バレンタインデー当日にどうしても本命チョコが渡せない事態が起きたらどうしたら良いのでしょう。

本命チョコの場合、渡し方や渡すタイミングをおろそかにはしたくないですよね。
意外にここが重要だったりします。

前もって前日に渡す?
それとも後日渡す?
どちらが良いのか悩んでしまいますよね。

そこで、バレンタインデー当日に本命チョコが渡せない事態が起きた時の渡すタイミングについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

バレンタインデーの当日に本命チョコを渡せない時は?

バレンタインデーの2月14日は女性にとっても男性にとっても特別な日ですよね。
特に本命チョコを渡そうと考えている女性はなおさらでしょう。

だから、2月14日当日にチョコが渡せないということになったら慌ててしまうでしょうが、この世の終わりのように落ち込んだりしないでくださいね。

 

大丈夫ですよ。
特別な日ではありますが、「バレンタインのチョコは必ず当日に渡さなくてはいけない。」ということはありません。
人の数だけ置かれている状況は各々違います。

「バレンタインのチョコを渡すのはバレンタインデー当日に。」とこだわってしまいがちですが、大切なのはあなたが大好きな男性に「チョコにあなたの気持ちを込めてプレゼントする。」ということです。

 

バレンタインの当日にどうしても渡せない事情がある場合や、その年によってはバレンタインデーが土曜日や日曜日に重なり会うことが難しい場合は、前もってチョコを渡せば大丈夫です。

もしかしたら本命チョコの場合は、こちらの前もって渡す方が落ち着いて気持ちを伝えやすく、チャンスかもしれませんよ。

だってバレンタインデーの当日って、学校や職場は義理チョコをを贈る人が多いですよね。
男性も「どれが義理チョコで、どれが本命チョコなのかわからなーい!」なんてこともあるようです。

そんな中バレンタインデーの当日以外に、本命チョコを用意してプレゼントしたら、あなたの気持ちも伝えやすく、男性にもあなたの気持ちが届きやすくなるのではないでしょうか。
義理チョコと一緒になることがない分、当日渡せなくてもかえって印象に残るかもしれないですよ。

 

ただ、あまりにもバレンタインから日にちが離れすぎてしまうのはどうでしょう。
男性が「えっ! なんで今なの?」という?マークが頭に浮かぶようなタイミングはできるだけ避けましょう。

バレンタインデー当日にチョコを渡せない場合は、前もって渡せばOKですが、バレンタインデーから日にちは離れすぎないようにしましょう。

パレンタインの本命チョコを前もって渡す場合はいつが良い?

特に、片思いの男性にバレンタインデー当日にチョコを渡せない場合、前もって渡すにはいつが良いかを紹介しますね。

チョコを渡す場合は、バレンタインデーを過ぎてしまう前に渡す方が絶対に得策です。

 

男性は2月に入った時点でバレンタインデーを意識し始め、なんとなく気持ちがそわそわしてくるそうですよ。
そして、だんだんと特別な日の14日に近づくほどテンションは上がり14日の当日にテンション最高潮を迎え、14日が過ぎるとテンションはグーンと下がるようです。

ほとんどの男性は義理チョコよりもやっぱり本命チョコを期待し、(そりゃーあたりまえですよね!)14日を過ぎたら、本命チョコをもらえるはずないと考えているのです。

 

と言うことは、14日を過ぎて「当日は急用があって渡すことができませんでした。」などど言い訳をしながら本命チョコをあげても、「えっ? これは本命チョコなの?」と思われる可能性があります。
男性のテンションがグーンと下がった時に本命チョコを渡しても、一気に最高潮まで行くのは難しいでしょう。

 

やはり、あなたの思いをチョコと一緒に当日伝えることができない場合は、「14日より前で、なおかつ14日に近い日。」ほど良いと言うことを忘れないでくださいね。

 

ちなみに、
男性は好きな女性からちょこをもらえるのがもちろん嬉しいのですが、今まで全く気に留めていなかった人から「本命チョコ」をもらえるというのもの嬉しいようですよ。

 

もし、今まではなんとも思われてなかったとしても、あなたが本命チョコをあげることで、あなたのことが気になり意識し始めたとしたら新しい恋が始まるかもしれません。
チョコを渡すときには、自分の言葉で素直に「好きです!」という感情を伝えるのが一番です。
恥ずかしくて言えそうでなかったら、手紙を添えて「手紙読んでください!」と言うのもいいのではないでしょうか。

バレンタインの本命チョコを後日渡すのはどうなの?

サプライズ的な意味での後日もありかもしれませんが、それは既にお付き合いが始まっているカップルでしょう。
しかし、お付き合いが始まっていたとしても、あえて後日に渡すことにメリットは無いように思います。

 

バレンタインデーに、あなたの思いをチョコに託し渡すのであれば、素直にやはり当日渡すのが一番です。
当日渡せる機会があるのならば、やはり当日渡した方いいでしょう。

 

あなたがお付き合いをしている大好きな男性が、他の女性からバレンタインデー当日の14日にチョコをもらう可能性もあるんです。
どうしても「サプライズ的」にチョコを渡したいのならば、後日でなく当日14日の一番最後に「不意を突く」のがいいのかもしれません。

 

後日渡してうまくいく可能性は無いとは言いません。
しかし、やはり私は正攻法をおすすめします。
女性は正攻法で、素直が一番、素直な女性は可愛いですから。

どうしても15日以降でないと渡せない場合

チョコを後日渡す場合、次のように義理チョコと思われる可能性が大きいです。

余り物?(本当は他の人に渡す予定だったが渡せなかったチョコ)

・義理チョコだから値下がりを待っていたの?

・うっかり忘れていて後日に用意したの?

 

だから、どうしても15日以降でないと渡せない場合は、当日渡せなかった理由もしっかり伝えて、「これは本命チョコです!」とアピールしましょう。

前もって渡すとき同様チョコを渡すときには、自分の言葉で素直に「好きです!」という感情を伝え、どうしても恥ずかしくて言えないときは、手紙を添えて「手紙読んでください!」といいましょう。

まとめ

女性は正攻法で、素直が一番、素直な女性は可愛いですよ。

バレンタインのチョコはバレンタインデー当日、もしくは14日より前で、14日に近い日に渡すようにしましょう。

どうしても15日以降でないと渡せない場合は、当日渡せなかった理由もしっかり伝えて、「これは本命チョコです!」とアピールしましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
バレンタイン手作り生チョコの簡単レシピと保存方法や持ち歩き方!
バレンタイン甘いものが苦手な彼への手作りレシピとチョコ以外のプレゼントは?

あなたの言葉で、あなたの「好きです!」の気持ちを男性に素直に伝えてくださいね。