バレンタインデーには、普段食べれない美味しいチョコが購入できるので、大人も子供もワクワクしちゃますよね。
デパートやスーパー、コンビニなどにはチョコの特設コーナーも設けられ買わずにはいられないという人も多いのではないでしょうか。

この楽しいイベント「バレンタインデー」にはどんな由来があるのでしょう。
なぜ日本では2月14日に女性から男性にチョコを贈るようになったのでしょう。
海外ではどのようなイベントなのでしょう。

毎年バレンタインデーを楽しんでいても、もしかしたらわからないことばかりかもしれません。

そこで、意外と知られていないバレンタインデー部分やチョコの種類と意味についても紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

バレンタインデーの由来

バレンタインデーは、日本では主に「女性が男性に愛の告白をし、チョコレートを贈る日」となっています。

英語では、「Saint Valentine’s Day」と言い、「聖バレンタインの日」という意味になります。

 

「バレンタイン」というのは3世紀のローマに実在した、キリスト教司祭かつ医師の名前です。
実在したバレンタイン(ヴァレンティヌス)司祭は、3世紀にローマで処刑されています。

 

どのようなことから、バレンタイン(ヴァレンティヌス)司祭が処刑されてしまったのか紹介しますね。

時代は3世紀、場所はローマです。

時の皇帝クラウディウス2世により、若者は結婚を禁じられていました

若者は結婚を禁じられたのには、兵隊となり戦争に出向く彼らが、ただ国のために命を捧げられるようにという理由からです。
愛する家族や守るべき家庭を持つことは、戦場で戦い抜く意志がゆるいでしまうからという強引考えがあったようです。

 

しかし、バレンタイン(ヴァレンティヌス)司祭は、そんな若者たちを哀れに思い密かに結婚をさせていました。

そのことが皇帝クラウディウス2世の知るところとなり、バレンタインは改宗を迫られますがそれを拒否します。
そして改宗を拒否したことで、捕らえられ2月14日に処刑されたのです。

 

もうお分かりですよね。
バレンタイン(ヴァレンティヌス)司祭の殉教した日2月14日が、バレンタインデー「聖バレンタインの日」なのです。

 

時は流れて200年後のローマでは、2月14日に独身の男女が札を引くことで、付き合う人を決めるというお祭りが行われていました。

このような風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止してキリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めます。
そこで選ばれたのが、200年前に恋人達のために命を落としたバレンタイン(ヴァレンティヌス)司祭でした。

 

それ以降2月14日は、キリスト教では、恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着したのです。

 

日本でバレンタインデーが本格的に広まるのは1970年代です。
しかし日本では、ギフトやカードを贈り合う日ではなく、「女性から愛する男性へチョコレートを贈る日」 として定着していくのです。

バレンタインデーに日本ではなぜチョコレートを贈るの?

バレンタインデーの由来からも、2月14日は「若い男女が愛を告白する日」、「恋人たちの日」に相応しいと言えますよね。

しかし、「若い男女が愛を告白する日」、「恋人たちの日」がなぜ、「女性が男性に愛の告白をし、チョコレートを贈る日」になったんでしょう?

 

実は日本では、1936年に神戸モロゾフ洋菓子店が英字雑誌に「バレンタインチョコ」の広告を掲載し、1958年に新宿の伊勢丹で「バレンタインセール」と称しキャンペーンが行われます。
当時はあまり広まらず、うまくいかなかったようです。

そうですよね。
1958年にチョコレートはまだまだ高級品、購入できる人は限られていたでしょう。

 

しかしそれからしばらく経ち、チョコレートの消費量増加にともなって、1970年頃になると状況が変わります。
バレンタインデーに女子が男子にチョコレートを贈る」という習慣が、小学校高学年~高校生の間に広まってきたのです。

 

そして、1980年頃になるとチョコレートを贈るという行為が主婦層にまで広まります。
このころに流行り出したのが、「義理チョコ」です。

そして、「ホワイトデー」というイベントも登場します。

 

日本の「バレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈る」というのは、洋菓子店やデパートの戦略的なものが始まりだったのです。
そのお祭り的な戦略に私たち日本人はまんまと乗せられてしまったようです。

日本のバレンタインデーの特徴

日本のバレンタインデーの特徴を改めて紹介しますね。

・女性から男性に告白をし、チョコレートを贈る。
・真実の愛ではない「義理チョコ」の存在がある。
・男性が女性の愛に応えホワイトデーにお返しをする。

バレンタイン チョコの種類と意味

近年のバレンタインには、本命チョコの他に次のような種類があります。
これだけ種類があったら2月14日はほとんどの人がチョコレートを食べているような気がします。

今までバレンタインデーは「特別な日」と認識していましたが、「祭りの日」なんじゃないかとさえ思ってしまうのは私だけでしょうか?

