大学生の入学祝いを現金にする場合、その金額に悩んでる人は多いのではないでしょうか。

現金でなく、品物をプレゼントしても良いものなのでしょうか。
また、喜ばれるプレゼントとはどのようなものなのかも知りたいですよね。

お祝いを渡す時期も、合格を知った時なのか、入学式前後で良いものなのか、いつが適当なのでしょう。

そこで、大学生の入学祝いの金額の相場や喜ばれるプレゼント、お祝いを渡す時期やタイミングについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

大学生の入学祝い金額の相場は?

基本的なことからお伝えしますね。
大学生に限ったことではないのですが、入学祝いの金額には特定の決まりやルールはありません。

それは、各家庭の事情によっても金銭感覚には差があるし、地域によっても慣習が異なるからです。
また入学祝いで現金を包む場合、本人やその家族とのおつき合いの深さや、血縁の深さによっても違ってきます

 

「この金額でいいのかしら。」と迷ったり不安に感じる場合は、少なめに包んだ後モヤモヤと悩むよりは、大めに包んでしまった方スッキリとが気持ちが良いでしょう。
ただ、金額が高額すぎると相手に気を遣わせてしまうので、そこのところは相手に負担に感じさせない程度の金額にしましょう。

 

それでは、一般的な大学生への入学祝いの金額の相場を紹介しますので、目安にしてくださいね。

祖父母から孫に贈る場合

・大学、短大入学の場合  50,000円 ~

おじ、おばから甥や姪に贈る場合

・大学、短大入学の場合  10,000円 

親の親しい友人、知人から贈る場合

・大学、短大入学の場合  5,000円 ~ 10,000円

 

 

参考に、幼稚園生から高校生のお祝いの相場を紹介しますので、目安にしてくださいね。

幼稚園生から高校生の入学祝い金額の相場

◇祖父母から孫に贈る場合
・幼稚園入園の場合   10,000円 ~ 30,000円
・小学校入学の場合   20,000円 ~ 50,000円
・中学校入学の場合   20,000円 ~ 50,000円
・高校入学の場合    30,000円 ~ 50,000円

 

◇おじ、おばから甥や姪に贈る場合
・幼稚園入園の場合   10,000円
・小学校入学の場合   10,000円
・中学校入学の場合   10,000円
・高校入学の場合    10,000円

 

◇親の親しい友人、知人から贈る場合
・幼稚園入園の場合   3,000円 ~ 5,000円
・小学校入学の場合   3,000円 ~ 5,000円
・中学校入学の場合   3,000円 ~ 5,000円
・高校入学の場合    5,000円

大学生の入学祝いで喜ばれるプレゼントは?

入学のお祝いを現金でなく、品物をプレゼントしたいと考えている人も多いようです。

そこで、入学祝いに喜ばれる品物を紹介しますね。

家電

家電は一人暮らしを始める大学生におすすめです。

ただ、すでに用意してある場合や入居するマンションなどに家電が付属している場合もあるので、早めに必ず確認して被らないようにしましょう。

また、本人が家電にこだわりを持っている場合もあるので、事前にどこの会社のどんなデザインの物が好きなのかを確認しておくと更に良いでしょう。

自炊に不慣れな大学生には、電子レンジはありがたい家電となります。

時計

時計は一人暮らしを始める大学生にとってなくてはならない必須アイテムです。
時間確認に必ず必要になります。

これから忙しくなる大学生の日常をきっとサポートしてくれますよ。
また、目覚し時計や置き時計などはいくつあっても困ることはありませんよね。

朝起きられなかったなんてことないよう、目覚し時計は簡単にアラームを止められないタイプを探してプレゼントするのも楽しいでしょう。

キーケース

大学生になったら、持ち物を上質の物にしたいと思っている人は多いです。
と言っても、なかなか小物類に手が回らないのが現実ですよね。

特に一人暮らしを始める場合、マンションの鍵、バイクの鍵など今までよりも鍵がどんどん増えていくことは間違いありません。

そこで、ブランド物のしっかりとしたキーケースうをプレゼントするのも良いでしょう。

何色系が欲しいとか、どこのブランドが好きなのかがわかるなら、そのリクエストに応えてあげるのも良いのではないでしょうか。

手帳

大学生活は講義、サークル活動、アルバイト、友達との遊びなどとても忙しくなるので、スケジュール管理が大変になってきます。

そんな時、手帳がとっても役に立ちますよ。

手帳の中でもシステム手帳は、毎年中身だけを入れ替えればずっと長く使えます
入学祝いのプレゼントには最適でしょう。

皮製の長く持つことのできるしっかりしたものを選んであげましょう。

ボールペン

長く愛用できるボールペンも大学生の入学祝いには最適です。

ボールペンは学生の頃には、まだまだ出番は少ないかしれませんが、値の張るボールペンを自分ではなかなか買えないものです。
書き心地も良く、長く使えるボールペンは大人になるにつれて必ず必要になります。

値の張るボールペンを使っている人を見ると、「この人出来るな。」「オシャレだなぁ~。」って感じるのは私だけではないと思いますよ。

大学生の入学祝いを渡すのはいつがいい?

大学生へ入学祝いを渡す時期は、大学受験後に合格したことを知った時が良いのか、それとも入学式前後で良いものか、いつが良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

入学のお祝いだからと言って、入学式ギリギリまで待つ必要はありませんが、無事に入学が決まってから渡すようにしましょう。

小学校や中学校は義務教育なので入学できないというケースは考えられませんよね。
しかし高校や大学の場合、合格発表前のまだ入学が決まっていない時期に入学祝いを渡すのはマナー違反です。

 

一般的に合格発表は、3月上旬に行われるので、その合格発表後から入学式までに渡すのが良いでしょう。

ただ、入学に備えて準備しておきたい物もたくさんあるち考えられるので、少しでも足しにして欲しいですよね。
できれば3月の中旬頃までに、遅くとも入学式の2~3週間前までに渡せることができたら、さらに相手にも喜ばれるのではないでしょうか。

こちらの記事も参考にしてください。

一人暮らし入居日から必要になるものや日用品と最低限必要な家電品は?

まとめ

大学の入学が決まったら、できれば3月の中旬頃までに、遅くとも入学式の2~3週間前までにお祝いを渡すようにしましょう。

世間一般の相場を参考にしつつ、臨機応変に大学の入学祝いを贈ってくださいね。

渡す時には「頑張ったね、おめでとう!」という気持ちを一緒に伝えましょう。