亀戸天神社の初詣の参拝時間と混み具合やご利益、気になる名物グルメも紹介します。

菅原道真公(学問の神様)が祀られている亀戸天神社のご利益は学業成就と家内安全
毎年多くの受験生が合格祈願に訪れます。

元日から1月7日までは新年特別昇殿祈願祭、1月24日、25日にはうそ替え神事が行われ開運のお守りも登場します。

亀戸天神社の初詣 基本情報と参拝時間

亀戸天神社神社は菅原道真公をお祀りし、一般には「亀戸の天神さま」「亀戸天満宮」と呼ばれ広く親しまれています。
古くは、本社の九州太宰府天満宮に対して東の「東宰府天満宮」または「亀戸宰府天満宮」と称されていましたが、明治6年に東京府社となってから亀戸神社と号し、昭和11年には現在の亀戸天神社と正称されています。

学問の神様として親しまれていますので、受験シーズンには多くの受験性が絵馬を奉納し、合格祈願に訪れ境内がいっぱいになります。
花の名所でもあるので「花の天満宮」とも呼ばれ、2月初旬から3月初旬には梅まつり、4月下旬からは藤まつり、10月頃には菊まつりと季節ごとにさまざまな花を楽しむことができ、境内は緑豊かで池もあり心癒される場所になっています。

1月24日、25日に行わえるうそ替え神事(うそかえしんじ)の「うそ」は日本海沿岸に生息するスズメ科の鳥で、太宰府天満宮のお祭りの時害虫を駆除したことから天神様とご縁があり、幸運を招く鳥とされ毎年「新しいうそ鳥」に替えることでこれまでの悪いことが「うそ」になり一年の吉兆(きっちょう)を招き開運、出世、幸運を得ることができるとされています。

亀戸天神社の「うそ鳥」は檜で神職が手で一体一体心を込めて作られ、1月24日、25日の2日間でしか手に入らない貴重な開運のお守り(鷽まもり)としてとても人気があります。

■住所、TEL
東京都江東区亀戸3-6-1
TEL 03-3681-0010

■参拝時間
【境内】
自由

【本殿】
6:00~17:00
・12月31日~1月1日は終日可
・1月2日、3日は8:00 ~ 19:00頃

■参拝料
無料

ただし御祈願の場合は、祈願料5,000円~

ご利益

亀戸天神社は学問の神様として名高い菅原道真公をお祀りする神社なので学業成就にご利益があるのは有名です。
しかしその他にも、開運招福・商売繁盛・交通安全・家内安全・厄除・病気平癒等こんなにたくさんのご利益があり、最近はでは開運のパワースポットとしても有名なのです。

■参道にある3つの太鼓橋
参道にある3つの太鼓橋は三世一念の理(ことわり)と言い、池と橋を人の人生に例えて太宰府天満宮に倣って造られています。
大鳥居を過ぎて最初の男橋は過去を表し、次の平橋は現在を表し、最後の女橋は未来を表していると言われています。

3つの太鼓橋がパワースポットとされ、渡るごとに心が清められると言われています。

■本殿横の神牛
本殿横の神牛に触れると病気治癒のご利益があり、なんと知恵が授けられるとされています。

■筆塚
筆塚に使い古しの筆記具を納めると学問向上に更なるご利益があるとされています。

■花園社
4つある境内社の中の一つ花園社は、道真公の奥様とお子様が祀られている小さなお堂です。
多くの女性たちに人気の花園社には、強いパワーがあるとされていて恋愛・縁結び・安産・子宝・立身出世のご利益があると言われています。

■亀戸天神社全体
さらに亀戸天神全体に強い癒しのパワーを持っているとも言われ、心や体が疲れた時にも訪れると不思議と元気になると言われています。

亀戸天神社の初詣 混み具合は?

