義理チョコを会社の上司や同僚にあげようか? やめようか? 悩む人は多いようです。

「1年に一度のことだし日頃の感謝を込めてあげるのもいいけれど、はたして喜んでもらえるのか?」

「考えるのが面倒だからいっそのことあげないのもありかな?」

などと考えてしまいますよね。

また、あげるとしたどのタイミングで渡すのか、値段はいくらくらいがいいのか迷うでしょう。

そこで、義理チョコを会社の上司や同僚あげるメリットと渡すタイミング、チョコの値段の相場や金額を押さえる方法を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

義理チョコを会社の上司や同僚にあげる?やめる?

社会人になり会社の上司や同僚にあげる義理チョコは、バレンタインの楽しいイベントというよりは、「お中元やお歳暮と同じような感覚だわ。」とか「ちょっと面倒くさい。」と思う人が多いようです。

このように毎年バレンタインの時期になると、「会社の上司や同僚にあげる義理チョコどうしよう、あげようか? やめようか?」と悩む人が多い中、実際、義理チョコをやめたという人は約2割くらいいるそうです。

会社の上司や同僚に義理チョコをあげない理由

会社の上司や同僚に義理チョコをあげない理由は次の通りです。

1.面倒くさい

2.お金がかかる

3.本当に喜んでもらえているのか

特に3.の「本当に喜んでもらえているのか」は、あげる側としては一番気になるとこですよね。

義理チョコをあげたら、ホワイトデーにはお返しがあるわけですから、上司や同僚が逆に「お返しが面倒なのでチョコはいらない。」という気持ちでいたとしたら、義理チョコをあげる意味があるのか考えてしまいますよね。

会社の男性に本音

そこで昨年、会社の男性に本音を聞いてみたのです。
その結果は次のようなこたえが返ってきましたよ。

義理でもチョコをもらうと嬉しい
けれど、義理チョコを一人ひとりに渡されるのはホワイトデーへのプレッシャーがかかるので、できればかしこまったものでない方がいいと言っていました。

 

この意見からわかることは、義理チョコは喜んでもらえているのです。
ただホワイトデーへのプレッシャーがかからない程度のものが嬉しいということです。

 

だから義理チョコは、一人ひとりにかしこまったり、ぎょうぎょうしくあげたりせずに、「女性陣全員からでーす!」とさり気なく食べやすいチロルチョコや大袋に入っているチョコレートなどを100均などにあるカゴや箱などにまとめて入れたり小袋に入れラッピングして、日々の感謝の気持ちを込めて男性陣に渡すのが良いようです。

これだったら、男性陣もホワイトデーにプレッシャーを感じることはありませんものね。

 

上司や同僚が義理でもチョコをもらうと嬉しいという義理チョコですが、あげる側の女性にもメリットはあるのです。

義理チョコをあげるメリット

義理チョコをあげる側の女性へのメリットを紹介しますね。

バレンタインデーは人間関係を円滑にする行事です。

日頃あまり会話することのない男性社員と、心理的なハードルがちょっと下がって会話がしやすくなります。
会話がしやすくなると、そこから仕事もしやすくなります。
これってすごく大きな収穫ですよね。

またもしかしたら、社内で恋が芽生えるなんてことがあるかもしれません。

 

このようにあげる側にもメリットもあり、もらう側にも「義理でもチョコレートをもらうと嬉しい。」と思われているのであれば、あえて義理チョコをやめるというのも寂しいような気がしますよね。

ちょっと面倒でも、お金が多少かかっても義理チョコをあげる意味はあるようです。

義理チョコを会社の上司や同僚に渡すタイミングは?

