突然襲いかかってくる地震、誰もがテレビ画面の震度速報を見ますよね。
震度を見てホッとしたり、心配になったり。

でも、その後のニュースや解説でよく耳にするのがマグニチュードです。

震度とマグニチュードは両方数字で表されますが、にはいったいどんな違いがあるのでしょう。

また、縦揺れと横揺れ危険度が高いのはどっちなのでしょう。

そこで、地震の基本的な震度とマグニチュード、縦揺れ横揺れの違いや危険度について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

地震の震度やマグニチュードとは?

地震が起こると直ぐテレビの速報で震度が発表されますよね。

下記のように場所によって震度には違いがあります。

〇〇県 ☓☓市  震度5
〇〇県 ☐☐市  震度4
△△県 〇〇市  震度3
△△県 ☓☓市  震度2

そして、その後のニュースでは、「今回、マグニチュード 〇.〇 の地震が発生しました。」と説明があります。

 

震度、マグニチュードも両方数字で表されますが、その数値は同じではありません。
それぞれ何を意味しているのか分からないと言う人も多いのではないでしょうか。

それでは、震度、マグニチュードが表す意味について紹介しますね。

震度は、「揺れの大きさ」を表します。

マグニチュードは、「エネルギーの大きさ」を表します。

 

震度とマグニチュードの尺度を同じ数字で表すことから、一見似ているように思われがちですが、まったくの別のもので単位が違うのです。

 

だから例えば、
速報で各地域の震度が発表され、最大震度が「5」であったとしても、マグニチュードが「5」になるわけではありません。

震度はあくまで「地表」の揺れの大きさを表すので、マグニチュードが「6」だったとしても、震源が地下深い場所の時は、震度は「2 や 3」になることもあるのです。

震度は、「その地点(〇〇県 ☓☓市 など)での揺れの大きさ」を示し、マグニチュードは、「地震の規模(地震の持つ全体のエネルギー)」を表すのです。

 

このことから、一つの地震に対してマグニチュードは「1つ」ですが、震度は各地域毎に異なり「幾つもの数値」が出ます。

驚くべき マグニチュード

マグニチュードは数値が「1」上がると、地震のエネルギーはなんと約32倍、数値が「2」上がると、地震のエネルギー驚くなかれ約1,000倍になると言われています。

 

32倍って、いったいどんなエネルギーの力なのかイメージできないし、ましてや1,000倍などとなるとさらに想像すらできませんよね。

でも、重い大きなタンスや冷蔵庫などが倒れ下敷きになったり、コンクリートが割れたり、道路に地割れが起こることが本当にあり得るんだということは納得できますね。

 

経験したことのないことを想像するのは難しいけれど、万が一の大地震に備えてしっかり対策を行なうことが重要なのです。

地震の縦揺れと横揺れの違いは?

地震には、縦揺れと横揺れがあるということは皆さん知っていますよね。
縦揺れと横揺れが、どんなふうに私たちに被害を及ぼすのか、その被害の状況にどんな違いが出てくるのか紹介します。

縦揺れ  人や建物から見て垂直方向(上下)の揺れです。

横揺れ  人や建物から見て水平方向(前後左右)の揺れです。

 

縦揺れと横揺れ、読んで字のごとくなので誰でもわかりますが、この揺れ方が実際に地震が襲ってきた場合にどんな地震被害となるのか、縦揺れと横揺れの違いを比べてみましょう。

縦揺れ(家屋の場合)

縦揺れの地震が襲ってきた場合、地面が破断してしまうので建物(家屋)の土台になっている柱は外れてしまいます

その後に横揺れ起こることで、建物(家屋)の固定されていない柱は崩壊します。

横揺れ(家具の場合)

地震で横揺れが起こると、家の中の家具滑って倒れてきます

その後に縦揺れが起こると、家具が一瞬にして浮き上がり、扉がついている家具は扉が開いて中身が出ます。

 

ただ、地震の分類に縦横があるわけではありません。
P波(速く短い縦揺れ)S波(遅く長い横揺れ)があって、常に縦の波と横の波の両方が発生しています。

 

ということで地震が襲ってきた時は、最初に縦揺れ(P波 速く短い縦揺れ)がきて、その後に横揺れ(S波 遅く長い横揺れ)を感じるのです。

 

また、震源地が遠ければ遠いほど、ほとんど縦揺れを感じることはありません。

 

もしも、横揺れを最初に感じたという場合は、「既に縦揺れは終わっている。」ということになりますね。

地震の縦揺れと横揺れで危険度が高いのはどっち?

地震の縦揺れと横揺れでは、危険なのはどっちなんだろうと考える人は多いのではないでしょうか。

一般的に揺れのエネルギーは、縦揺れよりも横揺れの方が2倍以上も大きいと言われています。

 

地震の死亡原因としてとて大きな割合を占めるのが、家具の転倒によりその下敷きになることです。
家具の転倒のほとんどは「横揺れ」の大きなエネルギーによるものです。

 

これだけみると危険度が高いのは「横揺れ」ということになりますよね。

 

しかし、「地震は横揺れよりも縦揺れが危険。」と聞いたことがあると言う人も多いのではないでしょうか。
どんな場合に「縦揺れが危険」なのでしょうね。

 

それは家屋の倒壊です。
前述しましたが、まず縦揺れによって地面が破断して建物の土台になっている柱が外れてしまうからです。

地震の揺れから家を守る手段

地震の揺れから家を守る手段としては大きく3つの(耐震・制震・免震)方法があります。

耐震(家を強くする)
制震(揺れを建物で吸収する)
免震(揺れを建物に伝えない)

この中の免震が、縦揺れに対して効果が少ないようです。

 

しかし、免震はかなり改善され、今後さらに改善されていくと期待されています。

免震は、最近の高層マンションなどで使われていますが、免震と言えども100%揺れを建物に伝えないなんてことはありえないので、くれぐれも過信しないようにしましょう。

 

地震に過信は禁物です。
「縦揺れ」も「横揺れ」もどちらも危険度は高いという意識を常にイメージしておきましょう。

 

この「地震は横揺れよりも縦揺れが危険。」とう言説が生まれたのは、私たちが怖いと感じる恐怖心が「縦揺れ」のときの方が大きいからとも言われているようです。
実際のエネルギーは「横揺れ」の方が大きいのに、不思議ですよね。

まとめ

震度とマグニチュードの尺度は一見同じ数字で表しているので、似ているように思われがちですが単位が違う別ものです。

マグニチュードは、値が1上がると地震のエネルギーは約32倍にもなります。
経験したことのない縦揺れや横揺れを想像するのは難しいけれど、万が一の大地震に備えてしっかり対策を行いましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
地震時の家族との連絡方法と集合場所や日頃の備えでやっておくことは?
地震が来た時家の中や外にいるときの対応と家に備えるものや対策は?
避難準備、避難勧告、避難指示の違いと準備&行動 避難命令は?

縦揺れも横揺れもどちらも危険と考え、過信することく日頃から備えや対策を準備しておくことが重要なのです。