節分に食べる恵方巻は毎年食べる方角が違いますよね。
どのように決められているのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

決め方がわかっていれば、今年の食べる方角で迷うことはありませんよね。

また、恵方巻を食べて福を取り入れるための正しい食べ方や具材に決まりがあるのかも知りたいですよね。

そこで、恵方巻きの方角の決め方や正しい食べ方、具材について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

節分に食べる恵方巻きの方角の決め方は?

毎年、恵方巻きを食べる時に向く方角を広告やチラシなどから目にしますが、この方角はどのようにして決まるのか気になりますよね。

恵方巻きの恵方とは

恵方巻きの恵方とは、恵方巻を食べる時の縁起の良い方角のことを言います。

恵方は、歳徳神(としとくじん)がいらっしゃる場所を指しています。

 

そもそもこの歳徳神は昔からなじまれている神様で、その年の福徳(金運や幸せ)を司る神様の事です。
また年徳、年神様、正月様などとも呼ばれています。

歳徳神のいる場所が毎年変わることから、恵方も毎年変わるのです。

 

その年の方位の神様がいらっしゃる方位に向かって、願い事をしながら食べるのが恵方巻きなのです。

 

またこの恵方の方角は、恵方巻きを食べる時に使うだけでなく、初詣にも縁起がいいので使えます。
自宅から見て、恵方の方角の神社に初詣をすることを恵方詣りといって、その年の恵方の方向の神社にいったり、初めての事を行うときはその年の恵方に向かって行ったそうです。

このようなことからも、恵方というのはとても身近なものと言えるのです。。

 

節分の前に初詣がありますよね。
年が明けたら今年の恵方の方角を確認してみましょう。

方詣りをして恵方巻を食べたら完璧ですよね。

それでは、どうやって恵方が決まるのか紹介していきますね。

恵方巻きを食べる方角は四方と十干(じっかん)の組み合わせ

その年によって恵方が色々に変わると思ってしまいますが、恵方は基本的に四方しかありません。

四方と十干(じっかん)の組み合わせで恵方が決まります。

※十干とは
甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸(こう おつ へい てい ぼ き こう しん じん き)の事を言います。
十干は中国から伝わり暦の表示などに用いられています。

 

・東北東微東(東北東より少し東) の方角
・南南東微南(南南東より少し南) の方角
・西南西微西(西南西より少し西) の方角
・北北西微北(北北西より少し北) の方角

 

上記の4つの恵方を5年周期で繰り返しているのです。
東・西・南・北・南で一つの周期なので、5年後の恵方は今年の恵方と同じ方角になるのです。

「今年の恵方」は西暦の下一桁によって決められる

「今年の恵方」は西暦の下一桁によって下記のように決められます。

【西暦下一桁】  【恵方の方角】          【対象年】
1、6      南南東微南(南南東より少し南)  2021年
2、7      北北西微北(北北西より少し北)  2022年
3、8      南南東微南(南南東より少し南)  2018年
4、9      東北東微東(東北東より少し東)  2019年
5、0      西南西微西(西南西より少し西)  2020年

恵方巻の食べ方

恵方の方角のの決め方が確認できたので、恵方巻の正しい食べ方を紹介しますね。

せっかく縁起を担いで恵方巻を食べるのですから正しい食べ方をおぼえましょう。

1.恵方の方角を向いて食べる

当然のことですが、その年の恵方を向いて食べましょう。
歳徳神がいらっしゃる恵方をむいてよそ見をせず、食べている間はその方向だけを見ることが大切です。
よそ見をしていると、ご利益を得ることはできないと言われています。

2.恵方巻きは黙って食べる

恵方巻きは願い事をしながら食べるものなので、食べ終わるまでおしゃべりなどぜず黙って静かに全部食べましょう。
落ち着きなくワイワイ騒いでいるとご利益を得ることはできないと言われています。

恵方巻きを食べ終わったたら、家族と楽しくおしゃべりしながら食事を続けてくださいね。

3.恵方巻きは一気に食べる

恵方巻きは一本を一気にカブッと言っちゃってください。
恵方巻を食べる時だけは上品な切り分けは無用です。
切り分けたり、途中で他の食事をとってしまうとご利益を得ることはできないと言われています。

一気に食べることが大事なので、子供には細めであまり長くない恵方巻を用意してあげましょう。
大人は食べる前には深呼吸したほうが良いかもしれませんね。

節分の恵方巻きの具材に決まりはあるの?

節分の時期になるとスーパーやコンビニで恵方巻の予約が早々と始まったり、節分当日はさまざまな恵方巻が数多く並べられています。

縁起が良いと言われ、多くの人が縁起を担いで食べるこの恵方巻の具にはどんな決まりがあるのか、どんな種類の恵方巻を食べるのが良いのか気になりますよね。

しかし、「うそっ?」と思われるかもしれませんが、「恵方巻に入れる具材はこれです。」と言う決まりはないそうです。

ただ、「七福神」にちなんだ7種類の具材を使うと縁起が良いとされています。

「七福神」にちなんだ7種類の具材

七福神(恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁才天、福禄寿、寿老人、布袋 )とは、福をもたらすということで日本で信仰されている七柱の神の事です。

この七福神にちなんだ7種類の具材をまき寿司にすることで「福をまきこむ」という意味になるのです。

こちらの記事も参考にしてください。
七福神巡りとは?名前の意味と由来や頂いた御朱印のご利益は?

 

昔ながらの太巻きの主な具材は次の通りです。

かんぴょう
キュウリ
シイタケ煮
厚焼き卵
ウナギ(アナゴ)
桜でんぶ(おぼろ)
高野豆腐

しかし、恵方巻の具材には特別な決まりはないので、7種類の具材は決まっていません。

 

スーパーやコンビニで販売している恵方巻には、マグロやサーモンなどの生ものが入っているものも多数あります。

恵方巻が徐々に全国に広がる過程でさまざまな太巻きが登場しました。

 

家族各々の好みで選ぶことが出来るので、嬉しいですね。

家庭で作る場合には、冷蔵庫にあるものやお好みのものを入れて、太さや長さを工夫できるのでおすすめです。

 

買う、作る、どちらにしても節分という行事を家族のみんなで楽しんでください。

まとめ

お気に入りの具材が入っている恵方巻を買うもよし、作もよし、家族みんなで楽しみましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
節分とはいつ?豆まきの意味や由来と豆を食べる理由や数は?
節分の豆まきの仕方とまいた後はどうするの?豆の残りの使い道

節分には豆をまいて、恵方巻きを食べて健康で幸福な一年にしましょうね。