ニキビは青春のシンボルなんて言われますが、吹き出物は大人ニキビと言われています。
このニキビと吹き出物(大人ニキビ)の違いと、何が原因なのか紹介します。

違いと原因を知ることが根治する第一歩です。

ニキビと吹き出物(大人ニキビ)の違いは?

一般的には次のように年齢で分けられています。
10代までにできるのが「ニキビ」
20代を過ぎてからできるのが「吹き出物(大人ニキビ)」

「吹き出物」という言葉はあまり聞こえが良くありませんよね。
何だか清潔じゃないような、一種の肌の病気を連想してしまう人も少なくありません。
そのため近頃では、10代の思春期に多くの人が悩まされる「ニキビ」、20代を過ぎると成人=大人をかけ合わせることで、「大人ニキビ」という言葉が生まれました。

ちなみに、「大人ニキビ」という言葉が生まれると、10代のニキビは「思春期ニキビ」とも呼ばれています。

それでは本題の「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いについて紹介しますね。

顔にできやすい場所と時期の違い

思春期ニキビと大人ニキビは、できやすい場所や時期に違いの特徴があります。

■思春期ニキビ
思春期ニキビは、皮脂の分泌が多い額や鼻(Tゾーン)に出やすく、春から夏にかけて皮脂の分泌が活発になる時期にできやすいです。

■大人のニキビ
大人ニキビは、口の周りやあご、フェイスライン(Uゾーン)に出やすく、秋から冬にかけての乾燥しやすい時期にできやすいです。

治り方の様子の違い

■思春期ニキビ
思春期(8歳頃~18歳頃の子供から大人に変わる時期)はホルモンバランス著しくが変化する時期なので、皮脂の分泌量は思春期がピークとされています。

だから、思春期はニキビができやすいお年頃なのです。
ニキビが青春のシンボルなどと言われるのはこのことからなのです。

けれど、思春期が過ぎてホルモンの変化が落ちつけば、減ってくるので「思春期ニキビ」は一過性です。

■大人のニキビ
大人のニキビは思春期ニキビと違い、同じ場所に繰り返しできてしまいます。
ホルモンの変化が落ちつけば減ってくる思春期ニキビと違い、「大人のニキビ」は再発するケースが多いです。
困ったものですね・・・

ニキビと吹き出物(大人ニキビ)の原因は?

「大人ニキビ」は「思春期ニキビ」と異なり、再発するケースが多く治りにくく繰り返す性質があります。
根治するためには、原因を正しく把握して長期的に改善に取り組む必要があります。

まずは、思春期ニキビと大人ニキビの原因を紹介します。

思春期ニキビの原因

思春期ニキビの大きな原因は、体の成長に伴うホルモンバランスの乱れにあります。
ホルモンバランスが乱れることで、皮脂の分泌量が増えて毛穴が詰まり、毛穴の中で原因菌のアクネ菌が増えることでニキビになってしまいます。

つまり、思春期ニキビの根本的な原因は、成長期に体が不安定になってしまうことなので、時期が来れば症状は次第に治まっていきます。

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因は、残念ながら思春期ニキビのように単純ではありません。
原因は次のようにさまざまです。

・古い角質の蓄積
・肌の乾燥
・ストレス
・睡眠不足
・偏った食生活
・スキンケア
・タバコによる血行不良
・過度なダイエット
・冷え性

この中でも主な原因と言われているのが、古い角質の蓄積と肌の乾燥です。
古い角質の蓄積と肌の乾燥のメカニズムを理解しておきましょう。

さまざまな原因が重なり、まずお肌の代謝が悪くなることでお肌のターンオーバーが遅くなり、古い角質が毛穴をふさいでしまいます。
ターンオーバーの低下によってお肌の乾燥が起こると毛穴をふさぎ角質を厚く、堅くするのでさらに大人ニキビを頑固にさせる主な原因になるのです。

このような状態のお肌は、ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖し炎症をおこし「大人ニキビ」になっちゃうのです。

メカニズムが理解できたら、根本の原因となる「日常生活」に潜んでいるさまざまな原因を確認しましょう。

■ストレスと睡眠不足
女性ホルモンである、「エストロゲン」はお肌のうるおいを保つ働きし、「プロゲステロン」は皮脂の分泌の促進する作用を持っています。
このように女性ホルモンはとても重要な役割を果たしてくれているのです。

しかし、「ストレス」や「睡眠不足」はこのホルモンバランスを乱れさてしまいます。

■偏った食生活
ニキビ予防に必要な栄養素、「ビタミン」や「ミネラル」を上手にとることで、お肌のターンオーバーの働きを高め毛穴の詰まりを防止したり、ニキビ菌の殺菌をしてくれる効果を期待できるのです。

けれど、日々の忙しさなどから外食や簡単なもので済ませがちな偏った食生活は「栄養バランスの乱れ」を招き、大人ニキビの原因の一つになってしまいます。

■スキンケア
毎日のスキンケアにも問題があります。
忙しさのあまり、ささっとメークを落として終了なんてことありませんか?
これはまだマシかもしれませんよね。
テレビを見ていて疲れすぎて寝落ち、気づいたら化粧も落とさずに朝になっていたなんてこともあるかもしれません。

このような時のお肌に残ったメーク汚れが毛穴に詰まり、知らず知らずに蓄積して大人ニキビの原因になることもあります。

洗顔のやり方も気をつけなければいけません。
洗顔料を使って何度もごしごし洗って本来のお肌に必要な皮脂まで落としてしまうと、大人ニキビの主な原因の「お肌の乾燥」を引き起こしてしまうので注意しましょう。
洗顔は1日2回程度にとどめましょう。

この他にも、大人ニキビの原因は、「タバコによる血行不良」や「過度なダイエット」、「冷え性」など日常で改善たくさんあります。
これらの原因を取り除いて、正しい生活習慣を心がけ、健康を保つことが大人ニキビを治す近道となります。

まとめ

思春期ニキビは時期がくれば減っていってくれますが、吹き出物(大人ニキビ)は繰り返し出来てしまうので、根治するためには正しい生活習慣とバランスの良い食事、そして正しいスキンケアが重要です。

しかし、正しい生活習慣やバランスの良い食事、正しいスキンケアキンケアを実践しても改善が見られない場合は、こじらしてしまう前に皮膚科を早めに受診しましょう。

⇒ 思春期ニキビの赤みの原因や早く治す方法と良い食べ物は?

思春期ニキビの赤みやニキビ跡の赤みが気になる時はこちらをチェックしてください。