会社の上司や同僚に義理チョコを用意した場合、それをいつ渡したらいいのでしょう。
朝一番がいいのか、昼休みがいいのか、それとも帰る前がいいのか、選択肢がありすぎて迷ってしまいますよね。

 

出勤して、朝一番に渡すのがいいと言う意見もありますが、それはどうでしょう。
仕事が始まる前からゴソゴソチョコを出し、「皆さんでどうぞ、食べてくださいね。」とは言えませんよね。

社会人ですから先ずは仕事です。
特に上司に、「朝からイベントでウキウキしていて、今日の仕事は大丈夫なのか?」と思われないようにしましょう。

昼休みに入る時が義理チョコを渡すベストタイミング

私のおすすめは今までの経験から、昼休みに入る時です。
このタイミングが渡す方も、渡される方もベストだと思うのです。

あげる側も早く渡し終えたいですよね。
もらう側の上司や同僚も「今日は義理チョコをもらえるのかな?」と期待していないはずありませんもんね。

双方の思いや気持ちにちょーどピッタリな時間なのです。

 

昼休みに上司や同僚が席を立つ前に、「いつのお世話になっています。 女性陣全員からでーす! 皆さんでどうぞ、食べてくださいね。」と渡しましょう。

この時間帯なら、昼食の後食べてもいいし、3時の休憩で食べることも可能ですよね。

義理チョコを渡す時不在の人には?

職場の中で義理チョコをあげる場合、あげる人とあげない人が出てしまってはいけません。
職場の男性に義理チョコをあげる時は平等にあげるようにしましょう。

 

当日にお休みの人や外回りの人、出張中の人などにはたとえ少量の義理チョコとは言え、取り分けておきましょう。

そして、職場の備品の付箋紙に「いつもお世話になっています。どうぞ! 女性陣全員から」と書きチョコと一緒に机の上などに置いておきましょう。

義理チョコの値段の相場は?

会社で義理チョコをあげる時、値段で悩んでしまう人は多いですね。

義理チョコの一般的な相場は1,000円未満と言われています。

ただ、女性が多い職場だとしたら、あげる側は良いかもしれませんが、もらう上司や同僚は大変です。
ホワイトデーのことを考えて、憂鬱になる人がいないとも限りませんよね。
高級チョコレートではお返しに困ってしまうでしょう。

 

そこで、あげる側も、もらう側も負担にならない無難な値段は500~600円位です。

しかし逆に、男性が多い職場の場合は500~600円程度であってもお値段もそれなりにかかり、あげる側に負担がかかってしまいます。

 

楽しいはずのイベントが双方苦痛になってはあげる意味があるのかって話ですよね。

だから、会社の義理チョコはなるべく金額を抑え、楽しいイベントにする必要があるのです。

義理チョコの金額を抑える方法

女子社員一同で

職場の女性でお金を出し合い1人り1個の義理チョコを用意するのが、コストを抑えるには一番おすすめです。
女子社員一同で義理チョコを渡せば、一人ひとりのお財布もそれほど痛みませんよ。

この方法だったら義理チョコを本命チョコだと勘違いされる心配もありませんね。

大袋のチョコレートを購入

男性の人数が多く女性社員が何人もいない職場の場合は、大袋のチョコレートを何種類か購入し、小袋に入れ可愛くラッピングするとコストが抑えられますよ。

ただ手間がかかってしまいますが、昼休みの時間をちょっと使えばあっという間にできちゃいます。

 

ちなみに
私の職場はこの方法を数年前から採用しています。
ラッピングの材料も100円ショップで用意して、面倒と思われる作業も女性陣もそれなりに楽しんじゃってます。
男性陣の評判も良好です。

まとめ

バレンタインデー本来は、好きな男性に告白をしてチョコをプレゼントする日ですが、現在は義理チョコを用意することが恒例行事となっています。

特に、職場で義理チョコを配る場合は、男性にホワイトデーにプレッシャーを与えることのないよう、お互いがイベントを楽しめるよう、負担にならない金額でチョコを用意しましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
バレンタインデーの由来 日本でチョコを贈るのはなぜ?海外では?

義理チョコは感謝を込めて贈るものです。
値段ではありません。