大学受験にむけて準備はOK、後は全てを出し切るだけの受験生の皆さん、当日の服装は大丈夫ですか?

一般入試の場合、服装のことを考えていなかったことに慌ててしまう人が毎年意外に多いのです。

高校の制服?
それとも現役生ばかりじゃない浪人生もいるんだから私服?

また面接がある場合はどんなことに気をつけたら良いのでしょう。

そこで、大学受験の一般入試の際の服装、面接がある場合の現役生と浪人生の注意点を紹介します。

参考になれれば幸いです

では本題に入りましょう。

大学受験の服装 一般入試の場合は制服?私服?

大学受験で一般入試の場合、どんな服装をして試験会場に行けばいいのか悩んでいるは受験生は多いようです。
また、制服以外の選択肢はないと思っていたという受験生も中にはいるようです。

 

高校の制服を着用して試験を受ける方がいいのか、それとも普段着慣れた温かい格好の私服でもいいのか迷いますよね。

しかし大学受験で一般入試の場合は、迷ったり、悩んだりする必要はありません。
私服で受験してOKです。
もちろん高校の制服でもOKです。

 

塾や予備校に私服で通っていて、「その時の雰囲気がリラックスいいから、いつも通りに問題を解けそう。」と思うなら私服の方が良いでしょう。
でも、「いつも制服で勉強していたから、普段と違う私服では勉強のスイッチが入らないかも。」と思うのなら制服を選ぶ方が良いかもしれませんね。

 

私服であれ制服であれ、服装によって合否は左右しないので、安心してあなたが一番実力を出せる服装で受験会場に行きましょう。
要は、あなた自身が精神的に安心(リラックス)できて、今までやってきたことが緊張することなく発揮できる服装を選ぶことが重要なのです。

 

ただ私服にしても制服にしても、忘れずに準備しておいて欲しいことを紹介しておきますね。
是非ともココはしっかり押さえておいてください。

試験当日 試験会場内の環境

大学入試の時期は一年のうちで一番寒いです。

 

外はめちゃくちゃ寒いのですが、試験会場は暖房がガンガン効いていて「暑い」という状況が考えられます。
実際に、試験会場に入るまでに外で待たされて体が冷え切ってしまったけれど、試験会場内は暖房の効きがよくて顔がポッポッと赤くほてってしまうようだったという人もいます。

 

しかし、それとは逆に外はめちゃくちゃ寒い、そして試験会場も暖房の効きが悪く「寒い」という状況も考えられるのです。
こちらも実際に、冷んやりと寒くて鉛筆を持つ手がかじかんじゃったという人もいるのです。

 

また、試験会場の暖房が効いてくるまでに時間がかかって、午前中はとっても「寒かった」けれど、午後は一転暖房が効きすぎて「暑かった」なんてこともあります。

 

なので、このようなことを想定して服装はしっかりと準備をして行く必要があるのです。

入試当日 準備すべき服装のポイント

外と試験会場内の寒暖に対応できる、調節が可能な服装にしましょう。

おすすめは重ね着スタイルです。

暑ければ上着を一枚脱げば問題ないのですが、試験が始まってしまうと脱ぐことはできませんもんね。

特におすすめなのは前開きのパーカーやカーディガンなどです。
前のファスナーやボタンの開け閉めだけでも、寒暖調節ができますよ。

 

また同じ試験会場でも、窓際と廊下側では温度が全然違います。

上半身は寒くないけど足元が妙にスースーと冷えることも十分考えられます。

できたらひざ掛けを持参しましょう。
荷物になるから気が進まないなら、ひざ掛けの代わりにコートを足元に掛けて代用してもOKです。

 

指のかじかみを取るためにカイロなどをポケットに入れておくのも良いでしょう。

 

このように当日の試験会場では、あなたにとってのベストな環境になるように心がけましょう。

それでも暑すぎる寒すぎるときには、試験監督者に声を掛けて温度調整してもらいましょう。

 

あっ、わすれてました。
これもとても重要な事です。

雨や雪の日の場合、Gパンは控えた方がいいでしょう。
私だったら履いてきません。
また子供にも履かせません。

Gパンは濡れた時が大変です。
なかなか乾いてくれませんよ。
じとーっと湿ったまま冷たくなった状態では、体は冷えてくるし気になってしまい試験問題に集中できません。

大学入試に面接がある時 現役生の服装は?