本命チョコ

本命チョコは、誰もがしっかり認識していますよね。
女性から特別な好意を寄せている男性に贈るチョコです。

義理チョコ

義理チョコは、女性から日頃お世話になっている男性(特別な好意はない)に対して贈るチョコです。

友チョコ

友チョコは、女性の友達同士で日頃の感謝の気持ちを込めて贈り合うチョコです。

自分チョコ(マイチョコ)

自分チョコは、自分のために自分で食べるチョコを購入して楽しむことです。

逆チョコ

逆チョコは、男性から女性に愛情の告白として贈るチョコのことです。

ファミチョコ

ファミチョコは、家族に贈るチョコのことです。
家族の男女問わずに贈るものです。

ユリチョコ・ホモチョコ

ユリチョコ・ホモチョコは、同性に愛情の告白として贈るチョコです。

・女性から女性へ贈るものはユリチョコ
・男性から男性へ贈るものはホモチョコ

バレンタインデー 海外ではどうしてるの?

日本では、洋菓子店やデパートの戦略的なものが始まりで、私たちがまんまと乗せられた形ですが、海外ではどのようにバレンタインデーを過ごしているのか紹介します。

海外では、男女関係なく、好きな人に思いを告白する日と認識されているようです。

アメリカでは

アメリカでは、恋人への告白というより、普段からお世話になっている人に対して愛を贈るというイメージが強いようです。
チョコでなくカードなどを贈る習慣が定着をしているようです。

愛の告白をする場合は、花をプレゼントに渡すことが多いようです。

イタリアでは

イタリアでは、女性が男性に愛の告白をする習慣はなく、ホワイトデーもありません。

恋人同士が過ごす日というイメージが強く、男性から女性にプレゼントを渡すのが習慣のようです。
日本のクリスマスイブのように、女性にあげるプレゼントはアクセサリーが定番のようですが、チョコレートを渡すという習慣もあるようです。

韓国では

・韓国では、バレンタインデーも、ホワイトデーの習慣も定着しています。

さらにホワイトデーの1カ月後の4月14日に「ブラックデー」というイベントがあるようです。
ブラックデーは、バレンタインデーにプレゼントを女性からもらえなかった男性が、鍋を作ってそれを食べるらしいです。
若い男性同士で、黒い服を着て鍋を食べに出かけるのも習慣になっているようです。

ドイツでは

ドイツでは、すでにお付き合いをしている男女、もしくはすでに結婚をして夫婦になっている人が対象のお祝いイベントです。

台湾では

台湾では、独自のバレンタインデーの文化を定着させています。
2月14日ともう一つ、旧暦でいうところの7月7日、年に2回バレンタインデーがあり、男性が女性に花をプレゼントします。

ちなみに、花の本数がとっても重大な意味を持っているようです。

1本   あなただけです
99本  永遠に
100本 結婚してください(プロポーズを意味)

 

このように海外では、カップルが祝うイベントという解釈なので、日本のように多数の人にチョコを渡す「義理チョコ」は、「私は今、浮気をしています。」ということを大々的にアピールしていることと同じになってしまうようですよ。

確かに、本気で付き合っている相手がいるのであれば、後々火種になってしまう可能性があるかもしれません。
チョコや花束などは好きな人だけに贈り義理チョコなど渡す必要はないと考えるのが正しいのかもしれませんね。

 

また、日本でホワイトデーというイベントがありますが、実はこれ世界ではないイベントで、日本が発祥だそうですよ。

日本人って祭り好きなんですね。

まとめ

バレンタインデーはチョコレート会社の陰謀などとも言われていますが、今やバレンタインデーは小さな子供から年配の方までワクワクするイベントです。

こちらの記事も参考にしてください。
バレンタインの当日に本命チョコを渡せない時は?前日や後日に渡すのあり?
バレンタイン甘いものが苦手な彼への手作りレシピとチョコ以外のプレゼントは?

バレンタイン用の高級チョコレートや心をこめて作る手作りチョコレート、買い求める者、手作りする者、それをもらう者、みんなで楽しんじゃいましょう。