お花見には「花より団子」と言われますが、お花見弁当でも、ビールでもなく、なぜ甘いお団子をお花見に食べるのか気になりますよね。

またお花見に必要な持ち物や、春とは言え意外と肌寒いお花見時期の気温や服装について知りたい人も多いでしょう。

そこで、お花見に団子を食べる由来や持ち物リスト、気温と防寒対策コーデを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お花見に団子を食べる由来

厳しい寒さから解放され、ポカポカの日差しが恋しくなる季節にやって来るのが桜の開花情報です。

桜は日本人にとって特別な存在ですよね。

それでは毎年桜のお花見を楽しみにしている人も意外と知らない、でも気になっている、お花見の由来や「花より団子」と言われている由来について紹介しますね。

お花見の由来や意味

お花見を楽しむ風習は近年始まったことではなく、古くは奈良時代の貴族が始めたものと言われています。
ただ、当時のお花見は桜ではなく梅が中心だったそうです。

万葉集を見ても、桜より梅の歌の方が倍以上だそうですよ。

中国文化の影響を強く受けていた奈良時代では、観賞用として伝来したばかりの梅に貴族を中心に人気が集まっていったのです。

 

お花見が梅から桜へと変わったのには、平安の「国風文化」が関係していると言われています。

 

中国の影響が強かった奈良時代の文化(唐風)に対して、平安文化は日本古来のモノや習慣が大切にされました。

中国(唐風)の文化を踏まえながら、日本の風土や生活感情を重視する傾向が強まったのです。

だから、渡来植物の梅よりも日本の桜が見直され、歌詞や遊びにも桜が多く関わってきたのですね。

 

江戸時代には、天皇主催の花宴のように食事や舞などの芸を持ち込み、イベントとして行われる現代の宴会型の「お花見」が、庶民に広がります。

また、それまで桜といえばひがん桜だったのですが、江戸時代にはソメイヨシノが定着します。

 

一般庶民がお花見を楽しむようになったのは、第8代将軍 徳川吉宗が、隅田川堤や飛鳥上(東京 北区王子)など各地にソメイヨシノを植え花見を奨励したからだそうです。

しかし、第8代将軍 徳川吉宗が江戸の各地に桜を植えたのは、ただ単に桜を植えお花見を楽しむだけではなく、治水と区画整備のための埋め立ての一環と言われています。
都市計画として考えられた策だったのです。

 

東京にたくさん桜の名所があるのは、私たちに残された江戸幕府の遺産ということです。
これぞ一石二鳥、一挙両得ですね。

 

また農民にとってもお花見は、桜の開花時期を目安にして農作業を始めるほど、農業との関わりが深い行事でもあるのです。

お花見に団子を食べるのはなぜ?

お花見の時期になると「花より団子」という言葉をよく耳にするようになりますよね。

お花見に欠かせないのが花見団子です。

ではなぜお花見に団子を食べるのでしょうね。

 

春に梅や桜を愛でる習慣は貴族から一般庶民に広まっていきます。

貴族は花を愛でながら和歌をつくり、一般庶民は花をみながら農作業を始めたり豊作祈願をしました。

 

時が移り変わり安土桃山時代には、豊臣秀吉は太閤となります。
京都の醍醐寺で、お花を見ながらいただくお茶会が豊臣秀吉主催のもと盛大に行われました。

このお茶会の時、豊臣秀吉が全国から美味しいお菓子を取り寄せて、来客に振舞うということ発案したのです。

 

この時から、お花見は甘いお菓子とセットで楽しむという習慣ができたのです。

お花見に団子を食べることが、豊臣秀吉がキッカケになっていたとはビックリですが、でもなんだか妙に納得してしまいますね。

 

ただ当時はまだお団子は定着していません。
甘いお菓子を楽しんでいました。

 

その後、江戸時代に入ってから庶民がお花見をしながら、お馴染みの三色団子を食べる習慣が広まるようになり今に繋がっています。

お花見の持ち物リスト 必需品はなに?

お花見を楽しみに現地に行った時、「うわぁ~、忘れ物しちゃった。」なんてことのないよう、お花見に必要な持ち物はリストを作りしっかりチェックしてから準備万端でお花見に出かけましょう。

お花見の必需品

ブルーシート、段ボール

お花見をする場所のほとんどが、平地ではなくデコボコした地面や硬いアスファルトが多いですよね。
ブルーシートを引いただけでは必ずお尻が痛くなってしまいます。

先ずはダンボール引いて、その上にブルーシートを広げましょう。

 

段ボールがクッションの代わりになって、長時間座っていてもお尻が痛くなることはありませんよ。
さらに、冷え対策にもなります。

ポケットティッシュ

お花見にはポケットティッシュは必須です。

お花見にはたくさんの人が集まるので、公衆トイレのトイレットペーパーが無くなる可能性が高いです。

最初から公衆トイレにトイレットペーパーは無いものだと想定し、ポケットティッシュを持参しましょう。

割り箸、紙皿、紙コップ

外で食べたり飲んだりする場合は必須ですね。

必ず人数分より少し多めに用意していきましょう。

ボックスティッシュ

お花見の頃は、まだ花粉も飛んでいます。
まだ、寒いと感じることもあります。

鼻水をかんだり、ブルーシートにこぼしたものを拭いたり、何かと重宝するボックスティッシュが一つあると心強いですよ。

小銭

足りなくなった飲み物を自動販売機で買う場合、お花見の時期は自動販売機で釣銭切れが起きること度々見受けられるようです。

飲みたい時に水分が取れないのはつらいですよね。

100円玉や10円玉などの小銭を用意しておきましょう。

ゴミ袋

ゴミを持ち帰るのはお花見の基本マナーです。

自分で出したゴミは必ず持ち帰るためにもゴミ袋は必ず用意しましょう。

またゴミ袋は、急な雨の時にはカッパとして使えるので余分に持っていくのがおすすめです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お花見の起源や由来とマナー 楽しみ方のポイントおすすめはバーベキュー

お花見時期の気温と防寒対策コーデは?

お花見の時期は春とはいえまだまだ肌寒い日も多いです。
楽しいお花見の後に風邪をひいてしまっては大変です。

防寒対策は万全にしお花見に出かけて行く必要がありますね。

お花見時期の気温

それではお花見の時期の気温を紹介しますね。

・3月

平均気温は10℃前後
最低気温は5~6℃

・4月

平均気温は15℃前後
最低気温は10℃

これを見てわかるように、お花見の時期の3月中旬以降は、私たちが思っている以上に気温は低いです。

お花見時期の防寒対策コーデは?

女性は地面からの底冷え対策としてもストール使い捨てカイロを持って行きましょう。
荷物にはなりませんよ。

ストールをひざ掛け代わりにするのです。

防寒対策にはストールを肩からかければ上着1枚分と同様の温かさです。

それにストールは日焼け対策にもなるしオシャレですよ。

 

特に夜桜を楽しむ場合には、ヒートテックの上に厚手のニットレギンスの上にパンツを履き、上着を羽織りましょう。
さらに、ニット帽やマフラー手袋で防寒対策をして万全にしましょう。

 

寒さを感じないコーデがお花見には一番なのです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お花見デート彼氏にお弁当持って行く?簡単なおかずや女子力アピールする持ち物

まとめ

今年のお花見はピンク色に染まった桜を愛でながら、はるか昔の豊富秀吉の時代を想像しながら花見団子を食べてみるのもいいですね。

マナーを守り、防寒対策をしっかりし、楽しいお花見にしましょう。