近年のバレンタインでは、「友チョコ」が子供の間でもブームですよね。

年々派手になる事もあって、女の子を持つお母さんとっては負担が大きく頭が痛いかもしれません。

友チョコにお返ししないっていうのはあり?
お返しは手作りでないとだめなの?
メッセージは?
いつ渡すものなの?

こんな疑問も出てきますよね。

そこで、子供の友チョコのお返しの疑問について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

友チョコにお返しをしないは子供であり?

バレンタインにチョコレートのプレゼントは昔からありました。
しかし、お母さん世代では本命チョコと義理チョコこの2つだけだったのではないでしょうか。

近年ではお母さん世代には馴染のない、友チョコファミチョコ自分チョコなどなど、バレンタインにはさまざまなチョコの形態が存在しています。

 

その中の「友チョコ」ですが、子供の場合、仲の良い友達同士が気軽にプレゼント交換のような感覚で渡し合い楽しんでいるというのが実情ですよね。
楽しんでいるのだから母親としては良しとしたい所ですが、やはりお返しが気になる存在です。

お返しは子供任せに出来ないからお母さんの負担は大きいでしょう。
本当に仲の良い友達同士数人での交換ならいいけれど、スポーツクラブの仲間や塾の仲間なども人数に入ってくると、20個、30個と用意することになりかねません。

 

昔はなかった友チョコ文化、「あ~、またこの季節、こんなイベントなくなってしまえばいいのに。」と心の中で叫んでいるお母さんはいるかもしれませんね。

だから、「子供の友チョコ交換や友チョコのお返しをしないという選択はないのかな?」と考えているお母さんは少なくないようです。

もらったものに対してはお返はしたほうが良いに決まっています。
渡してくれたお友達も楽しみにしているはずです。
また、お返しをしないことで子供に肩身の狭い思いをさせるのも可愛そうですよね。

友チョコのお返しは子供の思いや判断に任せる

でもこの「友チョコにお返しをする、しない。」は、お母さんが判断して決めるのではなく、子供の思いや判断に任せるのが良いのではないでしょうか。
子供が友チョコをどんな風に受け止めて、どんな風に考えているのかを知るのも、お母さんにとってすごく大事だと思います。

子供が自分で考えて行動できるのも成長の証です。

 

それをお母さんが最初から、「そんなの意味ないでしょ、やらなくていいわよ。」とか、「あなた、やりたいの?」など子供が考える間もなく、お母さんの意見を押し付けるのは控えてみましょう。

学校という社会の中で生きていくのは子供なので、子供の学校での付き合いのことは子供に決めさせるのが一番です。

 

正直「もうお返しなんて、めんどうくさい。」って思うかもしれませんが、「子供がやりたいと思うならやらせるしかない。」「もらった場合はきちんとお礼を言ってお返しをする」というマナーを教える良いチャンスと考え、子供のために友チョコのお返しに協力してあげましょう。

 

ただ、友チョコは手作りが基本のようなので、低学年ではさすがにお子さんと一緒に作らなくていけませんよね。
しかし、高学年になったら自分で作らせればいいんです。
料理を勉強するいい機会にもなります。

 

それでも、どうしてもお母さんが負担に思うなら、仲の良いお友達のお母さん同士で一度相談するのも一つの手かもしれません。
相手のお母さんも同じ考えだったら、「じゃあ、せーのでやめましょう!」って言えるいい機会です。

友チョコのお返し 子供の場合は手作りでないとだめ?

子供たちの友チョコは手作りが基本のようなので、お友達から手作りのチョコをもらった場合、「手作りのチョコを返さないとだめなのかしら?」と思いますよね。

子供と一緒にチョコを作る作業の中で親子のコミュニケーションを高められます。

でも、一緒に作りたくても作れない状況の場合もあるでしょう。
働いていて時間がない、時間がつくれない。
手のかかる赤ちゃんがいて無理。

 

このような場合は、市販のものを利用しちゃいましょう。
絶対に手作りじゃないとダメというわけではありません。

市販のチョコをオリジナルにするには

手作りが大変なら、チョコの大袋を買いに走っちゃいましょう。
ラッピングを、少しでもかわいく見えるように包んだり、パッケージに絵をかいてみるとかすればOKです。

ここで、おすすめなのがメッセージカードです。
市販のチョコでも、小さなメッセージカードを添えるとお友達も喜んでくれるでしょう。

文例を紹介しておきますね。

メッセージの文例

・〇〇ちゃんへ
いつもありがとう。
これからも仲良くいっぱい遊ぼうね!

・◯◯ちゃんへ
ハッピーバレンタイン!
これからもよろしくね。

・〇〇ちゃんへ
いつも仲良くしてくれてありがとう。

 

子供なのでこのような簡単な短いメッセージでいいのです。

このようにすこし工夫するだけでオリジナルの友チョコになります。

 

本来、バレンタインは楽しむためのイベントです。
それがお母さんの負担になったり苦痛になったりするのであれば本末転倒です。

お母さんも子供と一緒に楽しめるバレンタインにしましょうね。

子供の友チョコのお返はいつ渡すの?

友チョコはあらかじめお友達同士で、バレンタインデーに交換しあうことが決まっている場合が多いですが、突然思ってもいなかったお友達からもらっちゃったといった場合も少なくありませんよね。

そんな、思ってもいなかったお友達からもらった「友チョコ」のお返しはいつ持たせればいいのか悩んじゃいますよね。

 

このような場合は、3月14日のホワイトデーがおすすめです。
やはりバレンタインデーのお返しはホワイトデーというのが一般的です。

子供同士の気持ちの行き違いがないように

ただ、「友チョコ」を渡したお友達は、すぐにお返しがもらえると思っているかもしれないので、ここで気持ちの行き違いがないように「ありがとう!ホワイトデーにお返しするね!!」と子供に忘れずに言うように伝えておきましょうね。

 

また子供からだけでなく、お母さんからも、友チョコをくれたお友達のお母さんに伝えておくとさらにいいでしょう。

お返しの予備の準備がおすすめ

ここで心配なのは、他のお友達が早めにお返しをして様子を見て、子供が気まずい思いをしたり、1か月先のホワイトデーに渡すのをうっかり忘れたりする可能性があるということです。

 

なので出来る事なら、最初からお返しの予備を作っておきましょう。

多めに作って、ラッピングして準備しておくことをおすすめします。
余ったら家族で美味しく食べちゃえば問題ないですもんね。

まとめ

子供のバレンタインの友チョコや友チョコのお返しはお母さんにとって、ちょっと憂鬱かもしれません。

でも、どうせやるなら「あー、いやだわー!」って思いながらやるより、前向きに「子供と一緒に楽しんじゃおう!」っていう気持ちでやったほうがストレスが少ないです。

子供との関係をより深めるためにも楽しみながら頑張りましょう。
時間的に大変ならば、市販のチョコでもOKです。

こちらの記事も参考にしてください。
友チョコを大量に用意する方法や手作り簡単レシピとチョコの賞味期限

バレンタインの友チョコは出来たら予備の準備をしておくと、ホワイトデーまで心配することなくイベントをスムーズに終わらせることが出来るでしょう。