例年、大晦日31日の23:00頃から本殿前に行列が出来始めます。
元日の0:00~2:00がピークとなり、蔵前橋通り沿いの行列は200m~300mにもなります。

三が日のピークは10:00~16:00で、最長待ち時間は1時間ほどです。

狙い目の時間は早朝から8:00頃まで、夕方は17:00過ぎです。
この時間帯ならば、行列で待つことなく比較的ゆっくり参拝できるでしょう。

亀戸天神社へのアクセス

12月31日 11:30 から 1月1日 2:00頃まで周辺の道路は交通規制が実施され、東門通りが封鎖されます。
周辺の有料の駐車場も限られているので、公共交通機関を利用しましょう。

・総武線 「亀戸駅」北口より 徒歩約15分
・総武線 「錦糸町駅」北口より 徒歩約15分
・地下鉄半蔵門線 「錦糸町駅」北口より徒歩約15分

亀戸天神の最寄りの駅は亀戸駅、錦糸町駅さらには押上駅からも徒歩で行けるのですが、参拝の順を待つ行列が亀戸駅方面へ並んでいるので、亀戸駅下車がおすすめです。

亀戸天神社の初詣 おすすめの名物グルメ

亀戸天神社参拝の際、おすすめしたい名物グルメを紹介します。

■きびあわじるこ(つぶしあん)
きびあわじるこ(つぶしあん)はキビと栗入りのお餅が入ったお汁粉で上品な味わいです。
初詣で冷えた身体を温めるのに最高です。
このきびあわじるこは10月下旬からの販売です。

山長 亀戸本店
東京都江東区亀戸3丁目60−21
TEL 03-3681-4975

※2018年情報です。

・2017年12月31日(日)
販売のみ  8:00 ~ 19:00
・2018年1月2日(火)、3日(水)
店内  11:00 ~ 18:00
販売  8:00 ~ 18:30
※1月1日(月・祝)はお休みです。

■名物 天神そば・合格そば
名物 天神そばは、豚挽、海老、とろろをそばつゆで煮込んだとろっとした食感のそばです。
つゆを全部飲み干すお客さんがたくさんいるほど、一度食べるとくせになります。
寒い時は身体の芯からポカポカ温まるおそばです。

合格そばは、卵と納豆を粘りがでるまで気合でかき混ぜ、そばの上からとろ~りとかけで蕎麦の芽、刻みのり、梅干しを散らします。
十割手打ちそばとの食感も絶妙なハーモニーで、食べたら粘り勝ちするそうです。

江戸そば料理帳 にし田
東京都江東区亀戸3−2−10 大竹ビル103
TEL 03-5609-8968

※2018年情報です。

・2018年1月2日(火)、3日(水)
11:30 ~ 15:00、17:30 ~ 21:00
※1月1日(月・祝)はお休みです。

■くず餅
モチモチの弾力と食べ初めた時の独特な歯ごたえの船橋屋のくず餅は、上質の小麦でんぷんを地下天然水で15ヶ月発酵精製しひとつひとつ丁寧に蒸し上げ、秘伝の黒糖蜜と香ばしいきな粉で生まれる三位一体の絶妙な味わいです。

船橋屋 亀戸天神前本店
東京都江東区亀戸3丁目2−14
TEL 03-3681-2784

※2018年情報です。

・2018年1月1日(月・祝)~ 3日(水)
販売  7:00 ~ 18:00
喫茶  8:00 ~ 17:00(LO)
・2018年1月4日(木)、5日(金)
8:00 ~ 18:00
・2018年1月6日(土)~
通常営業(9:00~18:00、喫茶9:00~17:00)

まとめ

初詣の時期は大変混み具合ますが、たくさんのご利益をいただきに防寒対策を万全にしてパワースポットでもある亀戸天神社に足を運び、荘厳はで趣きのある本殿や素晴らしい境内に心も身体も癒されましょう。

受験生は合格祈願詣をして合格そばを食べパワーを頂きましょう。

大学受験の服装で一般入試は制服?私服?面接での現役生と浪人生の注意点

これで怖いものなしですね。