さつまいもはホクホクと甘く美味しいから、食べたら太るというイメージを持っている方いるようです。

でも、信じがたいかもしれませんが、さつまいもは意外にヘルシーな食材なのです。

そこで、さつまいもにどのようなダイエット効果が期待できるのか、カロリーはどれくらいか、ダイエットする時の注意点について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

さつまいものダイエット効果

さつまいもはダイエットに効果があると以前から言われています。

どんな効果が期待できるのかご紹介します。

食物繊維

さつまいもは食物繊維がとっても豊富です。

食物繊維が豊富ということは、便秘を解消する効果が期待できます。

便秘をしていると、代謝が下がって痩せにくくなってしまいます。
便秘を解消することで代謝が上がり、痩せやすい体になるのです。

ヤラピン

さつまいもにはヤラピンという成分が豊富に含まれています。

このヤラピンがダイエットに良いのです。

ヤラピンには腸が正常に働くのを促進し、便を柔らかくする作用があります。

さつまいもが便秘解消に効果的だとよく言われますがそれは、食物繊維とヤラピンが豊富に含まれているからなのです。

ビタミン B2、C、E

さつまいもにはビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。

・ビタミンB2  脂肪燃焼を助ける働きがある
・ビタミンC   美肌効果が期待できる
・ビタミンE   代謝が良くなり痩せやすい体になれる

朝さつまいもダイエットは効果が期待できる理由

さつまいもは満腹感を感じやすく、腹持ちが良い食材です。
腹持ちの良いさつまいもなら空腹感でつらい思いをすることが軽減され、ダイエットするにも簡単に実践できるので効果の期待は大きいです。

朝さつまいもダイエットをご紹介します。

この朝さつまいもダイエットは一般的に、便秘気味の方には高いダイエット効果が期待できると言われています。
「私は便通は良いわ」と言うお通じが良い方でも、摂取カロリーを抑えることができるので、ある程度のダイエット効果は期待できそうです。

朝食を食べたほうが太りにくくなると言われています。
ではなぜ、朝食にさつまいもなのでしょう。

朝に摂るビタミンは、最も体に吸収されやすいので、ビタミンを多く含むさつまいもを食べることは、ベストタイミングなのです。

朝食なら、誰でも比較的自分の自由がききます

昼食は職場の同僚や友人とのランチ、夕食は家族との時間を大切にしたりお付き合いがあったりと、自分だけさつまいもを食べるという環境は作りにくいですね。

だから朝食にさつまいもを食べることが、体のためにもタイミング的にも良く続けやすいのです。

朝さつまいもダイエット方法

朝さつまいもダイエットのやり方はとても簡単です。
1日1回主食を150gの蒸したさつまいもに変えるだけです。

1日の食事のうち朝の1回だけ、主食をさつまいもにしましょう。

おかずは好きなものを食べてもいいのですが、炭水化物は控えます。

主食を低カロリーのさつまいもに換えることで、摂取カロリーをダウンさせるのです。

朝食以外の食事で食べ過ぎてしまっては、効果は現れにくくなってしまうので注意しましょう。

朝さつまいもダイエットには、食事制限やカロリー制限はありません
栄養バランスのとれた食事、腹八分目を心がけることが大切です。

◇ポイント
さつまいもの皮にはポリフェノールが豊富に含まれているので、皮ごと食べて栄養をまるごと摂取しましょう。
蒸して食べるのがおすすめです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
さつまいもを甘く蒸すコツ 蒸し方は電子レンジ?炊飯器?フライパン?

さつまいものカロリーはどれくらい?

さつまいもは肥満防止や便秘解消などの効果があって、炭水化物の中でも太りにくい食材です。

6割以上が水分なのでカロリーが低く、150gで約190kcalです。

ご飯1膳(約150g)で、約250kcalなので、ご飯1膳をさつまいもに置き換えるだけで約60kcalも減らせるのです。

これってすごいですよね。
さつまいもは一年中スーパーで購入できて、比較的安い食材なので嬉しくなっちゃいます。

やはり、朝さつまいもダイエットはうってつけのようです。

朝さつまいもダイエットをする時の注意点

朝さつまいもダイエットの方法はとても簡単とは言え、朝さつまいもダイエットにも注意点があります。

おきかえは1日1食

おきかえは1日1食までです。

さつまいもはたんぱく質がやや少なめなので、1日2食以上をさつまいもだけにしてしまうと、たんぱく質が不足してしまいます。

たんぱく質が不足してしまうと肌がかさかさになったり代謝もダウンしてしまいます。

さつまいもの分量

さつまいもの分量を守りましょう。

1食分のさつまいもの重さは150gです。

いくらさつまいもが太りにくい食材でも、食べすぎはカロリーオーバーになってしまいます。

炭水化物と一緒たべない

さつまいもの主成分は炭水化物です。

さつまいもに置き換えた1食で、十分な量の炭水化物が摂れているのでおかずは他の栄養素を含む食材を選びましょう。

ちなみに、砂糖などの糖質も炭水化物になりますよ。

さつまいもの揚げたものはNG

さつまいもの揚げたものはNGです。
油をたっぷり吸い込んで、あっという間にカロリーオーバーになってしまいます。

さつまいもは蒸したものを食べましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
さつまいもの栄養成分と効能や調理法の注意点&長期保存するコツ

まとめ

ダイエットを行う時には、バランスの良い食生活や規則正しい生活を心掛けることが大切です。

朝の1食をさつまいもに置き換えても、昼や夜の2食がカロリーオーバーでは効果が表れません。

また不規則な生活も基礎代謝を低下させてしまいます。

さつまいもパワーを最大限に利用するためにも、食事内容や生活リズムを見直し、健康的にダイエットしましょう。