次のような説がありますよ。

7月 ~ 9月中ごろまで

6月 ~ 9月中ごろまで

6月後半 ~ 8月いっぱい

一般的には「6月 ~ 9月」で落ちついているようです。

昔の浴衣は

浴衣は昔、その文字の通り入浴の際に着る衣とされていました。

元々は蒸し風呂の中で着ていたものが、だんだんとお風呂から上がって室内で着るようになり、蒸し風呂のように暑い夏の夜に着るようなり、長い長い時間を経て次第に変化してきたのです。

江戸時代の頃になると浴衣を着て外出することが流行し、「江戸の夏の夜は浴衣を着る。」というのが粋の証になりました。

 

現代にも「浴衣を着る = 粋」という文化がしっかり残っていますよね。

現代の浴衣はどのように着る?

「浴衣を着る = 粋」という昔からの文化が残っている現代に、「せっかく買ったのだから長い期間に何回も着ないともったいない。」なんて、いつまでも浴衣を着ているのは粋ではありません
それはカッコいいとはいえませんよね。

 

せっかく買ったのだから、長く着るのではなく、粋に着ましょう

 

最近では5月の終わり頃から暑くなり始め、9月もまだまだ残暑が厳しい日が続きます。
この時期に浴衣を着てもいいのかが問題ですよね。

 

7月頃から花火大会や夏祭りのイベントが数多く開催されるので、7月、8月中はもちろんOKです。

では、それ以外の月をどうしたらいいのか紹介しますね。

5月~6月に浴衣を着たい場合

5月~6月に浴衣を着たい場合は、半襟を付けて浴衣ではなく、夏の着物として着ることをおすすめします。

9月に浴衣を着たい場合

残暑が厳しいと言われる9月でも、少しでも涼しくなって秋の気配を感じたら浴衣の時期は終わりにしましょう。

 

それでもどうしても浴衣を着たいのであれば9月は秋なので、次のように工夫しましょう。

浴衣の柄は夏を連想させる朝顔や金魚などの柄ではなく秋草トンボなど秋をイメージさせる柄にしましょう。

・浴衣の地色白地はさけて落ち着いた色合いにしましょう。

半襟をつけた長じゅばんを下に着て、素足に下駄ではなく足袋を履くことをおすすめします。

ヘアアクセサリーも秋めいたものをつけるなどの工夫をしてみましょう。

 

個人的には、夏のイベントが始まる7月頃から秋のお彼岸(秋分の日)前までがOKなのではないかと思います。

それ以降に、夏と同じような着かたで浴衣を着ている女性を見たとしたら、引いてしまうと思います。

浴衣を秋祭りに着るのはどう?

夏の花火大会や盆踊りが終わって、9月に開催される秋祭りも意外に多いんですよね。

着たい気持ちはわかりますが、やはりお彼岸(秋分の日)を過ぎていたら浴衣を着るのは避けましょうね。

 

「お祭りなんだから着ても良いのでは?」と思われるかもしれませんが、「季節外れ」という印象で悪目立ちしてしまうでしょう。

「季節外れ」と「浴衣を着る = 粋」とではかけ離れすぎます。

 

どうしてもきたいのであれば前述した上記の通り、秋のイメージを感じさせる浴衣の柄を選び、浴衣の地色は白以外にして、半襟をつけた長襦袢を着て足袋を履くしかありませんね。

半幅帯でも帯締めをしたり、ヘアーアクセサリーも秋めいたものにするなどして、悪目立ちするのでなく、ぜひとも「粋」浴衣を着こなしましょう。

浴衣を雨の日に着ても大丈夫? 対処の仕方は?

浴衣を着ると決めていた日に雨が降ってしまったら、やっぱり浴衣は諦めようと思う人は多いでしょう。

雨の日でも、諦める必要ありません気にせず着ていきましょう。

 

浴衣は木綿や化繊で出来てるので、雨に濡れてもシミになる事はまずありません

ただ、泥だらけになる可能性がある場所では話は変わってきます。
ドロ跳ねがありますからね。

ここでは、泥だらけになる可能性が無い場所ということで紹介しますね。

 

浴衣は濡れても簡単に家で洗えます

 

洋服を着て革のパンプスでお出かけするより、浴衣を着て素足に下駄を履いている方が雨には強いのです。

 

また、浴衣に傘はとってもお似合いです。

和傘の蛇の目傘を持っていたら尚、しっとりと浴衣を粋に着こなせます。

雨の日の着付けポイント

雨の日の着付けポイントは、着丈は短めにして着ることを忘れないでくださいね。

くるぶしがちょっと見えるくらいの丈なら、裾が濡れにくいです。

雨の日の注意点

雨の日でも大丈夫とは言っても、なるべく濡れないように気をつけましょう。

浴衣は身体を覆う布の面積が広いので、ずぶ濡れになってしまうと浴衣が水をたっぷり吸ってしまうので、重くなり半端なく体が冷えて寒くなってしまいます
風邪を引いたりしては大変ですからね。

 

また帰ったら直ぐに、濡れた浴衣は和装ハンガーに干して翌日に手洗いで洗うか、もしくは洗濯ネットに入れて洗濯機で洗いましょう。

もしも翌日も雨だった場合は、浴衣はそのまま和装ハンガー干しておき、天気が良くなるまで洗濯は控えましょう

まとめ

浴衣を着ていい時期は、明確にいつからいつまでと決まっていませんが、やはり、「粋」を意識してに素敵に着ましょう。

自分の中で「ちょっと季節外れ?」と感じた時は、周りの人には「悪目立ち」してしまうと考えるといいかもしれません。

どうしても着たい時には、次のような工夫をして浴衣を着るようにしましょう。

・浴衣の柄を秋をイメージさせるは秋草やトンボなどを選ぶ

・浴衣地を白以外にする

・半襟をつけた長襦袢を着る

・足袋を履く

・半幅帯でも帯締めをする

・ヘアーアクセサリーを秋めいたものにする

初めての浴衣を通販で買って大丈夫?必要な物と簡単な着付け手順

また、浴衣は自宅で手洗いまたは洗濯機で洗えますよ。
浴衣の洗い方 自宅で手洗いや洗濯機で大丈夫?クリーニングの注意点

こちらの記事を参考にしてください。