ラッシュガードは日焼け止め効果や防寒効果などたくさんの効果があると言われ大人のも子供にも人気があります。

海やプールなど水着を着る時や潮干狩りのように浜辺で長時間過ごすときにもお肌を守って大活躍しそうですね。

ただ、ラッシュガードを着てそのまま海やプールの中に入れるのか気になっている人も少なくないようです。

そこで、ラッシュガードとはどんなものか、どんな効果があるのか、 海やプールの中で着たまま泳いだ時の注意点を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ラッシュガードとはどんなものなの?

最近ではラッシュガードという言葉を良く耳にしますが、いまだ「ラッシュガードって何?」「何それ、どんなものなの?」と、良くわかっていない人もいるようです。

私も数年前に耳にした時はこんな感じでした。
実際に潮干狩りに行く時、友人にラッシュガードをすすめられたのです。

それならばと購入する時に色々調べてみました。

 

それでは、ラッシュガードとはどんなものなのか紹介します。

ラッシュガードは元々、サーファーから生まれたものと言われています。
サーファー語でラッシュガードの「ラッシュ」は、「擦り傷」と言う意味があるそうです。

 

だから、ラッシュガードは「擦り傷から守る」という言葉の通り、マリンスポーツの際に水着の上に着て、植物の茂みや海草類などの浮遊物からのケガから身体を守り、日焼けを防ぐために活用されてきました。

 

素材は、ポリウレタンやポリエステルからできた薄手の肌さわりのいい生地です。

海辺で遊んだり泳いだりして水に濡れてもOKなのがラッシュガードなんです。

 

最近ではマリンスポーツ以外でも、ランニングやスキーなど冬のスポーツのアンダーウェアとしても着用され、競泳用の水着や自転車のアンダーシャツなど幅広くスポーツの場面で使われています。

 

海辺やプールサイドで遊ぶときには、UV加工されているマリンパーカーなどでもいいですが、水に濡れてもOKというのは特に小さい子供には嬉しいですね。

 

スポーツ用にデザインされたものは、水や空気の抵抗を少なくするため身体にピッタリしているものが多いのですが、最近ではいろいろな種類のものが販売され、色やデザインもさまざまなものが揃っているので選ぶ楽しみもあります。

ラッシュガードの効果

ラッシュガードのさまざまな効果について紹介します。

日焼け止め効果

ラッシュガードの一番の効果は日焼け対策です。

 

海やプールで遊んでいるとついつい時間を忘れてしまい、日焼け止めクリームを塗りなおすことも忘れがちになります。
また日焼け止めクリームをしっかり塗っていても、水に入れば流れてしまいます。

また、プールによっては水が汚れてしまうことから、日焼け止めクリームやサンオイルなど、身体に塗ることを禁止しているところもあります。

けれど海やプールでは紫外線を大量に浴びることになるので、どうしても日焼けを避けて通ることはできません。

 

そんなときに役立って肌を守ってくれるのがラッシュガードなのです。

そんな日焼け止めクリームを塗りなおす時間がない時や忘れてしまった時、身体に塗ることを禁止されている場所などでも、ラッシュガードを着ていれば紫外線を防ぐことができます。

自分で日焼け止めクリームを塗るのが難しい肩や背中も、ラッシュガードがあれば日焼けは完全に防げるのです。

 

最近は色々な種類のラッシュガードが出回っています。
UV加工された生地でできたもが多く、顔周りの日焼けを防ぐ大きめのフード付きや長袖タイプのものもあるので、効果はさらに大きいようです。

ラッシュガードの色選び

ラッシュガードの色選びも重要です。
できるなら紫外線を通しにくい色を選んでみましょう。

 

日焼け効果が一番高いのは黒色です。

 

なんだか、イメージと逆のような気がしたので店員に聞いてみたところ、黒色は光を吸収するのでラッシュガードに当たった光の照り返しを受けずに済むそうです。
逆に、白色は光の照り返しを浴びてしまうので日焼け対策には向かないとのことでした。

 