「ちょっと待ってください。大学入試に面接試験がある場合の服装はどうしたらいいの?」こんな心配もありますね。

面接試験はやはり印象が大事です。

面接官次第ですが、派手でなく似合っていれば、服装が原因で落とされることはまずないと言われています。
しかし、「まじめ」に見えるような服装のほうが安心できますよね。

 

面接試験がある場合、制服が一番無難でしょう。

ただ、ヨレヨレでシワシワの制服では逆に印象が悪くなるので、前日に制服のスカートやズボンにはアイロンをかけて、折り目はピシッとしておきましょう。

女の子の場合

女の子の場合は、太ももが見えてしまうような短いスカートや、逆に長いスカートでは印象は良くありません。
スカートの丈には十分注意しましょう。

校則通りの長さが一番印象を良くしてくれる長さです。
もう一度校則を確認しておきましょう。

男子の場合

男子の場合、ブレザーでネクタイをつける際は、ネクタイにゆるみやゆがみがないようにしっかり整えましょう。
また学ランの場合は、中に白いカラーをしっかり付け、ホックはしっかりかけましょう。

 

女子も男子も、靴はスニーカーでなく革靴が望ましいと言われています。
足元は目立つ場所です。
しっかりと磨いたものを履いて面接に臨みましょう。

高校が私服だった場合は?

高校が私服だった場合は、学生らしい「清潔で華美でない」服装にしましょう。

 

卒業式に準備した服装があったら、それでOKです。
スーツやジャケットにシャツ、シンプルなパンツやスカートが良いでしょう。

きれいに洗ってあってもGパンにトレーナーやめておきましょう。

ボタンはしっかりとめて、革靴はしっかり磨いたものを履きましょう。

大学入試に面接がある時 浪人生の服装は?

浪人生の場合は、制服に準じる服装にしましょう。
だから、GパンにトレーナーはNGですよ。

 

具体的には、リクルートスーツが良いでしょう。
すぐに大学の入学式で着ることになるので、用意しておいても無駄になることはありませんよね。

でも、受験勉強で忙しい時期にスーツを買いに行く時間などない、スーツを着るのには抵抗があると言う場合は、ジャケットにシャツ、シンプルなパンツやスカートでも清潔できちんとした服装であれば大丈夫です。

ただ、浪人生はほとんどがスーツというのが現状です。

ボタンはしっかりとめて、革靴はしっかり磨いたものを履きましょう。

 

また受験では、普段の力が100%出しきれるように前日からの食事と当日のお弁当も重要ですよ。
こちらの記事も参考にしてください。
受験生がとるべき食事の栄養と時間帯や前日、当日の朝、弁当はどうする?

 

そして合格発表の後には、入学式に着るスーツ選びが待っています。
こちらの記事を参考にしてください。
大学入学式の服装 男子はスーツいつ買うの?成人式や就活に兼用できる?
大学の入学式で男子スーツの色や値段とコーディネートに必要な物は?

まとめ

大学入試の服装は、あなた自身が精神的に安心(リラックス)できて、今までやってきたことが緊張することなく発揮できる服装を選びましょう。

当日の試験会場ではあなたにとってのベストな環境になるよう、寒暖を調節できるように準備をして試験問題に集中しましょう。

面接がある時は、現役生は制服、浪人生はスーツが無難です。

きちっとボタンをとめて、革靴はしっかり磨いたものを履いて面接官や大学に対する誠意をみせましょう。