ただ特に女性の場合、黒色だと重い印象を与えてしまうので、オシャレ的にはちょっとと躊躇する方には、青色やピンク色などのさわやかな中間色もおすすめです。

外傷を防ぐ効果

海に行き浅瀬でシュノーケリングなどを楽しむ際は、サンゴや貝殻で身体をけがしてしまう可能性があります。

プールも切り傷や擦り傷をおう可能性が高いです。

またサーフィンやボディーボードなどの激しいスポーツをする際には、衝撃でけがをしたり、ボード擦れすることもあります。

そんなときラッシュガードを着ていると、外傷から体を守ってくれるので安心です。

防寒効果

ラッシュガードには防寒効果もあります。

外気温が高くても水温が低いと一気に体温が下がってしまいますよね。
だから、1枚でも多く着用して水に入ることで体温をできるだけ逃がさないようにすることができるのです。

 

あまり厚すぎないラッシュガードを選びましょう。
中間程度の厚さでも充分な防寒効果を得られます。

厚手だと水に濡れると水分を含んでとても重くなり、乾くのにも時間がかかってしまいます。

 

またサイズ選びはとても重要です。
ジャストサイズのものを選びましょう。

ジャストのサイズを選ぶことで最大の防寒効果が得られるのです。

 

サイズが大きいめなゆったりしたものを選ぶと肌とラッシュガードの間に水が入ってしまい防寒効果は得ることができません。
また、小さすぎるものを選ぶと動きにくくなるため危険です。

 

ただ、ビーチで着るだけで水に入らない場合は、厚手で大きめサイズでもOKです。

体型を隠す効果

ラッシュガードには体型を隠す効果もあるのです。
女性には嬉しい効果になりますね。

 

結婚をして出産をした女性にとって、水着を着るのは抵抗があるという人も多いでしょう。

子どもや孫を海やプールで遊ばせてあげたいですよね。
そんなお母さんおばあちゃんにとって、ラッシュガードが心強い味方になってくれるのです。

 

「でも、ラッシュガードはぴっちりしたものなんじゃないの? 体の線がでるものなんて着れない。」と思われるかもしれませんね。

大丈夫ですよ、種類はたくさんあります。

 

子どもや孫を海やプールで遊ばせるには、ラッシュガードパーカーという街着で着てもOKなゆったりとしてたおしゃれなラッシュガードこれがおすすめです。

ラッシュガードを着たまま海やプールの中にそのまま入れるの?

ラッシュガードの素材はもともと水の中に入るためのものなので、海やプールの中にそのまま入って問題はありません。

 

ただプールの場合、ラッシュガードを着たままプールに入ることを禁止しているところもあるようなので、事前に確認をしておくほうが良いかもしれません。
当日心配ならば「これ、着たままでいいですか?」と、プールの係員さんにラッシュガードの着用許可を得れば安心ですね。

海やプールの中に入った後の注意点

乾きがいいといわれているラッシュガードでも、海やプールにから上がった時ラッシュガードを着たままでいると、水分が蒸発するときに気化熱で体温を奪っていくので下手すると風邪引いてしまいます。

海やプールから上がったらラッシュガードはすぐに脱いで、ラッシュガードパーカーに着替え寒さ対策と日焼け対策同時にしましょう。

 

ちなみに、
わざわざラッシュガードパーカーを購入しなくても、UVカットパーカーがあればそれでもOKです。

 

脱いだラッシュガードは出来るだけ日当たりの良いところに干しておきましょうね。
休んでいる間に乾いてくれるでしょう。

 

このように、水中では着脱が楽なジップアップタイプのラッシュガード陸上ではラッシュガードパーカー(UVカットパーカー)2枚持っていると便利です。

 

★かぶるタイプのラッシュガードは首周りが細くなっているので、女性にはピアスが外れたり、顔につけた日焼け止めやファンデーションなど首周りについたり、髪がボサボサになってしまいうので着脱が楽なジップアップタイプがおすすめです。

子供用にも着脱が楽なジップアップタイプがよいでしょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
赤ちゃん水着の選び方のポイントやサイズ ラッシュガードは必要?
潮干狩りに適した時期や時間帯 何歳からできる?料金システムは?

まとめ

ラッシュガードは海やプールには必需品となりつつあります。

さまざまな嬉しい効果があるので、状況や目的によって自分に合ったものをよく吟味してお気に入りを選んでみましょう。

今年の夏はラッシュガードを着て、日焼けを気にせず思いっきり海やプールを楽しみましょう。